女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2015.01.30

自分の髪の毛の健康状態を診断

自分の髪の毛のダメージ具合を診断

自分自身の髪がどれくらいダメージを受けているか、診断したことはありますか?自分の髪について知ることで、自分の髪のダメージに応じて処置を行うことが出来ます。自分の髪を知るために、まずは髪の毛を診断してみましょう。

髪のダメージの原因は?

自分の髪はどれくらいダメージ受けていると思いますか?ダメージに関して診断していきましょう!

ヘアカラー、パーマによるダメージ

ヘアカラー用品に含まれる化学物質は刺激が強いため、髪にダメージを与えます。
また、パーマなども同様に刺激が強く、大きなダメージを与えます。

紫外線、日光によるダメージ

日光や紫外線は、髪の成長を妨げ、抜け毛の原因になります。

アイロン、ドライヤーによるダメージ

髪はタンパク質から構成されています。アイロンやドライヤーを使用することで、熱が髪の性質を変えてしまうことになるので注意が必要です。

カットによるダメージ

カットした髪は内部がむき出しになるので、パサつきの原因になります。

ブラッシングによるダメージ

無理なブラッシングやブラッシングしすぎると、逆にダメージを与えてしまいます。

その他

濡れた状態で寝てしまうと、髪が不安定な状態になりダメージを受けやすくなります。
また、冬の静電気などでも影響を受けてしまいます。

髪の健康状態の診断

自分が思っている以上に、髪の毛のダメージを受けている人が非常に多いです。まずは、髪の毛の健康状態を診断しましょう。健康状態は大きく分けると5つに分かれます。

第一段階(超健康)

特徴:水分をはじき、ツヤがある状態で滑らかです。
対策:適度なブラッシングを行いましょう。
触覚:サラサラで、髪の毛1本1本にコシがある状態です。

第二段階(普通)

特徴:ツヤがなくなっている状態です。
対策:シャンプー後のトリートメントをしっかり行いましょう。
触覚:指通りが良く、髪型を自由に変えることも可能です。

第三段階(やや不健康)

特徴:ツヤと水分が失われて、少し乾燥している状態です。
対策:パーマやカラーをしたい場合、お店でお願いしましょう。
触覚:髪の毛に芯はあるが、指に少し引っかかってしまいます。

第四段階(不健康)

特徴:すぐ水分を吸収し、弾力がない状態です。ツヤもなく乾燥している状態です。
対策:髪が傷む行為(カラー・パーマなど)は控えましょう。
触覚:コシが無く、指通りが悪くなっています。

第五段階(超不健康)

特徴:乾燥状態が全体に広がり、少し引っ張ると切れてしまう状態です。
対策:回復が殆ど見込めないので、髪を切ることをお勧めします。
触覚:髪のコシが全くなく、指が引っかかってしまいます。

日常から出来るダメージ対策は!?

診断結果はいかがでしたか?ダメージの原因、ダメージレベルに関して今まで説明を行っていましたが、ダメージを受けたあとでの対策は基本的にありません。ダメージを受けてしまったら、そのダメージを遅らせるか、髪の毛を切ってリセットするほかありません。そのため、ダメージを少しでも受けないように、日頃からダメージ対策が必要なのです。

ここでは、今すぐ出来る対策をお教えします。

ブラッシング

1日に1回以上のブラッシングで、汚れを落とすことが大切です。お風呂・シャンプーの前に時間をかけてブラッシングすれば、髪の毛のゴミやホコリを落とすことが出来ます。

生活習慣の見直し

疲れやストレスも、髪に影響を与えてしまいます。栄養バランスのとれた食事と、十分な睡眠時間を心がけましょう。

パーマやカラーは一か月にどっちか1回にする

パーマとカラーリング、どちらも髪にダメージを与えることです。同時にしてしまうと、よりダメージを与えるので、1ヶ月にどちらか1回にするように心掛けましょう。

ドライヤーの使用方法

髪は熱に弱いため、乾燥しすぎないように注意が必要です。夏など温かくなった際は、冷風で乾かすことをお勧めします。

診断結果から髪の毛をケア

あなたの髪の毛診断の結果はどうでしたか?髪の毛に悪影響を与えないようにするには、対策とともに、シャンプーなどにてケアすることもお勧めです。

シャンプーの中でもお勧めなのが、”マイナチュレ”のシャンプーです。マイナチュレのシャンプーは、髪のツヤなどを戻してくれますし、無添加なので髪にも優しいのが特徴です。

バナー