女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2015.03.20

薄毛に悩んでいませんか?その原因はヘアカラーにあり!

薄毛に悩んでいませんか?その原因はヘアカラーにあり!

カラーリングをすれば薄毛の原因になる、と、聞いたことはありませんか?今の時代ほとんどの人がヘアカラーリングをしています。カラーリングをすることによって、女性の薄毛の原因を作ってしまうというのです。

これを聞いて少し驚いている人も多いでしょう。しかし、カラーリングをしたからといってすぐに薄毛になるわけではありませんが、少しずつ頭皮や髪の毛にダメージを与え、薄毛の原因を作っていくというから、油断は禁物です。

ヘアカラーリングの種類

ヘアカラーリングには、大きく分けておしゃれ染め、白髪染めの2つに分けられるのではないでしょうか。白髪を目立たせたくない方は白髪染め、髪の色を明るく好みの色に変えて変化を楽しむ方は、おしゃれ染めといった感じでしょう。

カラーリング製品には、永久染毛剤、半永久染毛料、一時染毛料、脱色剤・脱染剤と種類が様々です。

普通の方が行うヘアカラー(おしゃれ染め、白髪染め)は永久染毛剤、半永久染毛剤はいわゆるマニキュアと呼ばれるもの、脱色剤や脱染剤はヘアブリーチ、ヘアライトナーと呼ばれるものです。

ヘアカラーによるダメージ

ヘアカラーを行うと、種類にもよりますが必ず髪の毛は痛みます。ヘアカラーをしたことがある皆様なら、お分かりになりますよね。しかし、ヘアカラーは髪の毛だけではなく頭皮まで痛めているのです。

ヘアカラーをした際、頭皮に違和感はなかったでしょうか。違和感があった人もない人もヘアカラーを頭皮につけている時点で、確実に髪の毛だけでなく、頭皮までも痛んでいっているのです。

頭皮を痛めることにより血行が悪くなり、頭皮が老化していきやすくなります。そうなると、今まで健康でハリ、コシのあった髪の毛は毛細血管からの栄養が十分に送り込まれなくなります。

その結果、ハリやコシが失われ、毛穴が詰まった結果、元気がなくなり細くなっていき、最終的には抜けていくことに繋がります。これが、ヘアカラーによる薄毛の原因となるのです。

ではどうすれば、ヘアカラーをしながら薄毛の原因をなくしていけるのでしょう。

髪の毛のサイクル

髪の毛は、すべてが同じように伸びていくことはなく、生長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返しています。1本1本が独立して、伸びて抜けて、を繰り返していく為、ある程度の抜け毛は誰しもあるものです。

このように髪の毛は健康な頭皮であっても抜けていくのに、そこにヘアカラーを行い、ダメージを与え、抜け毛をより多くするような環境にしているということは、薄毛の原因を自ら作っているようなもの。

だからといって、今までヘアカラーをしている方は、薄毛の原因になるからと言って、すぐにヘアカラーをやめることはできませんよね。

ヘアカラーをする人の頭皮のお手入れ

ヘアカラー後のお手入れはされていますか?トリートメント、リンス、コンディショナーを使用し、痛んだ髪の毛の手入れをしている方は多いかと思います。それでは頭皮の手入れはされていますか?

多くの方は、頭皮の手入れをしていない、お手入れ方法が分からないというのが現実かもしれません。ただお風呂上がりに育毛剤をつけてマッサージをいていれば良いというわけではありません。

今お使いのシャンプーやコンディショナーは、シリコン入りですか?シリコンなどが少しでも入っているシャンプーやコンディショナーを使うと、髪の毛や頭皮に膜を張るため、いくら育毛剤をつけても頭皮には浸透せず、無駄になってしまいます。

頭皮の手入れはシャンプーやコンディショナーから始めていくことです。今まで通りのヘアカラーをしながら薄毛の原因をなくしていくために、まずは頭皮や髪の毛のことを考えた無添加でやさしいマイナチュレのシャンプーやコンディショナーを使って、新しいヘアライフを始めていきましょう。

バナー