女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.04.12

春の強風に注意!毛穴にホコリが溜ると…

晴れ? こんにちは 晴れ

4月に入り、ようやく春らしい気候になりました。

お天気の良い日には上着を脱いで歩く人の姿も…Tシャツ (ボーダー)
いよいよ長い冬が終り、本格的な春の到来ですね桜 exclamation

冬の間、育毛ケアを頑張ってきた!という方も、
これからは春ならではのケアを取り入れるのがいいでしょう指でOK

今回は‘春の始まり4月にオススメしたい育毛ケア’を
ご紹介したいと思います♪

これからは育毛ケアも春モード!
是非、参考にしてくださいねわーい (嬉しい顔)

季節に合った育毛ケアを!
春の到来とともに新陳代謝も活発になります!

4月になり、軽やかな春のお洋服が着られるようになりました。
女性にとってはオシャレを楽しめる季節でもありますよねるんるん (音符)

冬の間は冷え性や頭皮の乾燥などに注意をしていた育毛ケアですが、
これからはどんなことに気をつければよいのでしょうかexclamation and question

春になると気温が高くなり過ごしやすい気候に。
空気の乾燥も段々と弱まっている感じがしませんか?

お洋服やメイクと同じで、春になれば育毛ケアも
変えていかなければなりませんふらふら

「冬の乾燥した気候は頭皮と髪へのダメージが高い」。
ということは、これから春、夏と湿度が高くなり、
頭皮や髪には良い季節なの??
と考えている方も多いかと思います。

けれども安心は出来ません!
実は、高い湿度も髪には悪影響なのです冷や汗2 (顔)

気温と違って、湿度と言われても
あまりピンときませんよねあせあせ (飛び散る汗)
湿度は頭皮のケアにとっても重要なので、
これからは天気予報でチェックしましょうexclamation

湿度が6 (six) 5 (five) %以上あると少し湿っぽくなりベタベタ感があります。

湿度6 (six) 0 (zero) %~6 (six) 5 (five) %は肌にとって理想の快適さで、
湿度5 (five) 0 (zero)6 (six) 0 (zero) %は快適ではありますが、肌では乾燥の影響が始まります。

湿度4 (four) 0 (zero) %~5 (five) 0 (zero) %は肌を乾燥させ、
湿度3 (three) 0 (zero) %~4 (four) 0 (zero) %はかなりの乾燥力で水分を奪う力が高いです。

湿度3 (three) 0 (zero) %以下になると、超乾燥状態で水分を奪い肌にダメージを与えます。

一般的に湿度が低くて、空気が乾燥している時期は
お肌へのダメージが大きいと言われています。

とはいえ、湿度が高くなる季節も安心は出来ません。

湿度が高くなれば、サウナ状態で頭皮は汗をかきやすくなったり、
ベタベタするような感じになりますたらーっ (汗)

新陳代謝が活発になりやすいのが春の特徴なのです。
血流を良くし、老廃物や毛穴の汚れも流れやすいため、
育毛ケアにも役立ちます。

とはいえ、汗をかいたまま放っておくのはNG
頭皮に余分な皮脂や汚れが溜まることも……冷や汗2 (顔)

汗をかいたら、こまめにふいてあげて
いつでも清潔な頭皮の状態を保つようにしましょう♪
吸水性の良いタオルを持ち歩くのもいいですね。

汗の対策に加えて‘春の強風’にも注意が必要です!

次に、連日の様に吹き荒れる強い風台風 にも注目してみましょう。

春強風にも注意!
毛穴にホコリが溜まりやすくなり悪循環に!

春を迎え、徐々に気温が上がって暖かくなると、
新陳代謝が盛んになってきますむかっ (怒り)

そのため、髪をつくる毛根の活動も活発化し、
抜け毛が減って髪が育ちやすい季節とも言われています。

その反面、春は髪や頭皮のトラブルが増える季節でもあるのです。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが。
わかりやすい例が「肌荒れがく? (落胆した顔)

「このごろ、肌荒れが気になる」という方が多いですよね。
春はいつもお肌のトラブルに悩まされているという方も
多いかもしれませんバッド (下向き矢印)

吹き出物やアレルギーなど、春はお肌トラブルが
起こりやすい時期ですが、頭皮も全く同じなのです。

温度や湿度の変化により皮脂や汗の量が増加します。
急な気候の変化に頭皮を含めお肌全体が追いついていけずに
肌荒れを起こしてしまうとことなのですあせあせ (飛び散る汗)

さらに春は風が強く、ホコリっぽい日も多くなりますよね台風
「歩きにくい!」と感じるほど強くビューッと吹き荒れる強風により
花粉やホコリがたくさん舞っています。

そのためホコリや皮脂で頭皮が汚れやすくなり、
毛穴に皮脂が詰まってしまい、お肌や頭皮に
かゆみが出たり、汚れが詰まりやすくなるのです冷や汗2 (顔)

少しでもホコリを除けるために、
通気性の良い帽子を被るように心がけて、演劇
毎晩シャワーで頭皮の汚れを落としましょうグッド (上向き矢印)

汗と強風に負けない!
丁寧な洗髪と紫外線対策が育毛ケアの鍵!

皮脂や汗、ホコリなどで汚れやすい毛穴を、
まずは洗髪でしっかり落とすことを第一にしましょうexclamation

オススメしたいのは‘お湯だけでしっかり流すこと。
シャンプーを使う前に、お湯だけで1分間ほど、髪と頭皮を洗い流します。

簡単なことですが、意外と見落としがちな部分です。
意識していないと、20秒ほどしか流さずに
シャンプーしているなんてこともふらふら

シャンプー剤の過度な使用防止効果もありますし、
頭皮の汗、汚れ落としに役立ちますー (長音記号1)

次に、頭皮の汗やベタつきを流したら、
シャンプー剤を手にとり泡立ててやさしく洗いましょうグッド (上向き矢印)

シャンプーの際には、毛穴の皮脂をもみ出すように、
指の腹でやさしくマッサージしながらていねいに洗ってください。

頭皮がベタつくようなら、洗髪の回数を増やすなどして、
コンディションに応じた洗髪を行うことが大切なのです指でOK

毛穴がきれいになれば、それだけ育毛剤の浸透も
良くなるので育毛効果も期待できますよねウィンク

またシャンプー後は、しっかりと頭皮&髪を乾かしましょうメモ 鉛筆

春は気温が暖かいから自然乾燥をしているという方はいませんかexclamation and question
ドライヤーは確かに髪を傷めますが、
濡れた髪をそのままにしておけば、ダメージはさらに加速しますダッシュ (走り出すさま)

シャンプー後、タオルドライでしっかりと水分をふき取ってから、
ドライヤーを使用すれば短時間で済むのでダメージも和らぎます。

意外と強い春の紫外線!
早めの紫外線対策で頭皮と髪を守りましょう!

美容に敏感な方は、年中紫外線対策をしていることも多いですが、
「春はまだ紫外線量が少ないから……」
とケアを怠ってしまうこともありますよね。

3月以降は紫外線量がグッと高くなります晴れ
春先には真夏並みの紫外線量となることもあるのですexclamation

お花見桜 やピクニックくつ 、仕事の合間に公園で
ランチファーストフード (ハンバーガー) をしたりと日中、太陽光を浴びる時間が増える4月。

冬の間、太陽に当たることが少なかった頃に、
急に大量の紫外線が降り注ぐのですから、
刺激に耐え切れず頭皮がトラブルを起こすことも少なくありませんあせあせ (飛び散る汗)

毛髪はたんぱく質で出来ていますが、
強い紫外線や60度以上の熱が加わると、
たんぱく質は分解されてしまいますふらふら

6 (six) 0 (zero) 度?なら大丈夫じゃないー (長音記号2) 」と油断しがちですが、
日中、強い日差しの中で太陽光を浴びると、
同じように髪にダメージを与えるといわれているのですdouble exclamation

このため髪の表面をおおっているキューティクルが
剥がれやすくなり、そこから髪の内部の水分が失われて、
乾燥を引き起こし、パサツキ、ごわつきにつながります。

また紫外線による刺激から、メラニンが変色して
髪の色が落ちたり、あせたりしやすくなることもあります。

お肌の紫外線ケアと同様に、頭皮のケアも忘れずに指でOK

最近ではUVカット用のヘアスプレーや
トリートメントなどもあるので、
外出前につけておくのもいいでしょうグッド (上向き矢印)

日傘や帽子などのファッションアイテムを取り入れて
オシャレを楽しみながら早めの紫外線対策を心がけましょうあっかんべー

念入りなケアを!
春は育毛剤を使用するためのベストシーズン!

春の育毛ケアは、紫外線、ホコリを
予防するだけではありません!

育毛剤によるお手入れを、
いつもより念入りに行うのも春の育毛のポイントですひらめき

毛根の細胞の働きが活発になっていますから、
育毛剤でどんどん栄養を与えてあげましょう。

いつもより多めに使用したり、
少し回数を増やすことにより、細胞がたっぷり栄養を吸収し、
髪をつくり出す働きがより高まるといわれています。

春が終われば、髪や頭皮にとって過酷な夏がやってきます。

絶好の育毛シーズンにしっかりとケアをすることで、
将来的な抜け毛や薄毛の予防につながります。

春の育毛ケアを上手に取り入れてくださいねdouble exclamation

——————————————

いかがでしたでしょうか?

暖かくなり過ごしやすい季節ですが、汗や強風、
紫外線など育毛ケアの大敵もたくさん潜んでいます。

シャンプーや紫外線ケアなど上手に工夫をしながら
春の育毛ケアに役立てて下さいねexclamation and question