女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.05.31

いまさら聞けないヘアケアの常識

晴れ こんにちは晴れ

紫外線、静電気、乾燥……と
頭皮と髪にダメージを与える要因はいろいろありますがく? (落胆した顔)

「傷んだものは仕方ない」とあきらめてしまいがちですが、
洗い方、乾かし方など正しい知識があれば、
健康な頭皮と髪づくりに役立てられますよねexclamation

それとは逆に「これは髪に良いはず」と毎日行っているケアが
実はダメージの原因になっているなんてこともふらふら

今回は、【育毛ケアの基本の“き”】として、
いまさら聞けない頭皮ヘア&ヘアケアの常識や、
ダメージの原因をいくつかご紹介します。

是非、参考にしてくださいねexclamation

いまさら聞けない!?育毛ケア&ヘアケアの質問をまとめました!

「もしかしてこれって髪に悪いこと?」と思いながらも
答えが分からずに続けている習慣はありませんかexclamation and question

まずは、育毛ケア&ヘアケアに関する質問を
いくつか取り上げてみましょうexclamation

【Q:朝と夜、髪を洗うのはどちらのタイミングが良いの?】
意外と分からないのが、髪を洗うタイミング。
朝と夜、どちらに洗うべきか分からないという方も
多いかもしれません。

基本的に、しっかり乾かせば朝でも夜でもOKだと
いわれています。

ぬれたままの髪は、キューティクルが傷みやすく、
寝癖もつきやすいので、「きちんと乾かすこと」を大切にしましょうぴかぴか (新しい)

またどちらかは良いですが、朝も夜も2度洗うのは
ダメージの元となるのでオススメできませんふらふら

【Q:乾燥肌の人は頭皮のためにトリートメントを軽めに流すべき?】
頭皮が乾燥しがちだからと、トリートメントをあまり流さない方も
いますが、逆に頭皮にダメージを与える原因になりますNG

トリートメントは、薄い被膜で髪をなめらかにし、
髪内部に浸透をさせて髪質を整えるものです。

軽くすすぐだけだと、必要以上に成分が頭皮と髪に付着します。
そのため皮脂と混ざって頭皮を防ぐ原因になったり、
髪がベタついてスタイリングが決まらないなんてこともふらふら

しっかりすすいで、アフタートリートメントや
育毛剤で頭皮の乾燥ケアをしてあげましょうほっとした顔

【Q:わかめや昆布を食べると髪に良いって本当なの?】
わかめや昆布が髪に良いって都市伝説みたいなもの?」と
思う方もいらっしゃいますが、あながち嘘ではありませんexclamation

ミネラルが多いわかめや昆布は、髪の栄養になると
いわれていますので、積極的に食べるのがわーい (嬉しい顔) 指でOK

けれども、髪の健康も身体の健康も同じことで
バランスの良い食事を心がけることが最優先ですひらめき

昆布だけをたくさん食べても育毛ケアとはいえません。
たんぱく質も脂質もしっかり摂らないと
髪がやせ細ってしまうので、偏った食べ方には注意しましょうNG

▼髪に良い栄養素はコチラから

【Q:ドライヤーはダメージの原因といいますが自然乾燥の方がいいの?】
ドライヤーは頭皮と髪の大敵と思われていますが。
ドライヤーの熱そのものは、ダメージの原因としては
大きくありませんほっとした顔

それよりも乾燥途中のぬれた髪に繰り返しブラッシングしたり、
ゴシゴシこすったり荒く扱うと傷むといわれていますふらふら

根元を乾かしながら、その風で髪全体を乾かすイメージで
ふんわりとやさしく乾かすのがオススメですひらめき

ドライヤーは長時間当てるとダメージにつながるので、
しっかりとタオルドライをしてなるべく早い時間で乾かすように
心がけましょうexclamation

▼タオルドライに最適な、マイナチュレオリジナル「やわらかスイ吸いたおる」を発売しました!

頭皮と髪にダメージを与える
‘習慣ワースト5’もチェック!

NG 髪がぬれたまま就寝している!
ドライヤーが面倒なので、ぬれた髪のまま寝るのが習慣
という方は要注意ですどんっ (衝撃)

ぬれた髪はたんぱく質がやわらかい状態でとてもデリケート。
枕などの摩擦により傷みやすいのです。
キューティクルを傷つける原因にもふらふら

NG くし、ブラシを強い力でかけている!
強くこすれあったり、ひっぱられたりすると
髪のキューティクルがはがれ落ちて傷みやすくなります。

キューティクルははがれ落ちると再生しないので要注意!
ぬれた髪のままで行うのも禁物です。
同じように、頭皮をゴシゴシこする行為もダメージの原因につながります涙

髪はきちんと乾かしてから、やさしくブラッシングをしましょうぴかぴか (新しい)

NG 絡まった髪を無理矢理ほどく!
ロングヘアの方は、シャンプーのあと髪が絡んでしまうことも。
また髪が痛んでいるとショートヘアでも絡みが
気になる方が多いかと思います。
けれども、無理に引っ張ってほどくのはNGですどんっ (衝撃)

力をかけて引っ張ると、キューティクルがはがれる原因になります。
絡まった時には、トリートメントなどを使って、
髪の指どおりを良くしてから、やさしくほどいてあげましょうぴかぴか (新しい)

NG ヘアカラーやパーマを頻繁にかけている!
おしゃれのために、白髪隠しのために、くせ毛対策のためにと
カラーやパーマをかけている方がほとんどですが、
頻繁にかけるとダメージにふらふら

髪の摩擦軽減の役割がある髪表面の脂質MEAが失われて
内部の組織が壊されます。

すると傷つきやすくなり、表面のツヤが失われて
手触りも悪くなります。

カラーやパーマを毎月かけているという方は
タイミングを考慮してみましょう。

白髪が気になる場合はお出掛けの際だけに
サッと塗る洗い流しタイプカラーリングを使用するのもオススメですexclamation

正しいケア方法も♪
洗い方にも注目してみましょう♪

毎日の洗髪、正しく行えていますかexclamation and question
ここで正しい頭皮と髪の洗い方をおさらいしてみましょう。

かわいい 髪を洗うよりも頭皮を洗うことが目的ですexclamation
髪自体をゴシゴシと洗うのではなく、「地肌を洗う」ことが大切♪
地肌をしっかりと洗うようにすれば、流れていく泡によって髪全体も
洗えます。

かわいい シャンプー時に泡立ちが悪い時には、
1度すすいで2度荒いが指でOK
汗をたっぷりかいたり、スタイリング剤がついている時は
泡立ちが良くないこともあります。

大量にシャンプー剤を使うよりも、
1度洗い流してから2度洗いする方がオススメです。

<正しい洗い方>
①髪のもつれを手ぐしやブラシでといておく
髪は濡れると絡みやすくなるので、最初にもつれをほどいておきます。
乾いた状態でやさしくブラッシングしておくのがオススメですぴかぴか (新しい)

②髪と地肌を十分にぬらしてお湯だけで予洗いする
シャンプーの泡立ちをよくするため、
髪を傷めず地肌をまんべんなく洗うためには、
お湯でしっかりと汚れを洗い流しましょうexclamation

③泡を地肌全体に行き渡らせる
シャンプーを手の平で軽く泡立ててから、
地肌に塗布します。泡をクッションにして、地肌の指の腹でマッサージを
するようなイメージで洗いましょうほっとした顔

④シャンプーを十分に洗い流す
シャンプー剤が残らないように、お湯で丁寧に洗い流します。
耳の後ろからえり足、耳の上あたり、生え際は念入りに流しましょうひらめき

⑤コンディショナー(トリートメント)でなじませる
適量を手に取り、毛先から髪全体になじませます。
毛先や傷んだ部分を中心につけて、根元や地肌はつけないようにどんっ (衝撃)

⑥コンディショナーを十分にそそいで完成exclamation
シャンプーと同じように、コンディショナーもしっかりと
洗い流しましょう。十分にそそいでもなめらかに仕上がりますぴかぴか (新しい)

↓【おすすめ】育毛剤との相性を考えた、マイナチュレシリーズの無添加シャンプーとコンディショナー

>> 天然植物成分由来 マイナチュレ 無添加シャンプー

>> 天然植物成分由来 マイナチュレ 無添加コンディショナー

乾かし方も重要です!
健康な頭皮と髪づくりにアプローチしましょう♪

黒ハート 根元から乾かすことでいいことたくさんるんるん (音符)
根元から乾かすようにすると、トップに自然なボリュームが出たり、
サイドもぺしゃんとならない、などなど、いいことがたくさん。

毛の流れがそろうことで、毛先が傷みにくくまとまる髪になると
いわれています。

<正しい乾かし方>
①やさしくタオルドライを
髪を軽くたたくようなイメージで、タオルで水気をふき取ります。
地肌から水分を取る様に意識すると、効果的にドライできますわーい (嬉しい顔)

②ブラシやくしでぬれた髪を整える
ぬれた髪を整えたい時には、目の粗いブラシやくしを使いましょう。
ぬれた髪に目の細かいブラシはキューティクルを傷つけるので
避けて下さいねがまん顔
③ドライヤーで根元から乾かす
根元の髪を起こすように、ドライヤーの風を根元に当てましょう。
そうすると、ばらばらの角度で地肌に倒れている髪が揃います失恋

④小刻みに指先を動かしながら乾かす
後頭部から前方に、指先をジグザグと小刻みに動かしながら
乾かしていきます。
指先は頭皮から離さないように根元の髪を乾かしていきましょうるんるん (音符)

⑤髪全体をしっかり乾かす
根元の髪を乾かしていると、その風で全体も乾いていきます。
根元が乾いたら、毛先のほうへと毛流れを整えながら乾かしましょう。

⑥ボリュームやシルエットを整える
全体が乾いていることを確認しながら、ボリュームやシルエットを
整えていきます。しっかり乾かしてからブラッシングなどで
整えるようにしましょうexclamation
——————————————

いかがでしたでしょうかexclamation and question

頭皮と髪に良い習慣と思い込み、
悪い習慣を知らずに続けていた!という方も
いらっしゃるかもしれませんね冷や汗2 (顔)

正しいケアを続けていれば髪と頭皮に
良い影響を与えてくれることでしょうわーい (嬉しい顔)

今日から早速、実践してみてくださいねexclamation