女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.07.26

夏の頭皮をキレイに保つ方法

名称未設定-1

夏が近づき、この暑さで、気になるのが頭皮の蒸れです。

「この暑さでは汗が出るのは止められない」
「ましてや髪に覆われている頭皮が蒸れるのは仕方がない」

今回は、頭皮の汗予防と蒸れ対策をご紹介します。さわやか頭皮で暑さを乗り切りましょう!

10万本の毛髪が蒸れ、温度も高くなる

頭皮の蒸れ、陽射し
頭皮の皮脂腺は顔のTゾーンの2~3倍

暑くなれば汗もかくし、皮脂も活発に分泌されます。
しかも頭皮の皮脂腺は、顔のTゾーンの2~3倍もあるといわれています。
そんな汗と皮脂がたっぷりの頭皮の表面を、10万本もの髪がびっしりと覆っているのですから蒸れやすいし、温度が高くなってしまうのは当然です。

頭皮のエイジングが進んでいきます

しかもやっかいなことに蒸れることで頭皮に雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化する
ことでエイジングが進んでしまいます。
汗で蒸れた頭皮は「イヤなニオイがする」だけでなく、痒みに悩まされたり、さらにその先には抜け毛などのトラブルが待ち受けているというわけですね。

夏なんだから頭にだって汗をかくのは当たり前、蒸れるのは仕方がないと思ってしまいますよね。頭皮の汗と蒸れにはしっかり対策をしましょう

 

頭皮の汗を予防し、蒸れさせないための4つの対策

頭皮の蒸れ対策
①汗はタオルなどでこまめに拭き取りましょう。

額や首筋の汗を拭きとるだけでは不十分、できれば髪の毛や頭皮まで拭いてください。

ドライヤーの冷風を当てるのも効果的で、おすすめですよ。

ロングヘアを束ねたり、アップにしていると、蒸れていることに気がつかない人が結構いるのですが実はかなりの蒸れ蒸れ状態。

ときどき束ねた髪をほどいて、髪や頭皮に冷風を当てたり、タオルで頭皮を丁寧にぬぐいましょう。

②帽子は通気性のよいものを。

紫外線から頭皮や髪を守るためには帽子は是非かぶっていただきたいのですが、「帽子は蒸れるし、痒みや抜け毛の原因になる」とも言われています。

帽子は通気性がよいものを。そしてかぶりっぱなしでなく、日陰では脱いで、蒸れを
解消しましょう。

それからもう一つ、帽子をかぶるときに気をつけたいのきつい帽子は避けることです。
蒸れるだけでなく、頭部の血行を悪くしてしまいます

③手首や首筋を冷やしてみましょう。

缶ジュースや冷えたペットボトル、保冷剤を手首の内側(脈を計るときに押さえるあたり)にしばらく当てておくと、短時間で汗が引きます。

同様に首筋に当てても、汗がひきます。簡単で、どこでもできるので、お試しくださいね

④鼻呼吸でリラックス。

汗は、気温だけでなく、精神的なことも影響すると言われています。

ですから「暑い暑い!」とイライラしていると、そのイライラがストレスとなって、体の体温が上昇して頭皮が熱くなるということもあるようです。

常日頃から必要以上にイライラしたり焦ったりしないように心掛けるのも汗をかかない方法です。

もしイライラしそうになったら、ヨガの呼吸を取り入れてみませんか?
鼻から深く息を吸い、長くゆっくりと吐いていきます。こうすることで、自律神経のバランスがとれ、気持ちが落ち着き、体の熱を体外へと逃すことができるようです。

そういえば、ヨガ行者の方たちはみなさん涼しげな顔をしていますよね。

鼻呼吸で心身のコントロールができているからなんでしょうか。

 

正しいシャンプーの選び方

 

シャンプーの選び方

汗をかいて蒸れた髪をシャンプーするときの注意点は?

汗をかいて蒸れ蒸れの髪は、シャンプーでさっぱりするのが一番気持ちがいいですよね。
だけど、ご用心を正しいシャンプーができていないと、髪と頭皮にとってマイナスになってしまうこともあるのです。

たとえばシャンプー剤の選び方。さっぱり感が気持ちいいからと、メントール配合のシャンプー剤を使われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに夏場は爽快ですけれど、注意したいのが、そのスーッとした感覚が、必ずしも頭皮や髪のケアに有効だとは限らないことです。

弱酸性成分配合で、天然植物成分由来のシャンプーがおススメ

頭皮と髪に優しいシャンプー剤を選ぶなら、頭皮と同じ弱酸性成分配合で、天然植物成分由来であるものが適しています。

『マイナチュレ』のシャンプーは無添加・ノンシリコンで頭皮や髪の毛に優しいアミノ酸系。シャンプーの回数がどうしても多くなる夏だからこそ、洗浄成分だけでなく頭皮にいい成分も配合されているのが嬉しいですよね。

安心して、シャンプーができます。

編集後記

いかがでしたでしょうか ?
いくら暑いからって、蒸れた髪のニオイをさせたりしないように、爽やかな髪の女性を目指しましょう。

シャンプーバナー