女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.09.20

うるおいをチャージして、美人髪をキープ

晴れ こんにちは晴れ
女性のための無添加育毛剤『マイナチュレ』
サポート事業部の坂本です。

まだ残暑が厳しいけれど、頬を撫でる風は涼やかな秋風です。

過ごしやすい季節になりましたねもみじ

暑さがひと段落したところで、
夏の強い陽射しを浴び続けていた髪や頭皮のケアを始めましょうexclamation

パサついたりツヤがなくなったりしてしまった
髪が欲しがっているのは、水分ですあせあせ (飛び散る汗)

うるうるでツヤのある美髪のためには、
髪の水分量を増やす保湿をしてあげることが大切ですうれしい顔

今回は、髪の保湿のお話ですさくらんぼ

うるうる・ツヤツヤ!
美人髪の水分量って?

街を歩いていて、
「わ~、あの人の髪、きれい黒ハート 」と思ったことはありませんか?

美しい、ツヤツヤと輝く髪の水分量は、11~13%といわれていますひらめき

この水分量がキープできていると、
うっとりするような美しい髪でいられるんです揺れるハート

だけど、11~13%をキープするのは意外と難しいものです冷や汗2 (顔)

ヘアカラーやパーマ、それから夏の強い紫外線、冬場には空気の乾燥など、
過酷な環境から、女性の髪の水分量はドンドン低下してしまいます……バッド (下向き矢印) バッド (下向き矢印)

水分量が7%を下回ると、
髪の表面を覆っているキューティクルが
カラカラに渇いて剥がれてしまいますふらふら

それが切れ毛や枝毛などのダメージになってしまうわけですあせあせ (飛び散る汗)

ダメージを受けた髪は刃物のようなものです。

こすれるときに周りの髪まで傷つけてしまい、
さらにダメージを広げるという悪循環が起こりますどんっ (衝撃)

ダメージヘアだと、跳ねやすかったり広がりやすかったり、
ヘアスタイルも思うようにきまりません……バッド (下向き矢印)

見た目にも美しくない髪のダメージ対策には、
とにかく水分量を増やして、維持していくことが大切ですdouble exclamation

バスタイムのケアで
髪に水分をチャージ

「髪のパサつきが気になったら、シュッと水をスプレーする!」

一見、手軽で効果的な感じがしますが、
実は、もっともやってはいけないNGケアなんです×NG

一時的に髪を水で濡らしても、
蒸発するときに乾燥してダメージを広げてしまうからです。

乾燥してスカスカになってしまった髪の内側は、
与えられた水分を抱え込むことができなくなっていますふらふら

ケアをするには、スカスカの髪の内部の隙間にしっかり入り込む
栄養たっぷりの集中トリートメントが必要なのですわーい (嬉しい顔)

おすすめなのは、やはり、バスタイムの保湿ケアなんですいい気分 (温泉)

手順は以下の通りです。

①シャンプーで髪の汚れをきれいに落とす
②適度に水気を切ってから、コンディショナーをつける
③目の粗いコームで梳かし、全体に行き渡らせる
④蒸しタオルで髪と頭部を覆う
⑤湯船に5~10分浸かって成分を浸透させる

髪に水分を与えていくためには、じっくり時間をかけてあげましょう砂時計

これで、髪の内側にも水分をキープできるようになりますexclamation

蒸気たっぷりのバスタブに浸かってヘアケアしていると同時に、
お肌やボディのケアもできるので、毎日の習慣にしてくださいるんるん (音符)

>> 天然植物成分由来 マイナチュレ 無添加シャンプー

>> 天然植物成分由来 マイナチュレ 無添加コンディショナー

髪や頭皮に浸透させるには
安心できるものが一番!

ところで昔から「髪は女の命」といいますが、
昔の女性は、ヘアケアに何を使っていたのでしょうexclamation and question

お米のとぎ汁を髪につけて櫛で梳いたり、
ふのり、うどん粉、粘土、卵の白身、椿油の搾りかすなどを
使ったりしていたという記録が残っています。

天然の成分には、女性の髪を癒す力があるのですねexclamation

今でも、昔ながらの卵黄・卵白、ヨーグルトやオリーブオイル、
ビールなどを使った自家製パックもあります。

だけど、忙しい女性には手間がかかってしまいます……冷や汗 (顔)

もちろん、髪の保湿のために使うアイテムは
髪の内側、頭皮にも浸透していくものですから、
安心して使える成分がいいですよねウィンク

▼髪の保湿のために、ヘアオイルもおすすめです。

——————————————

いかがでしたかexclamation and question

季節の変わり目の9月に髪と頭皮の集中ケアをしてあげると、
乾燥が激しくなる秋から冬にかけての準備は万全ですexclamation

▼乾燥から頭皮と髪を守るポイントをコチラでもご紹介しています。一緒にご覧くださいね。

秋の夜長はゆったり気分で、
髪と頭皮のメンテナンスもしてください黒ハート