女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.11.20

これからの季節は、乾燥ダメージにご用心

晴れ こんにちは晴れ
女性のための無添加育毛剤『マイナチュレ』
サポート事業部の坂本です。

過ごしやすい行楽シーズンは、アウトドアやスポーツ、
街でのショッピングにと、アクティブになりますねるんるん (音符)

お出かけの時、ヘアスタイルがきまると気分がいいものです♪
この秋は、ミディアムヘアがトレンドだそうです。

ショートより女性らしくロングよりも可愛らしいうえに、
お手入れもしやすいのがミディアムヘアの魅力ですね!

どんな長さのヘアスタイルでも、髪のおしゃれを楽しむのに大切なのは、
やっぱり毎日のケアなんです。

季節に合わせたケアで、思い通りのスタイルにきめましょう!
そこで今回は秋から冬にかけて、気をつけたい髪のダメージのお話です。

秋からの空気の乾燥で
髪と頭皮は大ダメージ

秋から冬にかけては気温が下がると同時に、湿度も大きく低下します。

人が快適に暮らせる湿度は40~60%と言われていますが、
秋から冬にかけては湿度が10%台にまで落ち込むこともあるのですふらふら
たとえ実感がないとしても、髪やお肌は渇きを感じているはずです。

湿度が低下して空気が乾燥しているのは屋外だけではありません。
エアコンの効いた室内の空気もカラカラに乾燥しています。

乾燥が続くと髪のパサつき、ゴワつきが出てきたり、
毛先が絡まって指通りが悪くなったりすることも…。
こうしたことが、枝毛や切れ毛の原因になるのですね。

もちろん髪の表面だけでなく、
乾燥はフケや抜け毛を出やすくするなど、頭皮もダメージを受けていますあせあせ (飛び散る汗)

さらに気をつけていただきたいのは、
秋から冬にかけて増えてくるのが静電気です。
まずはなぜ静電気が起きるのか、簡単に説明しますね。

ふだんあまり気づかないものですが、
地球上の物体は、プラスとマイナスで構成された電気を帯びています。

このプラスとマイナスの電気が摩擦などによってバランスが崩れ、
一方に片寄る事を帯電といいます。
帯電の状態を「静電気」というのです。

一説では、静電気の電流は2万ボルトとも言われています。
乾燥したお部屋でブラッシングした時に
パチパチッと起きる静電気は、ダメージヘアのもとなので要注意です。

静電気が体にたまっていると、カルシウム・ビタミンCなどが失われるので、
髪だけでなく、美容や健康にもよくないですよね。
秋から冬にかけての空気の乾燥は、女性の美の大敵!! なんです。

冬の美髪キープには、
乾燥対策&保湿が鉄則です

日に日に空気の乾燥が激しくなるこの先のヘアケアのポイントは、
〝乾燥・静電気対策〟そして、〝保湿〟ですぴかぴか (新しい)

ぜひ以下のことに注意してください!
髪と地肌を乾燥させてしまうエアコンの直接風は避けましょう
室温は上げるけれど、湿度を下げてしまうのがエアコンです。
とくに直接、温風があたると髪と頭皮が激しく乾燥するので
直接エアコンには当たらないように気をつけてくださいね。

エアコンのきいた部屋では、加湿器をかけたり
濡れタオルを干して湿度を保つようにしましょう。
静電気を防ぐには、天然素材のブラシがベターです
ブラッシングの時に起きる静電気を少しでも減らすためには、
天然毛木製のものがおすすめです。

プラスティック製のブラシよりも、格段に静電気の発生が抑えられます。
ブラッシングの前にツバキ油をたらすのも、おすすめですよ。
コンディショナーでの頭皮マッサージでは潤いません
シャンプーのあとにつけるコンディショナーで
頭皮をマッサージすれば、髪と地肌に潤いを与えられる
と思っている方が意外に多いのですが、残念ながら違うのです。

コンディショナーは毛髪を補修したり髪にうるおいを与えますが、
頭皮の保湿用につくられたものではありません。

すすぎきれないコンディショナーの油分が頭皮に残ってしまうと
トラブルの原因にもなってしまいます。

頭皮を保湿するためのマッサージは、
お風呂上がりに育毛剤や少量のツバキ油をつけてするのがおすすめです。
シャンプー後のタオルドライはやさしく水分を拭き取りましょう
お風呂上がりに濡れた髪の水分をタオルドライするとき、
ゴシゴシこすっていませんか?

濡れているの髪はキューティクルが開いているので、
とても傷つきやすい状態です。

髪の表面を傷つけるだけでなく内側の水分まで奪うことになるので、
気をつけてくださいね。
タオルに髪をはさんでポンポン、とやさしく拭きとってあげてください。
必要な水分まで奪ってしまうのでドライヤーはかけすぎないように■
寒い冬はお風呂上がりに風邪をひかないようにと、
髪を完璧に乾かす方も多いと思います。

これも、髪に必要な水分まで奪ってしまい、
乾燥ダメージの原因になります。

タオルドライの後のドライヤーは、
髪の表面や毛先より、頭皮を乾かすつもりでかけましょう。

指やブラシで髪を持ち上げ、内側をかけてくださいね。
1200W程度の高温で、5分弱で乾かすのがベストです。
乾かし過ぎはNGです!
ニットキャップやハットでおしゃれに頭皮の乾燥対策るんるん (音符)
外出時に頭皮の乾燥を防ぐには、帽子を被るのがオススメです。
寒さ対策にもなりますし、
フケや乾燥からくるかゆみも防止できるんです!

できれば素材はウールやコットン、シルクなどの
素材のものを選んでくださいぴかぴか (新しい)

アクリル、ポリエステルなどの化学繊維は、
静電気が発生しやすいからです。
おしゃれと乾燥対策の一石二鳥ですね♪

——————————————

いかがでしたでしょうかexclamation and question

春~夏の紫外線から守ってきた髪と頭皮を

秋~冬の乾燥から防ぐのが、賢い女性の美髪キープの秘訣ですexclamation
ぜひみなさんも「秋冬バージョン」のケアを実践してくださいねるんるん (音符)