女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.12.12

パーマをかけると抜け毛が増える!?

パーマをかけると抜け毛が増える!?

おしゃれに欠かせないパーマ。パーマをかけると髪や頭皮が痛み、抜け毛が増えると思われがちなので、少しパーマを躊躇してしまいます。パーマをあてても抜け毛にならない方法をご紹介します。

目次


パーマが抜け毛の原因となる理由

パーマというのはどのようにかかるかご存じですか?簡単にいうと髪の毛をつくるたんぱく質の結合を分解し、形を変えて再結合させるというものです。

結合を切るには髪にダメージを与えなければできません。しかも、髪の毛はキューティクルで異物などが進入しないように守られていますから、それを突破して浸透させる必要があります。そのため、キューティクルも分解されたり弱ったりします。

パーマで切れ毛が増える場合があるのは、パーマ液でたんぱく質がいったん分解されるからと考えてよいでしょう。そのあと、きれいに再結合できるとあまり問題はありませんが、再結合が不十分だと切れ毛になります。これが、抜け毛と勘違いされることも。

ただ、形を変えて再結合させるというのは、髪の毛が死んだ細胞からできているから。頭皮を構成するものもたんぱく質が主なので、分解する力のあるパーマ液がついてしまうと大きなダメージになり、抜け毛の原因へとなります。

セルフパーマなどでも注意が必要!炎症性脱毛症とは

炎症性脱毛症は頭皮に炎症が起こり、細胞が正常に働かなくなるために抜け毛が起こる症状です。炎症を起こしますので、頭皮がべたつく以外に、赤みやかゆみを伴う場合があります。

ひどい場合は、膿のようなものが溜まり痛みを伴うことも。そうなると細胞が死んでしまい、脱毛するだけでなく、なかなか髪の毛が生えにくくなります。

原因はいろいろあるのですが、パーマ液が頭皮につくのもその一つです。理美容室では細心の注意を払うでしょうが、気をつけたいのがセルフパーマ。見にくい部分へパーマ液をつけるときは、十分注意してください。

できるだけ避けたいパーマ剤

避けたいパーマ剤は、髪質や髪の状況によって変わります。抜け毛がひどかったり、とても痛んでいる人なら、すべてのパーマ剤を避けた方がよいでしょう。

一般的に分解するパーマ剤には、チオグリコール酸という多量に摂取すると中枢神経に影響がでる薬剤がよく使われています。再結合させるパーマ剤には臭素酸ナトリウムが。こちらも大量に使用すると腎臓に負担がかかるようです。

しかし、それはあくまで大量摂取した場合。それらで害があるなら、まず理美容師が病気にかかるはずです。それよりも自分に合わないものは何か、なにがどれくらい含まれているかが重要です。

強めのパーマ剤で手早くしないとダメージが増えるとか、穏やかな成分でゆっくりパーマをかけた方がよいとか、パーマ剤との相性は一人一人違うようです。

▼関連記事

97d4b3c6b75021ca9742514756305b76_s-2.jpg髪と頭皮に優しいパーマ術
*この記事は2014年4月4日に公開された記事を再編集しました。 女性のための無添加育毛剤『マイナチュレ』 毛髪診断士の瀧澤で...

パーマ前後の頭皮ケア

パーマを当てることで、より髪を魅力的にするにはどうすればよいでしょうか。

1.頭皮にやさしいパーマを行う美容室、サロンを選ぶ

パーマ剤の種類は近年、爆発的に種類が増えたようです。そのなかから、パーマで与えたダメージを修復するようなパーマ剤を使っていたり、前後のケアを丁寧に行ってくれる美容室やサロンを選びましょう。

どのようなパーマ剤があっているのかが相談できる、かかりつけの美容師を持つのがベストです。

2.パーマ液をつける前に頭皮をカバーする

水分を含んでいるだけでもパーマ液からいくらか頭皮が守れます。クリームを付けるとさらにブロックできます。ただし、髪の毛についてしまうとパーマ剤の浸透が悪くなるのできれいにパーマがかかりません。

美容室やサロンではきちんと対応してくれると思いますが、セルフパーマをかけるときはしっかり頭皮をカバーしましょう。

3.自宅ではたっぷりのお湯で頭皮をすすぐ

髪や頭皮にダメージがある状況は、”小さな傷がたくさんある”と考えるとよいかもしれません。傷口を石鹸で洗うとさらにダメージを受け、治りが遅くなったり傷跡が残ったりします。

パーマを当てたあとも同じ。どうしても髪の毛を洗いたいときには、たっぷりのお湯を頭皮に当て、髪はなにもせずに流れ落ちるお湯にまかせましょう。

4.パーマ後、2~3日は頭皮に強い刺激を与えないようにする

パーマを当てたあと、何よりも大事なのは自分で行うケア。力を入れてブラッシングをしたり、ごしごしタオルで拭いたり、強く引っ張って髪をまとめるなどは避けましょう。ドライヤーもなるべく短時間ですませてください。

シャンプーも刺激になります。パーマはアルカリによって髪や頭皮が痛んでいるので、髪にやさしい弱酸性のアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

▼お客様の声

default_thumbnail-300x200以前はパーマの繰り返しと、ヘアカラーでヒリヒリ…
長野県 K様 40代 育毛剤 使用期間:1ヵ月 以前はパーマの繰り返しと、ヘアカラーで頭皮が常にヒリヒリしていました。パーマをやめ...

パーマを楽しみつつ、抜け毛も抑えていきましょう

パーマが髪の毛にダメージを与えるのは避けられませんが、抜け毛の回避はできそうです。そのためには「信頼できる美容師に、髪質にあったパーマを当ててもらう」、「パーマのあとは、いつもより丁寧にケアをする」のがポイント。

マイナチュレシリーズは”ダメージのある髪や頭皮に、とことんやさしい”を目指しました。余分なものは、いっさい入れないのがマイナチュレのこだわり。シャンプーもパーマ後のケアによい、アミノ酸系シャンプーです。

>> 薄毛・抜け毛に悩む女性におすすめのマイナチュレ「無添加・頭皮ケアシャンプー」はこちら

シャンプーバナー