女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.12.13

髪のアンチエイジングをはじめよう!

髪のアンチエイジングをはじめよう!

美しい髪を持つ人は、若く見えます。髪のアンチエイジングのためには、若い頃から健康な髪を作ることがとても大事。肌に気を配るように髪と頭皮に気を配って、老化を遅らせましょう。

目次


髪の老化現象とは?

”傷んだ髪”。これが、髪の老化現象です。原因は大きく分けて加齢・紫外線・乾燥・刺激の4つ。加齢による老化に大きく関わるのが、栄養不足とホルモンバランスの乱れ。

これらの原因によって、頭皮にダメージが起きるとヘアサイクルが乱れ、健康な髪が育たなかったり、成長しきらず抜けてしまったりします。元気な髪が生えてもダメージを受けてキューティクルがはがれたりすると、抜けるまでそのまま。髪は、自己修復ができません。

ダイエットや不規則な生活で、髪を老化させる原因が重なると、若いうちから髪の老化現象が起こります。すでに老化が起こってしまっている髪をきれいにするのは大変です。アンチエイジングは若返りではなく、加齢によるトラブルを予防すると考えましょう。

あなたの髪のエイジング度をチェックしましょう!

まず、チェックシートをやってみましょう。今のあなたの生活や髪と頭皮の状態で、どれだけ老化しているのかがわかります。

【頭皮年齢チェックシート】

①頭部の状態は?

□頭皮の乾燥やフケが気になる。
□頭頂部の頭皮が動きにくい。
□生え際に産毛が多い。
□顔や首にたるみがある。

②生活状態は?

□生活が不規則。
□寝るのはいつも12時過ぎ。
□気苦労が多い。
□我流でダイエットをしている。

③食事は?

□肉や油っこい料理が好き。
□辛いものが好き。
□コーヒーを1日5杯以上飲む。
□外食が多い。

④毛髪の状態は?

□ヘアカラーやパーマ、白髪染めを頻繁にする。
□洗髪は週にせいぜい1~2回。
□1日2回以上洗髪する。
□髪の分け目がいつも同じ。

⑤最近の毛髪の変化は?

□髪の毛がうねり、くせ毛の傾向が出てきた。
□髪にハリやコシがなくなった。
□髪が細くなり地肌や分け目が目立つ。
□白髪や抜け毛が増えてきた。

チェックシート採点合計数

さて、いくつチェックがつきましたか。数が多いほど、エイジングが進んでいると考えられます。目安ですが、このようになります。

【13個以上】
老化の危険信号が出ています。規則正しい生活とバランスのとれた食事を心がけ、また頭皮マッサージを行い、健康な頭皮に戻しましょう。

【6~12個】
要注意!老化の一歩手前というところです。今から積極的なケアを行って、これ以上の進行を食い止めましょう。

【5個以下】
よかったですね、今はまだ安心です。でも加齢は止められないので、油断しないで頭皮ケアを心がけてください。

髪が老化する原因

髪が老化する原因はいくつもありますが、アンチエイジングに関わりの深い2点を紹介します。

女性ホルモンの減少

加齢によって大きく変わるのは、ホルモンバランス。とくに女性のホルモン分泌の変化は大きく変化します。女性ホルモンのエストロゲンは血流を増加させ血行を促すという働きがあるため、エストロゲンが減ると血行が悪くなります。

結果、頭皮への血行も悪くなり、髪を育てる毛母細胞や色素細胞(メラノサイト)に酸素や栄養が行き渡りにくいという状態に。弱々しい髪や抜け毛、白髪の原因となっていきます。

女性ホルモンは子孫を残すためのホルモンですから、体に赤ちゃんを宿せる余裕がないとどんどん分泌は減っていくと覚えておきましょう。「バランスのよい食事をしっかりとる」「適度な運動」「十分な睡眠」が基本です。

これらは血行をよくし、体を温め、ストレスをためない体へとつながります。それが女性ホルモンの分泌を増やすこつ。閉経をした人も諦めないでください。

同様の生活をすることによって、成長ホルモンなどアンチエイジングに関わりの深いホルモンが活性化。女性ホルモンの代わりを十分に果たしてくれます。

▼おすすめ記事

default_thumbnail女性ホルモンを整えてくれる‘あの食材’に注目!
こんにちは♪ 女性のための無添加育毛剤『マイナチュレ』 サポート事業部の石川です。 前回、薄毛や抜け毛で悩んでいる女性の多くは...

間違ったヘアケア

間違ったヘアケアは、髪や頭皮にダメージを与えます。それが蓄積して老化が促進されることも。正しいケアがアンチエイジングにつながります。

加齢とともに気をつけたいのは乾燥。肌が乾燥するように頭皮も乾燥します。乾燥しやすくなった頭皮を洗浄力の強いシャンプーを使用したり、毎日ごしごし洗ってドライヤーを当てたり、無理なブラッシングをするのは逆効果です。

乾燥しやすい頭皮には、洗浄力の穏やかなアミノ酸系シャンプーがおすすめ。また、髪が傷んでいる場合には、成分にこだわったヘアケア剤を選ぶのもよいでしょう。

たとえば、髪をコーティングし頭皮を保湿する椿油、紫外線防止効果もある白ごま油、年齢とともに失われるパルミトレイン酸をふくむ馬油、血行を促進させ栄養を補給するプラセンタ。それぞれに、育毛効果も持つといわれています。

▼おすすめ記事

297085e81f55e19b86c50b0a6d4c8abe-3.jpg頭皮の乾燥への対策方法
日頃から手や顔のお肌の乾燥は気をつけているけれど、頭皮はどうでしょう?頭は人間の身体の中でも硬い部分ですが、頭皮そのものは...

髪のアンチエイジングは髪をいたわる心から

髪は自己修復機能がありませんから、生えたあとはダメージを受け続けるだけです。髪のアンチエイジングに大切なのは、「ダメージに負けない元気な髪を生やす」「ダメージを避ける」の2本柱。

ダメージを受けるだけの髪を、やさしくいたわる気持ちでケアを行ってください。マイナチュレシリーズは、髪のアンチエイジング2本柱をサポート。”髪と体にやさしい”にこだわったシリーズです。

>> 敏感肌、乾燥肌にも使える女性用育毛商品シリーズ「マイナチュレ」はこちら

バナー