女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2014.01.08

頭皮の乾燥はNG!おすすめの保湿方法をご紹介

手軽にできるおススメのヘアケア、厳選5つの方法

あまり気づかない頭皮の乾燥。しかし、元気な髪のためにはしっかり保湿をして、潤いのある頭皮にすることが大切です。「乾燥させない」予防と「潤いを与える」予防の両面から、保湿について考えてみます。

目次


頭皮の乾燥は薄毛につながる!?

肌が乾燥するとトラブルが増えるように、頭皮も乾燥すると肌荒れを起こします。頭皮が荒れると元気な髪の毛を作る毛母細胞も痛み、痛んだ毛母細胞は弱々しい髪を作るのがやっとになります。

髪が細くなるため、結果的に髪の毛が薄くなったように感じてしまうことも。保湿や紫外線対策をして乾燥を防ぎ、健やかな頭皮にしましょう。

また、20代後半からの女性の脂性肌の多くは、乾燥が原因といわれています。脂っぽいと思っている頭皮も、じつは乾燥が原因かもしれません。

頭皮を保湿するためのポイント

”これ以上乾燥させない”ように注意し、”潤うように助ける”のがポイントです。

1.紫外線での乾燥を防ぐ~日傘と帽子

紫外線によってダメージを受けた肌の乾燥を、実感したことはありませんか?日焼けしたあとの肌は、化粧水を驚くほど吸い込みますよね。頭皮の紫外線によるダメージは肌より大きいといわれ、肌と同じく紫外線対策を忘れないことが大切です。

頭皮用のUVスプレーも出回っていますが、ダメージヘアにはあわない場合もあります。まずは、頭皮に優しい帽子や日傘で紫外線対策をしましょう。

▼関連記事

may_main紫外線があなたの頭皮を老けさせる!?
頭部は、体の中でも太陽に最も近く、紫外線を浴びやすい部位。 特に頭皮は、この時季に急増する紫外線量の影響もあり顔以上に影響...

2.皮脂を取りすぎない~アミノ酸シャンプー

皮脂は頭皮の乾燥を防ぐとともに、髪の毛をコーティングし守るという役割があります。熱いお湯や洗浄力の強いシャンプーで、皮脂を取り去ってしまうのは逆効果。

美しい髪のためには、髪はぬるま湯で予洗いするにとどめ、穏やかなアミノ酸系のシャンプーで頭皮の汚れのみを洗うのがベストです。

3.ドライヤーの乾燥ダメージを防ぐ~タオルドライ

洗顔のあとのタオル使いと同じく、髪や頭皮にも摩擦を起こさないよう意識してタオルを使いましょう。髪はタオルで包んだあと、ギュッと掴んでは離してタオルに水を吸わせます。

頭皮はタオルをかぶったあとに、頭皮マッサージをするように指先で叩きます。あとは、ドライヤーを当てながらタオルを頭皮近くで、動かして髪をさばくようにしましょう。頭皮をゴシゴシこするのはNGです。

4.乾燥したらすぐ保湿~美容液

ドライヤーを使ったあとや、髪の毛を洗ったあとは頭皮が乾燥します。また、空調のきいた部屋でも肌と同じように乾燥します。顔が乾燥したと感じたときは、同じように頭皮も乾燥していると考えましょう。

頭皮にも忘れず、保湿をしてください。髪の毛ではなく頭皮につけるのがポイントです。洗髪のあとで皮脂が落ちているときにはオイル、ドライヤーの前後や空気の乾燥で水分が飛んだときには、美容液やローションと使い分けるとベストです。

▼関連記事

正しい_ヘアケア正しいヘアケア6つのポイント
髪の毛の質はいろいろですから、正しいヘアケアを覚えるのは難しい気がします。でも、頭皮は顔と同じ皮膚。顔によいことを考えると...

5.健康な頭皮に~栄養

外からの保湿とともに、中からの保湿や紫外線対策も大事。栄養バランスが崩れたり、栄養が少なかったりすると頭皮まで栄養が行き渡らず、乾燥したり、乾燥しすぎて皮脂が多く出たりと頭皮が荒れます。

髪によいものにこだわるよりも、バランスよく食べ、無理なダイエットをしないようにしましょう。

保湿性の高いヘアケア用品を使いましょう

元気な髪の毛を育てるには、乾燥予防や保湿に気を配ることが大切。さらに保湿性のあるヘアケア用品を使うとベストです。

日本で椿油が使われてきたように、オリーブオイル、ホホバオイル、シアバターなどが世界中で昔からヘアケアに使われました。これらのオイルは紫外線が当たっても変質しにくい共通点を持ちます。昔の人の経験的な知恵は、現代から見ても保湿や紫外線対策として合理的だったと言えるでしょう。

オイルではべたつくときや空気が乾燥しているときは、保湿ローションもオススメ。マイナチュレのヘアケア用品は、和洋で伝統的に使われた保湿成分がたっぷり。健康な頭皮と髪を応援します。

>> 敏感肌、乾燥肌にも使える女性用無添加育毛商品シリーズ「マイナチュレ」はこちら

バナー