女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2014.02.14

お風呂で薄毛、抜け毛予防!湯船にしっかり浸かる育毛法

josei

暑い日も寒い日も一日の終わりに入るお風呂は、身体を清潔に保ち、疲れを癒すための大切な時間です。最近は仕事が遅くなったり、一人暮らしで水道代やガス代の節約のために湯船に浸からず、シャワーのみで終わらせてしまう方が増えています。

 

実は、お風呂の時間にしっかりと湯船に浸かることは、抜け毛を減らすための大切な習慣のひとつ!しかし、ただ湯船に浸かれば抜け毛が減るというわけではありません。

 

そこで今回は、育毛ケアを頑張る女性のために、

・シャワー派は要注意!抜け毛を減らすには湯船に入る

・抜け毛を減らす3つの正しい入浴法

の2つのテーマについてお話しいたします。正しい入浴法で素敵な髪を手に入れましょう!

 

お風呂に入らないシャワー派は要注意!抜け毛を減らすには湯船に入る

syawa
「シャワーだけでは身体によくない」とよく聞きますが、これは何も健康に限ったことではありません。これは育毛ケアの中でも、頭皮に良くないと言われています。

 

ではなぜシャワーだけでは、頭皮に良くないのか…?

 

これはシャワーのお湯が当たっている部分しか身体が温まらないからです。例えば、肩は温かいけどお湯が当たってない頭部や足元は冷えている状態なのです。もちろん身体も一時的にしか温まらないので、頭皮はもちろんのこと、身体全体の血行も良くなりません。

 

これが湯船に比べて、シャワーだけでは身体に良くないと言われている原因です。

当然、血行が良くならなければ抜け毛を減らすことも難しいでしょう。

 

身体は温かければ血行が良くなりますが、冷えると血管が収縮し、頭皮にまで血液が行き届かず、髪の毛は血液から栄養を受け取ることができません。

 

先ほど、シャワー派の方が増えているといいましたが、同時に抜け毛や薄毛に悩む女性の方が増えているのも現状です。こうした生活習慣の変化が、私たち女性の髪を脅かす要因にもなっているのです。

 

 

では、湯船に浸かるとどのような効果があるのでしょうか…?

 

1つ目はお察しの通り、全身の血流がよくなり、頭皮の隅々にまで血液が行きわたるようになります。血液は食物からの栄養素を運んでくれます。同時にリンパ液の流れも良くなるため、身体に蓄積された老廃物がリンパ液によってどんどん運ばれ、細胞の新陳代謝を促してくれます。

 

つまり、頭皮の内側からきれいになり、抜け毛対策ができているのです。

 

2つ目は湯船に浸かることにより、皮膚温度が上昇して毛穴を開かせることができます。「毛穴の奥の汚れや皮脂などを身体の外に排出する」これはとても大事なことです。抜け毛や薄毛の原因となる毛穴の汚れや詰まりが解消できるのです。

 

このようにシャワーだけでなくしっかりとお風呂で湯船に浸かることは、頭皮の内側・外側のどちらからも健康な髪を育む効果を上げることができ、抜け毛の対策にも有効なのです。

 

薄毛予防・抜け毛を減らす風呂で出来る3つのポイント

yokusou

「抜け毛を減らすために、湯船がおすすめ」これは分かりましたが、次は正しい入浴法についてお話いたします。ただ湯船に入るだけではなく、正しい入浴法を知り、お風呂の時間を有意義なものにしていきましょう。

 

1、お湯の温度は何度がいいの?

「寒い日は少し熱めのお湯に浸かる」「じっくり汗をかきたいから1時間くらいは入る」というお声をよく耳にします。まず湯船に浸かる正しい時間は、お湯の温度に合わせて変える必要があります。

 

熱めのお湯(42℃以上)ならば、5分以内、ぬるめのお湯(40℃前後)ならば10分前後が望ましいでしょう。ただ冬の時期ならば、じっくりと身体を温めた方がよいので、この時間を繰り返して30分程度の入浴がおすすめです。

 

例えば40℃のお湯に10分浸かり、身体を洗ったり少しのんびりしてみたり。その後また10分くらい湯船に浸かる。など無理のない範囲で繰り返してみましょう。

 

2、お風呂に入る時間帯はいつがいいの?

またお風呂に入る時間が朝型の方と夜型の方に分かれるかと思います。基本的にお風呂は夜に入るのがよいです。これは、朝に入ると髪が濡れてしまい、濡れた髪はダメージを受けやすいからです。

 

夏の時期であれば紫外線のダメージ、冬はなかなか髪が乾かずダメージを常に受けやすい状態がキープされてしまいます。ですので朝にお風呂に入るよりも夜に入る方が、髪にとっては健康的で、抜け毛のリスクも減らしてくれます。

 

どうしても朝でないとお風呂に入れない場合は、入浴後はしっかりとドライヤーで髪を乾かすようにしてください。

 

もう一つ、お風呂の温度は結局のところ、何℃にするのが抜け毛対策に最も効果的なのでしょうか…?

 

これはお風呂に入る時間帯に関係しています。42℃以上の熱いめのお湯ならば、血圧が急激に上昇し新陳代謝が活発になります。交感神経が優位に働き、緊張状態となるのでどちらかと言えば朝のお風呂に適しています。

 

しかしながら、先ほど言った通り朝のお風呂は髪がダメージを受けやすくなっているので注意してくださいね。

 

反対に40℃前後のぬるめのお湯ならば、副交感神経が優位に働くのでリラックス効果があります。心も身体もリラックスし心地よい睡眠へ導いてくれるので、夜の就寝前におすすめの温度です。

 

3、一番大切!正しいシャンプー法

実は抜け毛を減らすためにはお風呂でできる大切なことがもう1つあります。それがシャンプーです。皆さまもすでにシャンプーをお使いかと思います。しかしこのシャンプー選びこそが最も大切です。

 

自分の頭皮に合ってないシャンプーだったり、刺激が強すぎるシャンプーを使っていると、いくらお風呂で気を付けていても抜け毛を減らすことはできません。シャンプー選びの基本は「頭皮にやさしい成分でつくられていること」です。

 

できれば「アミノ酸系」「無添加」「ノンシリコン」のものを選んでください。

 

シャンプーの正しい方法は、まず手のひらに500円玉くらいの量をとります。そしてよく泡立ててから頭皮を揉むようにして洗います。頭皮は私たちが思う以上に敏感で傷つきやすいものなので、指の腹を使ってやさしく丁寧に洗ってあげましょう。

 

自分がどんなシャンプーを使っているか分からない場合は、お風呂場で確認してみてください。市販のシャンプーだと「アミノ酸系」「無添加」「ノンシリコン」のものは、あまり見かけません。

編集後記

いかがでしたか?

抜け毛のために、お風呂はしっかりと湯船に浸かり身体を温めることが大切です。シャワー派の人はぜひとも湯船に浸かり、身体と髪を労わっていただけると幸いです。

 

またいきなり湯船に浸かると、心臓に負担がかかってしまいます。足元からかけ湯をして身体を慣らしてからお湯に浸かりましょう。また入浴前後には水分補給も大切です。体内の水分が不足すると、血液がドロドロになり逆に血行を悪くしてしまうので、十分に気を付けてくださいね。