女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2014.09.25

髪べたつき防止。驚異の塩マッサージ。

髪のべたつきを抑える塩マッサージ

 

季節の変わり目は髪や頭皮のトラブルも増えてきます。

「なんだか髪が脂っぽい」というお悩みの方が多くなるのも、秋に入ったこの時期です。

 

本来、皮脂というのは頭皮を正常な状態に保つために必要な量だけ出ているのですが、季節の変わり目で自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなると、皮脂の分泌が活発になることがよくあります。

 

秋は乾燥しやすくなると思われがちですが、皮脂の過剰分泌もあなどれません。

そこで今回は「脂っぽくベタつく髪」の対策についてお話をします。

 

ベタつく髪はシャンプーの見直しと塩マッサージで改善

・石油系シャンプーでの洗いすぎにご用心

 

髪が脂っぽいと感じたとき、皆さま、どうしていますか?

「洗浄力の強いシャンプーで洗髪する」という方はいらっしゃいませんか。

 

石油系の洗浄力の強いシャンプーは、泡立ちもよくて、脂もしっかりと落とせるので、髪にも頭皮にも良いようなイメージがあります。

 

ところがこれが大きな落とし穴なのです。

皮脂は洗えば洗うほど、逆に分泌されやすくなるのです。

 

本来、皮脂は頭皮を正常に保つために必要な量だけ分泌されます。

しかし、ベタつくからと必要な皮脂までも洗い落としてしまうと、不足した皮脂を補おうと、今まで以上に皮脂分泌が促進されるという悪循環がおこります。

 

脂っぽさを気にするあまりに、皮脂を落としすぎていないか、今お使いのシャンプーを見直し、低刺激のシャンプーに変えてみませんか。

 

また脂っぽくてベタつくからと、夜の入浴時にシャンプーをして、目覚めたらまた朝シャンもするという方も、洗いすぎです。

 

シャンプーは1日1回まで、できれば夜だけにすることをおすすめします。

 

・湯洗いと塩マッサージで、頭皮がすっきり

 

そして、まだシャンプーがなかった頃からのおばあちゃんのの知恵が「湯洗いと塩マッサージによる洗髪」です。

 

やり方は、

①水シャワーで頭皮と髪を湯洗いする

②洗面器1杯のお湯に荒塩小さじ1~2杯を溶き、頭皮と髪にかけて、軽くマッサージをする

③水シャワーで洗い流す

 

簡単ですよね。でもこれで頭皮が驚くほどさっぱりします。

 

さらに、頭皮の自浄作用で、脂っぽさが改善されるだけでなく、臭いやかゆみも解消され、髪にハリが出るなど、いいことがいっぱいあります。

 

皮膚科医の中にも、この方法を推奨されている先生がいらっしゃいます。

あまりにベタつきが気になるというときに、試してみてはいかがでしょう。

 

ビタミンCが不足すると 髪や頭皮が脂っぽくなります

 

皮脂分泌が安定しないのは、最初にもお話したように体調の乱れに起因します。

 

疲労がたまっていたら、充分な睡眠をとりましょう。

秋の夜長とはいえ、夜更かしは髪にとってNGです。

 

そして食事のバランスも大事です。

 

揚げ物や肉類、ケーキやチョコレートなど脂質や糖質の髙いものを好んで食べていると、皮脂の分泌量が増え、髪がベタついてきます。

 

さらに野菜や果物に多く含まれているビタミンCが不足すると肌も髪も頭皮も脂っぽくなるといわれています。

 

偏った食事をしていると、髪や頭皮がベタつくだけでなく、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうこともあります。

偏食をせず、積極的にビタミンCを摂るように心掛けることが大事なのです。

 

――――――――――――――――――――――――――――

いかがでしょうか?

 

「髪が脂っぽいな」と感じたらぜひ試してみてください。

サラサラ美髪になりましょう。

 

最後に、もう一つだけ付け加えさせてください。

 

紫外線に長時間あたっていると、皮脂分泌が活発になることがあります。

夏ほどではありませんが、紫外線によるダメージはまだまだ油断はできません。

行楽地にお出かけのときは、帽子をかぶったり、頭皮専用の日焼け止めを使ったりなどして、上手に髪と頭皮を守ってください。

シャンプーバナー