女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2012.12.28

ホルモンバランスを整える4つの秘訣

前回・前々回と女性ホルモンのバランスを整えて
育毛ケアに役立てると効果的というお話をしましたが、
今回は引き続き
マル秘 女性ホルモンのバランスを整えるために4つの秘訣
についてご紹介します!

育毛とは切っても切れないほど密接な‘女性ホルモン’。

専門的で難しいと感じるかもしれませんが、
育毛ケアはもちろん、身体とお肌の調子を整えて
トータル的に美しい女性になるためにも
是非参考にしてくださいねexclamation

今日から始めよう女性ホルモンを整える4つの秘訣♪

女性ホルモンのバランスが崩れているかもがく? (落胆した顔) ……と
心配になっている方も多いかもしれません。

女性の身体をつかさどる2大ホルモンについては
前回もご紹介しましたが、もう一度おさらいしてみましょうメモ 鉛筆

女性ホルモンには「エストロゲン」(卵胞ホルモン)と、
「プロゲステロン」(黄体ホルモン)のふたつがあり、
絶妙なバランスを保ちながら女性の身体をつくっています。

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」は肌や骨の
老化を防ぎ、コレステロールの増加を抑え、
毛髪の発達にかかわる‘女性らしさ’を作るホルモン。

そして「プロゲステロン」は妊娠の助け、
子宮内膜のお掃除に必要なホルモンといわれています。

この2つのホルモンバランスが乱れてしまうと
調子を崩したり、肌荒れが気になったり、
髪が薄くなったり、パサついたりという問題が
あらわれるといわれていますがまん顔

抜け毛が増えてしまったり、お肌の不調が気になったり
そんな方は生活習慣の見直しからはじめてみましょう!

まずは、女性ホルモンを整える4つの秘訣♪
をご紹介します。

1 (one) 冷えない身体をつくること
2 (two).食生活を見直すこと
3 (three) サプリメントや漢方でサポート
4 (four) 心のリラックスやときめきも大切!

毎日の生活で足りていないことは何か……exclamation and question
ひとつずつチェックしてくださいね!

冷えない身体を作ることが
‘女性ホルモン’のバランスを保つ鍵

日を追うごとに寒さが厳しくなる12月。
これからの季節、ほとんどの女性が「冷え」の悩みと
対決する日々になってきますよね雪

「冷え」は女性の身体にさまざまな悪影響を
もたらすもの。冷えによって血流が悪くなり、
むくみが生じ、骨盤の中の内臓が冷えると
ホルモンバランスを崩す原因にもなります。

そこで、生活の中に身体を温めるものを取り入れてみましょう!

やみくもに外側から温めるのも大切ですが、
出来れば内側から身体を温めて育毛ケアに役立てたいものです。

体温が低い朝は温かい食事や飲み物を意識して摂取して、
生活の中では適度な運動くつ をしたり、夜はゆっくり湯船に
つかるいい気分 (温泉) などの工夫を大切にしましょう!

・生姜を活用してポカポカ美人さんにるんるん (音符)
この季節、手軽に身体を温められるのが「生姜」の
よいところです。例えば、生姜湯や生姜紅茶など
たくさんの商品を目にしますよね。

生姜シロップやチューブタイプの生姜を使って、
お湯や紅茶で割ったり、お料理に加えて美味しく
身体を温めましょう!

‘食生活の見直し’から
美しい髪と頭皮にアプローチしましょう

毎日の食事に工夫を加えて女性ホルモンの活性化に
役立てることも大切です。

年齢とともにどうしても女性ホルモンは減少します。
最近不調が気になる場合には、食生活を見直して
美しい髪と頭皮づくりにアプローチしてみましょう!

食事では「女性ホルモンと似た働きをする食材を意識」。
これが一番のポイントですひらめき

例えば、体内で美しさをサポートするホルモン
「エストロゲン」と似た働きをする‘イソフラボンどんっ (衝撃) ’。

大豆などのマメ科の植物に含まれているので、
味噌や納豆、豆腐を好む日本人には
比較的取り入れやすい食材ですよね。

さらに抗酸化作用が高い野菜にも同じような
働きがあります。そして、エネルギーの元になる
たんぱく質も忘れないで下さいねるんるん (音符)

・イソフラボンをたっぷりとれる食材は??
エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを含む大豆は
30代以上の女性なら毎日とって欲しい食材です。
納豆、豆腐、味噌汁などの和食ならダイエット時に
たくさんとっても安心ですよねうれしい顔
豆乳を飲んで手軽にケアすることもオススメです。

・抗酸化作用のある野菜は??
かぼちゃに含まれるビタミンE、白菜やさつまいもに
含まれるビタミンC。これらも女性ホルモンと似た働きを
してくれます。

スープに入れたり、蒸したり、
トマトソースで似てラタトゥイユに。
山イモもオススメです。
温めたお料理に使えば冷え予防にもなりますよ♪

・良質なたんぱく質も忘れずに指でOK
お肉やお魚などダイエットの敵と考える方も多いですが、
身体に必要な「たんぱく質」から作られるコレステロールは
女性ホルモンに必要な成分です。
毛嫌いせずに、調理法を工夫してカロリーを抑えながら
食べるようにしましょう。

サプリ、漢方などの力を借りて不調を和らげる方法もあります

「病院病院 に行くほどではないのだけど……」という不調。

ホルモンバランスの乱れによる不快な症状は、
病院に行っても原因がわからないことも多いですし、
生命に関わるわけじゃないしと……後回しにしてしまい、
なかなか治すのが難しいものですよねがく? (落胆した顔)

抜け毛や薄毛をはじめとしたさまざまな不快症状には
サプリメントや漢方などの手を借りるのもひとつの方法です。

たとえばホルモンの急激な変化による生理前後のイライラや
だるさ、不安感などの精神的な症状や、
頭皮と髪のかさつき、ベタつきなど気になる部分を
少しでも改善できれば気持ちも前向きになれますよね!

大豆イソフラボンのサプリ、マルチビタミン、鉄分など
女性に不足しがちな栄養素を補ったり、
生理痛を和らげる漢方、肩こりを和らげる漢方など
一度試してみるのもオススメでするんるん (音符)

時間はかかるかもしれませんが、そうやって自分の身体やお肌、
頭皮と髪の状態と向き合っていくうちに、ホルモンの波ー (長音記号1)
わかるようになります。

そうすれば、「もうすぐ抜け毛が増える時期だ」とか
「髪がパサパサする時期に入るな」とか……。

早め早めに対処できればホルモンの動きに惑わされずに
リラックスして過ごせるようになれるでしょうexclamation

心のリラックスやときめき
これも‘女性ホルモン’活性化に役立ちます

「最近、忙しくて心の余裕がないふらふら
「毎日の生活にトキメキがないもうやだ? (悲しい顔)
もしかして当てはまる方も多いかもしれませんね。

20代後半以降牡の女性がホルモンバランスを崩す
大きな原因のひとつは‘ストレス’だといわれています。

年齢的にホルモンの減少が始まることには
逆らえませんが、それを精神面でコントロールすることは
出来るのです!

恋をすると女性はきれいになると昔からいわれていますよね。
確かに何かにときめいている女性や、心にゆとりがある女性には
「あれ、最近キレイになった??」と感じるものです。

その言葉の通り、恋をすることも大切ですが、
ポジティブな感情を持ち、日々のストレスから自分を
解放すること!

これをなくして‘女性ホルモン’の活性化は実現しない
といっても過言ではありません。

楽しく取り組める習い事にチャレンジしたり、
ワクワクするような映画カチンコ や本本 、舞台を観に行く目

お散歩をしながら写真カメラ を撮ったり、
ウィンドウショッピングで綺麗なお洋服を見て
心をときめかせるのもいいですハートたち (複数ハート)

旦那様やパートナーの方と、久しぶりにおめかしして
デートに行くのも良い刺激になりますよね。

また「素敵!」と思える芸能人のファンになったり、
身近な男性にときめくことも、女性ホルモンを活性化する
良い方法といわれています。

何か新しい趣味を見つけることもいいでしょう。

またひとりの時間を持ち、心がリラックス出来る
ハーブティーを飲んだり、好きな音楽を聴いたり、
香りの良いお気に入りのコスメを使うなど「幸せ♪」と
思える時間をつくりましょう喫茶店

心のケアは後回しにしがちですが、
女性ホルモンとは密接な関係にあります。
後回しにせず、今日からでも「幸せ気分」を
取り入れてみましょう!

——————————————
いかがでしたでしょうか?

3回にわたり女性ホルモンのバランスについて
ご紹介してまいりました。
専門的で難しいと感じてしまう内容ですが、
女性の美容、育毛ケアには必ず必要なものです。

健康で美しい頭皮と髪を実現するためにも
是非、毎日の生活に工夫をしてくださいね♪