女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2015.07.23

20代女性の今から始める薄毛対策。深刻な薄毛の原因とは?

20代女性の今から始める薄毛対策。深刻な薄毛の原因とは?

悩める20代女性の薄毛対策。

原因としてはストレスやダイエットの悪影響、パーマやヘアカラーが与える頭皮ダメージなどが考えられます。

まずは生活環境や、食生活を見直すことから始めましょう。

薄毛の原因について

若い世代に増えている薄毛。20代女性の薄毛は毛母細胞の働きが関係しています。

髪の毛は頭皮の毛細血管から栄養をもらい、毛母細胞が分裂することで作られます。

20代女性の薄毛は毛母細胞の働きが弱くなることで、引き起こされているのです。

20代女性の薄毛は主に以下の5つが原因として挙げられます。

  1. 睡眠不足
  2. 食生活の乱れ
  3. ストレス
  4. 過度なダイエット
  5. パーマやヘアカラー

睡眠不足

夜更かしは若い世代に多く、日常化すると慢性的な睡眠不足になることも。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を減少させます。成長ホルモンは細胞の分裂を活性化する働きがあり、頭皮の細胞や毛根の毛母細胞の分裂を助ける大切なものです。

対策として、成長ホルモンの分泌を正常化するには、最低でも毎日6時間の睡眠時間を取りましょう。

食生活の乱れ

手頃で美味しいファストフードや甘いお菓子類の摂取回数が増えると、髪への栄養がうまく行き届かなくなります。

ファストフードなどの食品は血液がドロドロになり、血流を悪くしてしまうので注意が必要です。

血流が悪くなると、毛根に栄養が行き渡らなくなり、毛母細胞の分裂も減少していきます。

薄毛を防ぐには日頃の食事に注意し、健康な髪を作る元になる良質のタンパク質やビタミン・亜鉛をしっかり摂るなど、対策が必要です。

ストレス

ストレスが続くと、知らず知らずのうちにホルモンバランスを崩し、自律神経を乱します。

自律神経が乱れると、毛細血管が収縮し血流量が減少するため、頭皮や毛根に栄養が行き届かなくなります。

ストレス対策として、適度な運動や趣味の時間を持ちましょう。

過度なダイエット

過度なダイエットは栄養不足を起こし、女性ホルモンの分泌を減らすため、健康な髪の毛と頭皮を維持することができなくなります。

女性ホルモンの分泌量は20代後半頃がピークだといわれているので、この時期の女性ホルモンの減少は、将来的に深刻な状況をまねく恐れがあるのです。

対策として、日頃から納豆や豆腐などの大豆食品やナッツ類、海藻類を積極的に摂取するように心がけましょう。

パーマやヘアカラー

20代の若い女性にとって、パーマやヘアカラーはオシャレのために必要ですが、髪や頭皮にはとても刺激の強いものです。

髪はもともと弱酸性ですが、パーマやヘアカラーによってアルカリ性に変わり、強いダメージを受けます。

ダメージを受けると、頭皮を痛めたり毛根を傷つけたりするリスクが高くなります。できればヘアカラーやパーマは2ヶ月以上の期間をおくようにしましょう。

20代女性の薄毛対策は有効成分たっぷりの育毛剤で

血行が悪いと栄養分が毛母細胞まで行き届きません。毛母細胞を活性化するには、充分な栄養と酸素を送る必要があります。

天然の有効成分を含んだ育毛剤は、毛根や毛母細胞に直接有効成分を届けることができるため、オススメです。

マイナチュレでは、30種類の育毛成分を配合した育毛剤をご用意しております。20代のうちから育毛剤を活用して、早めにヘアケアを行い、薄毛を防ぎましょう。

>> 20代におすすめな女性育毛剤

バナー