女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2015.07.23

20代女性の抜け毛の原因は?

20代女性の抜け毛の原因は?

老化とは程遠い20代の女性でも抜け毛が気になる、といった悩みが増えています。

抜け毛と一言でいっても原因は様々で、生活習慣や普段のケアが問題となっていることもあります。

まずは、「なぜ抜け毛が増えたのか?」の原因をしっかり理解して、解決策に役立てましょう。

抜け毛、薄毛の原因は女性ホルモン?

髪が生えてから成長し、抜け落ちるまでの周期を「ヘアサイクル」といい、平均周期は4~5年と言われています。

1本1本のサイクルは異なりますので、通常はいっぺんに抜け落ちることがありません。このサイクルを正常に働かせているのが、女性ホルモンです。

ホルモンの分泌が減少するとヘアサイクルが短くなり、髪が抜けやすくなります。また、毛質も細くなるので、ボリュームが減少し、頭皮が目立つようになります。

多くの人が悩む、産後の抜け毛

産後の抜け毛もホルモンが大きく関わっています。

妊娠時は女性ホルモンが多く分泌され、出産と同時に通常の数値まで急激に下がります。この大幅な変化でホルモンバランスを崩し、髪が抜けてしまうのです。

ほとんどが一時的なものですが、育児疲れ、授乳による栄養不足などが原因で薄毛が続くことがあるので、抜け毛が気になりはじめたら、早めに対処することをおすすめします。

若年性脱毛症

更年期頃から毛が細くなり、抜け毛が増える「壮年性脱毛症」は老化による女性ホルモンの減少が原因です。

しかし、20~30代の若い年齢でも発生する「若年性脱毛症」があります。

原因ははっきりとわかっていませんが、早期に治療を開始することで比較的早く回復することも期待できます。

抜け毛は外見のイメージにも変化を与えるので、女性は特に強いストレスを感じてしまいます。一人で悩まず、医師に相談しましょう。

抜け毛の原因となる生活習慣

普段の生活習慣のなかにも、抜け毛を引き起こす原因があります。まずは、知ることから始めてみましょう。

1.ストレスの多い生活

20代の女性は働き盛りの年代ですが、過度なストレスを感じる生活を送っていると、自律神経が乱れやすくなります。

自律神経は女性ホルモンとの関わりが深く、働きが乱れることでホルモンの分泌が減り、抜け毛の原因になります。

また、ストレスによって血液の循環も悪くなるので、頭皮に栄養が運ばれにくくなります。

休めるときにはゆっくり過ごし、適度な運動も取り入れたストレス発散をすることが髪の健康にもつながります。

2.無理なダイエット

極端に食事を制限したダイエットは、栄養不足になり心身ともにストレスを抱えるだけではなく、髪にも影響が出てきます。

髪の原料になるタンパク質をはじめ、髪の毛の成長に欠かせないミネラル・ビタミン群が不足すると、薄毛の原因となります。

普段から、髪や身体にとって必要な栄養素をバランスよく摂るように心がけてみましょう。

3.頭皮や髪の毛への負担

カラーリングやパーマを繰り返し、髪が傷んでいる女性も多いと思います。

しかし、注意しないといけないのはどちらも刺激が強く、頭皮を痛めてしまう可能性があるということです。

傷ついた頭皮では毛根が育ちにくいだけではなく、毛穴に薬剤が詰まって髪の成長を妨げてしまいます。

実施するときには、最低でも3か月は間隔を空け、十分な洗髪で薬剤が残らないようにしましょう。自分で判断が難しいときには、医師や美容師に相談するのもいいですね。

マイナチュレでは、頭皮の環境を正常化させる効果のある育毛剤を取り扱っております。

20代のうちから安心して使用出来る無添加の育毛剤ですので、よかった試してみてください。

規則正しい生活とヘアケア

20代女性の抜け毛の多くは、生活習慣の改善で回復することができます。

まずはバランスの良い食事、リラックスできる時間と睡眠をとる生活を目標にしてみましょう。そして、毎日の洗髪で使うシャンプーにも、一工夫してみてはいかがでしょうか?

マイナチュレのシャンプーは無添加・アミノ酸処方の頭皮に優しい素材で作られており、きめ細かい泡立ちでしっかり包み込んで洗えるのが特徴です。低刺激で頭皮の負担が少なく、あなたの毎日の頭皮ケアをサポートします。

バナー