女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2015.12.28

男性とどう違う?女性ならではの抜け毛の原因と対策とは

11-1A_33000000738

抜け毛の悩みは、男性特有のものだと思っていませんか? しかし最近では、女性でも抜け毛で悩んでいる方が増えているといいます。

男性と女性では抜け毛の原因が異なります。今回は、男女で違う抜け毛の原因を踏まえたうえで、女性におすすめの抜け毛対策についてご説明します。

目次

抜け毛の原因、男性と女性の違いとは

11-1B_10161002096

男性の場合、遺伝により男性ホルモンの分泌量に影響が出ることが、抜け毛の原因とされています。男性ホルモンが過剰に分泌され、毛根部の細胞がダメージを受け、髪の毛が一気に弱まり抜けやすくなってしまうのです。

抜け毛の特徴としては、頭頂部や髪の生え際から髪が抜けていくというものです。また、多忙な仕事などからくる不摂生やストレスに加え、正しい頭皮ケアやシャンプーができていない、といった状況も、抜け毛を悪化させる原因となっています。

一方女性の場合、男性の抜け毛と異なり、多くは加齢や出産によって生じるホルモンバランスの乱れが主な原因です。髪には、毛根から伸びて長くなり、一定の期間を経て抜け、また新しい毛が生えるという「ヘアサイクル」があります。ホルモンバランスが乱れると、髪の毛が抜けてからまた新しい髪の毛が生えるまでの休止期が長くなってしまいます。

また、無理なダイエットによって頭皮に十分な栄養が届かないことも、抜け毛を引き起こす原因としてあげられます。抜け毛の特徴としても、特定の個所から抜けるというよりは、髪のボリューム全体が失われていきます。

このように、抜け毛の原因は男性と女性によって大きな違いがあります。女性には女性の抜け毛対策が必要なのです。

女性におすすめの抜け毛対策

11-1C_10161002504

出産による抜け毛なら、一時的なものと思って気にしすぎないことが大切です。あまり気にしすぎると、ストレスになってしまい、それがかえってホルモンバランスの乱れにつながってしまいます。

また、食事の量を著しく減らす、偏った食材しか食べない、といった無理なダイエットを続けてしまうと、髪や頭皮に栄養が届かなくなってしまいます。それだけでなく、ホルモンバランスが乱れて深刻な抜け毛を引き起こしてしまう可能性があります。適度な量と栄養バランスのとれた食生活で、すこやかな髪を保ちましょう。

ホルモンバランスの乱れが気になったら、大豆イソフラボンを多く含む食材を積極的に取り入れましょう。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのひとつで、髪の美しさに効果があるとされるエストロゲンに似た働きをもつといわれています。

さらに、疲れやストレスをためすぎてしまうことも、ホルモンバランスに影響します。適度な運動を取り入れる、十分な休養をとる、リラックスできる趣味を持つといった、生活習慣の見直しもおすすめです。

抜け毛が気になるうちは、髪や頭皮に刺激となるパーマやカラーリングはなるべく控えましょう。白髪が目立つのが気になって仕方ない、という場合は、天然成分配合で刺激の少ないカラートリートメントに切り替えるのがおすすめです。

女性用の育毛剤を使う場合は、塗布した後で頭皮をやさしく揉みほぐすようにマッサージしながらなじませると、頭皮の血行が促進されて育毛剤の効果がアップします。

ポニーテールやお団子といった、髪を引っ張るヘアスタイルもNGです。頭皮に力がかかり、抜けやすくなるという、いわゆる「牽引性脱毛症」になってしまいます。抜け毛が落ち着くまでは、ふわりとおろしたヘアスタイルがおすすめです。

いつものお手入れを見直しましょう

間違った抜け毛対策を続けてしまうと、髪や頭皮へのダメージがさらに悪化してしまいます。いつものヘアケア、頭皮ケアを見直して、美しい髪をいつまでも保ちましょう。