女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.12.20

急増する髪やけどにご注意! ドライヤーの上手な使い方

こんにちは 😀 晴れ

女性のための無添加育毛剤『マイナチュレ』
サポート事業部の坂本です。

普段、何げなく使っているドライヤーについての気になる
ニュースがあります。
ドライヤーによる髪やけどが急増しているというのです。冷や汗2 (顔) あせあせ (飛び散る汗)

じつはドライヤーの熱はとても高熱で、自分では気がつかないまま、
髪やけどや頭皮の乾燥の原因になっているんだそうです。どんっ (衝撃)

髪やけどなんて、なんだか髪がかわいそうですよね。涙

そこで今回は頭皮や髪を傷めないドライヤーの使い方について、
お話したいと思います。ひらめき

高温ドライヤーの熱風は100度以上、
でも髪は「熱い」と感じないんです

健康でダメージのない髪が耐えられる熱は、70度前後と
いわれています。
100度を超えると変性して湾曲が起こり、120度では
弓なりに湾曲してきます。

さらに熱を加え続けると、表面はケロイド状になり、
キューティクルが剥がれ出します。

一般的なドライヤーの熱風は100度以上ありますから、
髪にとって強いダメージになってしまうわけです。
これが髪やけど。

髪には神経がなく、熱さを感じることができないので、
自分では気づかないまま、ついついドライヤーの熱風を
当て続けてしまうんですね。

そうなると、「やっぱり髪のためにはドライヤーよりも
自然乾燥の方がいいのね」ということになるわけですが、
これもおすすめできません。

髪は濡れた状態だとキューティクルが開き、傷つきやすく
なりますから、速く乾かしてあげた方がダメージを防ぐ
ことができるのです。

さらに自然乾燥は水分が蒸発するときに、頭皮の熱を奪って
いくので、頭皮の血行不良を誘発します。

頭皮やけどは怖い、でも自然乾燥もダメージになってしまう
となると、ではどうしたらよいのでしょうか。

ドライヤーは髪から20㎝離して、
乾かすのは80%くらいまで

何となく使っているけれど、でも使い方を教わったわけではない…
ドライヤーはそんな道具かもしれません。

髪やけどをおこしてしまうのも、「間違った使い方をしている」
からといったほうが正しいようです。

ドライヤーをかけるときは、以下のことを実行してみてください。

●髪ヤケドを防ぐドライヤーの使い方
(1)洗髪後は、マイクロファイバーなどの速乾タオルで
髪の水分を取りましょう。

バスタオル1枚よりも、小さなタオル2枚の方が乾きは
速いので、これも是非お試しくださいね。
こうしてタオルドライをしておくと、ドライヤーの時間
が短縮できるのです。

(2)髪から20㎝離して、乾かしているときに動かすのは
ドライヤーの方です。
遠くからブローすると髪が乾きにくいのではと思いがち
ですが、風が広範囲に当たるので、乾く時間はほとんど
変わりません。

また風を当てながら、髪をばさばさと動かす人がけっこう
多いようですが、摩擦で髪が傷んでしまいます。
動かすのはドライヤーだけ。風が一ヵ所に集中して当たらないように、
ドライヤーを持った手をゆらゆらと動かしましょう。

(3)髪に対して30度のななめ上から、そして上から下に
向って風を当てましょう。
キューティクルのうろこは上から下に向っているので、
これに逆らわないようにするのも大切なポイントです。

よく頭を下にして、後頭部にドライヤーをかける人がいますが、
キューティクルを逆立ててしまい、切れ毛の原因になってしまいます。

(4)髪をかき分け、頭皮を露出させて、風を頭皮に直接当てましょう。
毛先ばかりを頑張って乾かしても、頭皮や髪の根元が濡れていては、
髪はいつまでたっても乾きません。
それで長時間熱風を当てることになり、毛先から髪やけどを
おこしていくわけです。

「髪を乾かすこと」ばかりに気を取られずに、「湿った頭皮を乾かす」
という意識を持ってください。クローバー

(5)頭皮が完全に乾き、髪が8割程度乾いたら、冷風に切り替え
キューティクルを引き締めましょう。

熱風で完全に乾かしてしまうと、頭皮の以上乾燥を引き起こしてしまいます。
ただでさえ乾燥する冬は、頭皮の乾かし過ぎにも注意しなければなりません。

――――――――――――――――――――――――――――――

いかがですか。
この5つのポイントを守ることで、髪に加わるドライヤーのダメージは
減少します。ほっとした顔 ぴかぴか (新しい)

最近は、水蒸気(ミスト)照射、オゾン照射、マイナスイオン照射
といった高機能のドライヤーが人気です。

髪へのダメージが軽減され、さらに髪を乾かしながら保湿&頭皮ケア
まで出来るようになりました。

でもいくらドライヤーが進化しても、正しく使わなければ、
やっぱり髪を傷めつけかねません。

また機能はシンプルなドライヤーでも、正しく使えば、健康で
美しい髪を保つことは可能です。

ドライヤーを正しく使いこなしてくださいね。ー (長音記号2) ハートたち (複数ハート)

コンディショナーバナー