女性の薄毛に無添加の育毛剤 マイナチュレ公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2014.04.15

シリコンとノンシリコンのシャンプーの違い

シリコンとノンシリコン

最近、ドラッグストアでシャンプーを選んでいる方たちの中に、成分表をチェックされている方をよく見かけます。

CMで流れるイメージ広告でシャンプーを選ぶのではなく、自分の髪にとって必要な成分であるか否かを考えながら選ばれている、髪への意識の高い方が増えています。

多くの女性たちがシャンプーの成分にこだわり、いつまでも健康で美しい髪をキープしていただきたいです。

そこで今回はシャンプーの成分の中でも、もっともご質問の多い
「シリコンとノンシリコン、どっちがいいのですか?」
という声にお答えし、シリコンとノンシリコンの違いについてお話します。

シリコンは毛穴に詰まるので頭皮にとってダメージになる、ノンシリコンは頭皮には優しいけれど髪がきしむ、などいろいろ噂がありますが、それは本当なのでしょうか?

まずは成分表の基本的な見方を覚えましょう

シャンプーのボトルには、必ず成分が載っています。

ヘアケア製品はすべての配合成分を記載することが法律で義務づけられているのです。
とっても小さな文字ですが、チェックしておきましょう!
もし近くに使われているシャンプー剤があったら、お手元に持ってきて、この記事を読んでいただければと思います。

成分表は含まれている量の多い順に並んでいます。
基本的には「水」が最初に記載され、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコールなどの合成界面活性剤が続きます。

そしてシリコンにはジメチコン、シクロメチコン、アモジメチコンといった種類があります。
成分名の最後に「××コン」となっているのが目安です。

この他、シクロペンタシロキサン、シロキ、シリカ、シリル、シラン、ジメチコノール、ジメチコンポリオール
などもシリコンです。

いかがでしょうか。
これらの記載があれば、それはシリコンシャンプーです。

▼正しいシャンプーの仕方・選び方について、知りたい方はコチラをご覧下さい。

7d16ea10ba2cf5c49dc5ef4566fe5e6b-3.jpg薄毛はシャンプーで解消!正しいシャンプーの仕方・選び方
お肌も頭皮も、スキンケアの基本は洗浄です。きちんと汚れを落とし、清潔な肌にリセットすることで、肌が本来持つ機能を最大限に発...

 

シリコンを入れるのはなぜ?
ノンシリコンがいいこれだけの理由

ここで最初の疑問に戻りましょう。
なぜシャンプーにシリコンが使われているのでしょうか?

その答えは、洗浄成分にあります。
洗浄成分が鉱物や動植物油脂の界面活性剤だと、少量でもとても泡立ちが良いのです。
アルコール系とよばれ、市販されている比較的リーズナブルなシャンプーはこのタイプ。

ただ問題は、洗浄力は強いけれど、洗っているときに髪がギシギシして使用感があまり良くありません。
そこでシリコンが登場します。

シリコンは髪をコーティングして、指通りを滑らかにする役割を持っているので、シリコンを配合することで使用感が良くなるのです。

アルコール系の洗浄成分は強すぎてギシギシするので、シリコンを入れて、指通りを良くしているわけですね。

ではノンシリコンのシャンプーとは、どういうタイプなのでしょうか。

ノンシリコンの洗浄成分は、頭皮や髪に優しいといわれるアミノ酸系などです。
アミノ酸系のシャンプーは必要以上に皮脂を取り過ぎず、頭皮や髪やとって適度な洗浄力なので、あえてシリコンは配合する必要がありません。

アルコール系で洗浄力が強すぎるからシリコンを配合!
アミノ酸系の適度な洗浄力だからノンシリコン!
簡単にいえば、こういうことなのです。

ところで、シリコンシャンプーを使われていた方が、ノンシリコンに切り替えると「髪がきしむ」と感じられることがあるようです。

中には「やっぱりツルンツルンの方が」とシリコンシャンプーに戻られてしまう方もいらっしゃるようです。

それはとっても残念なこと。

髪のきしみは、今まで蓄積されたシリコンが落ちて、本来の健全な髪に戻ってハリやコシのある健康な髪に戻る過程なのです。
ノンシリコンでもきしまないシャンプーもありますからそういうタイプをおすすめいたします。

さらにノンシリコンシャンプーは、髪をコーティングしないので、ヘアケア剤や育毛剤の浸透も良くなります。
頭皮や髪のことを考えると、ノンシリコンシャンプーに人気が高まるのは当然といえるのではないでしょうか。

▼基本的なヘアケアの方法ついて、知りたい方はコチラをご覧下さい。

297085e81f55e19b86c50b0a6d4c8abe-3.jpg頭皮の乾燥への対策方法
日頃から手や顔のお肌の乾燥は気をつけているけれど、頭皮はどうでしょう?頭は人間の身体の中でも硬い部分ですが、頭皮そのものは...

 

――――――――――――――――――――――――――――
いかがでしたか?

明日の髪のために、5年後、10年後の髪のために
シャンプーはこだわって選びたいですね。
一度ノンシリコンシャンプーをお使いになってみませんか?

▼マイナチュレシャンプー

icatch_02無添加・頭皮ケアシャンプー
シルク由来のアミノ酸洗浄成分で頭皮をいたわりながら、不要な皮脂や古い角質を洗い流していきます。