女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2014.10.31

症状別にみる育毛剤の選び方

育毛剤 選び方

人には聞きづらい育毛剤の選び方。薄毛に関する悩みは男性だけのものではなく女性にとっても一般的な悩みですね。

何に気を付ければよいのか、症状別にみていきましょう。

目次


まずは知っておきたい発毛のメカニズム

そもそも薄毛はなぜ起こるのでしょうか?いきなり育毛剤の選び方を見る前に、発毛のメカニズムを知り、髪の毛の悩みに取り組みたいものです。

発毛メカニズムは毛母細胞と毛乳頭の働きを知ることから

髪の毛1本1本にある毛乳頭とその周りにある細胞が毛母細胞です。毛乳頭がいわば体から髪の毛へ栄養を取り入れる入口、そこから吸収された栄養素が毛母細胞へ渡ります。

この毛母細胞が細胞分裂することで髪の毛が育ち、充分に栄養があれば細胞分裂も活性化できます。

毛乳頭へ栄養素を運ぶのは血液。「血行を良くする」というのは健康のために良く言われることですが、髪の毛の健康にも同じことが言えます。

マッサージや育毛剤によって血行を促進することで、毛母細胞の活動を活発にすることが活発な発毛に繋がります。

ヘアサイクルとは

育毛剤の選び方をしためには、ヘアサイクルも知っておきましょう。

髪の毛にも成長期・休止期・退行期というサイクルがあります。毛母細胞の活動の仕方が違い、退行期に髪の毛が抜け落ちまた成長期に新しい毛が作られます。この繰り返しがヘアサイクルです。

成長期に十分な栄養がないと、活発に細胞分裂できず太く長い髪の毛を作る力が弱くなり、だんだんと薄毛になっていくのです。

症状別にみる育毛剤の選び方

薄毛の症状とその原因は複数あり、じつは育毛剤に働きのタイプがあります。

  • 男性ホルモンを抑制するタイプ(男性型脱毛症向け)
  • 血行促進タイプ
  • 毛母細胞活性化(栄養を補給する)タイプ
  • 皮脂分泌抑制タイプ
  • 頭皮保湿タイプ
  •   

ご自身で選ぶ育毛剤がどのようなタイプなのか、自分の症状に合っているものかを判断できると良いでしょう。症状別に育毛剤の選び方をみてみましょう。

円形脱毛症

円形脱毛症はコインのような円形に髪の毛が抜けます。原因は、ヘアサイクルのトラブル・自己免疫の異常などがあります。

育毛剤を選び方としては、その育毛剤によってヘアサイクルや頭皮の状態を整えて脱毛している個所の発毛を促進できるかという点を見るのが良いでしょう。円形脱毛症の根本的原因に効く、というより早く脱毛個所に髪の毛が育つように育毛剤を使います。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は男性型脱毛症と違い、脱毛部と毛髪の境界がはっきりしない(全体的に薄毛になる)というところです。最近なんとなく薄毛が気になり始めたという女性はこの症状を疑うのが良いかもしれません。原因は女性ホルモンの乱れや変化・血行不良・栄養不足などさまざま。

育毛剤を選ぶときにはヘアサイクルを整える働きがあるかどうかをみましょう。血行促進や毛母細胞への栄養を与える働きによってヘアサイクルを整え、抜け落ちる髪の割合を減らしていきます。

敏感肌

敏感肌の方は乾燥や炎症への対策が必要になります。保湿成分を含んだ育毛剤を使い、頭皮の血行促進や栄養状態の改善をする。

あるいは頭皮環境を整えるために抗炎症作用のある育毛剤を使用することもあります。ただし刺激の強いものには充分に注意し、ご自身の肌に合ったものを使いましょう。

 
下記のページにて補足的な情報を記載しておりますので、是非参照ください。
>> 自分に合った育毛剤の選び方とは?
 

育毛剤を上手に使って元気な髪の毛を取り戻す

加齢や生活環境の変化などにより女性といえど薄毛に悩まされるもの。お肌にだって美容液が必要なように頭皮にもお手入れをするのは当然です。

最近は使用した時の香りにまで気を配ったものもありますし、原因と効能には留意して適切な選び方ができれば、育毛剤は強い味方になってくれます。

マイナチュレは女性のことを考え女性のために作られた育毛剤です。無香料・無臭にも気を配り、女性の悩みの解消を考え抜いて作っています。
 
>> 薄毛にお悩みの女性におすすめ女性用無添加育毛剤「マイナチュレ」はこちら
 
育毛剤バナー