女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2014.11.05

老化に負けないスタイリング術 !

lgf01a201410110100

早いもので、季節はもう秋から冬に移り変わろうとしているようです。

今朝、通勤途中にロングのファーコートを着た女性とすれ違いました。

秋冬の華やかなファッションに合わせて、

ヘアスタイルも様々に楽しみたいですよね♪

 

ところが、多くの女性が歳を重ねるごとに

髪のボリュームがダウンしていることで悩んでいるようです。

そこで今回は、ペチャンコ髪とサヨナラして、

ふんわりボリュームアップする方法についてお話しします。

 

髪の老化現象は
30代後半から少しずつ始まっています

 

紫外線や空気の乾燥、カラーリングなど、

女性の髪が年間を通してダメージの危険にさらされていることは、

みなさま、よくご存知ですよね。

 

こうした要因に加え、歳を重ねた女性は

髪のエイジング(=老化)もすすんでいきます。

髪の老化現象には、以下のものが挙げられます。

 

■白髪の増加

■抜け毛、薄毛の増加

■ボリュームの低下

■パサつき、ゴワつきの増加

■ツヤの減少

 

頭頂部の髪が少なくなったり、髪が痩せて細くなったり、

うねりが目立つようになることも、

エイジングによる影響が多いようです。

 

一般的に、日本人の頭髪の量は約10万本と言われていますが、

歳を重ねるごとにだんだん減少していきます。

 

これは、髪のライフサイクルの変化によるものです。

 

髪には「成長期」「退行期」「休止期」の3つのサイクルがあるのですが、

年齢と共に「成長期」が短くなって「休止期」が長くなってきます。

すなわち、成長しきらないうちに抜ける(=休止期)ことになるのです。

 

また、毛髪を作る働きは年齢と共に衰えていくため、

一本ずつの髪の太さが細くなると言われています。

 

本数自体の減少、太さの変化が、髪のボリュームの低下につながるのです。

 

こうした髪の老化現象は、個人差はありますが、

おおむね30代後半から少しずつ始まっているそうです。

 

不規則な生活や偏った食生活を続けていると、

髪の老化も早まると言われています。

 

〝まだ若いから!〟と気を抜かないようにしたいものですね。

ヘアケア&スタイリング時に
賢くボリュームアップ

 

髪のアンチエイジングでもっとも大切なのは、

毎日のシャンプー&コンディショナー、頭皮マッサージで

頭皮の血行を促進してあげることです。

 

頭皮が元気なら、髪もすくすくと美しく育つので、

日々のケアを大切にしてくださいね。

 

さらに、ペチャンコ髪を防いでボリュームアップさせるには、

こんな方法があります。

 

■ドライヤーを使いこなす!

髪のボリュームを出すのもペチャンコにするのも、

スタイリング前のドライヤーにかかっています。

 

ポイントは髪の表面ではなく、内側から乾かすことです。

表面からドライヤーをあてると、ボリュームをダウンさせて

ペチャンコ髪になりやすいので、ご用心ください。

 

髪の内側から乾かす時は、毛先よりも根元に風を当てながら、

根元部分を立ち上げるようにしてください。

こうすることで、ふんわり感がアップします。

トップ、後頭部、サイドを小分けにして乾かしましょう。

 

さらに、温風と冷風を交互に当てると、ツヤ感がアップします。

分け目を時々変えることも、ペチャンコ髪の防止になります。

 

■スタイリング剤を使用する際は、頭皮につけないように気をつけて!

ふんわり感を演出するには、スタイリング剤も一つの方法ですが、

頭皮につけてしまうと、刺激になり、頭皮に悪影響を及ぼしますので

どうしても、スタイリング剤を使用するならば、使い方に気をつけて下さい。

スタイリング剤使用のコツをご紹介します。

 

【トップにボリュームがほしい場合】

トップにボリュームがほしい場合は、ハードタイプのヘアスプレーがおすすめです。

頭頂部の髪を持ち上げてドライヤーをかけた後、

スプレーするとふんわり感を保ちます。

 

【オイルトリートメント系の使用ポイント】

油分の多いスタイリング剤をお使いの場合は、

毛先だけに少量をつけるようにしてください。

なるべく髪の根元や髪の半分より上にはつけないようにしてください。

スタイリング剤の重さでボリュームダウンするのを防ぐためです。

 

いかがでしょう?正しい使い方をすれば、ふんわり髪を演出できますね。

但し、スタイリング剤をご使用後は、しっかりとシャンプーで洗い流して下さい。

 

■小物使いでさらにボリュームアップ

スタイリング用のブラシ、スタイリング剤にも、

ボリュームアップをうたった商品がありますので、

それらを利用するのもいいかもしれません。

 

携帯に便利なマジックカーラーを常備すれば、

出先でも簡単にボリュームを復活させることができます。

 

手ぐしで髪を直す時にも、

内側から持ち上げるような癖をつけてくださいね。

 

——————————————

 

いかがでしたでしょうか?

 

歳を重ねることで髪のボリュームがダウンしてしまうのは、

切ないものです。

 

それでも、日々のお手入れやちょっとした工夫で

若々しい「ふんわりヘア」を楽しみましょう。

 

ヘアスタイルは見た目の年齢を決めるものとも言われていますから、

ボリュームのある華やかなヘアを目指したいものです!