女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.04.09

牽引(けんいん)性脱毛症

女性の薄毛は内因性の場合ばかりではなく、外因性による薄毛もあります。
その中のひとつに「牽引性(けんいんせい)脱毛症」という症状があります。
女性に多い薄毛や脱毛のタイプで、髪の毛の一部分を長い時間、継続的に過度に
引っ張り続けたために起きる脱毛症です。
ポニーテールやお団子ヘアのように髪を強くまとめているようなヘアスタイルを長い時間していると起こる症状です。

髪を強く束ねるというのは、頭皮にものすごく負担がかかります。
誰もが必ずそうなるということではありませんが、
引っ張られていた髪の生え際や分け目の部分の毛が細くなる場合や切れやすくなったり、
頭皮が透けて見えるような状態になったりします。

また、髪を束ねたヘアスタイルをするとすぐに薄毛や脱毛を感じるわけではありません。
子供の頃に長い間している場合、大人になって脱毛してきた、
といったように何年も経過してから薄毛になることもあります。

改善させるには、まず毛根に負担をかける髪形を避けましょう。
頭髪の緊張状態が長く続くことは良くありません。
頭皮を常にリラックスさせてあげましょう。
そうすることで自然と回復します。
また、頭皮の血行改善する頭皮マッサージが効果的です。
牽引性脱毛症は、円形脱毛症などとは違い、ヘアースタイル次第で、薄毛を予防することが可能です。