女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

1.髪が細い方
※もともと軟毛、もともと髪が細い方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。
1.髪が細い方
※もともと軟毛、もともと髪が細い方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。

【紫外線】が原因紫外線により生じた活性酸素が頭皮へ…

紫外線により生じた活性酸素が頭皮へダメージを与えてしまいます。それが髪が細くなる原因になります。

紫外線

<紫外線を浴びる前に>UVケア用のケア商品を使用しましょう►UVケア用の商品を使用し、必ずアウトバストリートメントをつけましょう。
►根元付近の生えてきたばかりの髪にアウトバスは使用しにくいため、育毛剤でケアするとよいです。
 育毛剤は、紫外線による活性酸素の抑制効果があるものを使用しましょう。
<紫外線を浴びる前後に>抗炎症効果の高い商品を使用しましょう►炎症を抑える成分が配合されているケア商品を使用しましょう。
 頭皮トラブルがあり、アウトバス塗布ができない場合、「ダメージケア」「UVケア」用のシャンプー、トリートメント(コンディショナー)でケアしましょう。
<紫外線を浴びた後に>頭皮と髪を保湿しましょう►育毛剤・頭皮用ローションを頭皮全体にたっぷり塗布しましょう。
 マイナチュレ育毛剤の場合は、推奨量以上の塗布をおすすめします。
 推奨量以上:8~10ライン、2重に塗布してみましょう。
►頭皮用のコンディショナーやシャンプーでケアしましょう。
 マイナチュレコンディショナーは頭皮に塗布して10分放置するとよいです。
日々の対策►可能ならば、外出は朝夕の涼しい時間帯がおすすめです。
►帽子や日傘を活用したり、日陰を選んで歩きましょう。
 帽子の着用で、紫外線の照射率が20%減少すると言われています。
美容院での重点ケアも行いましょう自分のケアでは対応しきれない場合は、美容院でのケアも良いでしょう。

美容院

【薬剤】が原因髪の太さは、髪の毛の90%を占めてい…

髪の太さは、髪の毛の90%を占めているたんぱく質の量で決まりますが、パーマやヘアカラーの薬剤に弱く、ダメージを受けやすいという特徴があります。

髪のダメージが少なくなる施術を美容院で染める場合には、美容師さんに相談し、髪のダメージが少なくなる施術をお願いしてみましょう。
ご自宅で染める場合は、カラートリートメント・カラーマニュキュアなど化学反応を起こさない薬剤で染めましょう。

【乾燥】が原因乾燥が進んだ頭皮は固くなり頭皮老化…

乾燥が進んだ頭皮は固くなり頭皮老化が進行します。血行不良や栄養不足から毛母細胞にもダメージを及ぼし、生えてくる髪が細くなることに繋がってしまいます。

頭皮を保湿しましょう►育毛剤を頭皮全体にたっぷり塗布しましょう。マイナチュレ育毛剤の場合は、推奨量以上の塗布をおすすめします。
 推奨量以上:8~10ライン、2重に塗布してみましょう。
 ※頭皮トラブルがあり、育毛剤の塗布ができない場合は、頭皮用や敏感肌向けのシャンプーやコンディショナーでケアしましょう。
►頭皮用のシャンプーやコンディショナーの使用も有効的です。マイナチュレコンディショナーは頭皮に塗布して10分放置するとよいです。
室内を加湿しましょう►室内は加湿器や水の入ったコップを置く、ミスト等で水分を吹きかけるなどの方法で、湿度50%を下回らないように加湿しましょう。美容院での重点ケアも行いましょう自分のケアでは対応しきれない場合は、「ヘッドスパ」などの重点ケアも同時に行うと良いでしょう。ケア用品を見直しましょう►洗髪後はアウトバストリートメント、もしくは育毛剤など洗い流さないタイプの商品を使用しましょう。
►トリートメント(コンディショナー)、シャンプー、ドライヤーなど普段使っているものが、あなたの髪質と合っていない可能性があります。
 特にシャンプーは脱脂力・洗浄力の強いタイプを避けましょう。

2.ペタンとする(立ち上がりがない、ボリュームがない)方
※もともと軟毛・もともと髪が細い方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。
2.ペタンとする(立ち上がりがない、ボリュームがない)方
※もともと軟毛・もともと髪が細い方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。

【湿気】が原因髪が必要以上に水分を含んでしまうと…

髪が必要以上に水分を含んでしまうと、重くなり、根元からボリュームダウンしてしまいます。

室内を除湿しましょう換気扇も活用し、室内の風通しを良くして対策しましょう。ベース(土台)づくりをしましょう髪型維持のためには、スタイリング剤に頼るだけでなく、「ベース(土台)作り」も重要です。「ボリュームアップ用」「スカルプケア用」のシャンプーやトリートメント(コンディショナー)、育毛剤の使用がおすすめです。流さないタイプのケア商品を使いましょうスタイリング剤・育毛剤などの流さないタイプのケア商品を使用し、汗で髪型が崩れるのを事前に予防しましょう。
湿気対策用のケア用品の使用も良いでしょう。

【ケア用品】が合っていないことが原因ケア用品が合っておらず、皮脂やスタイリング剤などが残っている場合、ペタ…

ケア用品が合っておらず、皮脂やスタイリング剤などが残っている場合、ペタンとしてしまいボリュームが出づらくなってしまいます。

ケア商品を見直しましょうシャンプー、トリートメント(コンディショナー)やアウトバス、育毛剤など洗い流さないタイプのケア商品を見直しましょう。
シャンプー、トリートメントは、「ボリュームアップ用」「スカルプケア用」のケア商品を使うと良いです。
立ち上がりが付きやすかったり、仕上り感が軽いものがおすすめです。
しかしながらハリコシ効果が強いと、ゴワゴワ感を感じるかもしれません。その場合は、アウトバストリートメントなどの洗い流さないタイプの商品と組み合わせて使用すると良いです。

【洗髪方法】が原因汚れや皮脂、またはすすぎが足りずシャンプーが残ってしまってい…

汚れや皮脂、またはすすぎが足りずシャンプーが残ってしまっていると、頭皮環境の悪化につながります。頭皮がべたつき、髪が立ち上がらなくなることも。

事前のケアで洗浄効果を高めましょう洗髪前にはブラッシングを行い、汚れやフケを落とし、洗浄効果を高めましょう。

シャワーの温度は38~39度に設定し、予洗い、シャンプー、すすぎの順番で行いましょう。
すすぎはシャンプーの倍の時間をかけて念入りに行いましょう。

【髪の乾かし方】が原因正しい乾かし方を行うことで、髪の形…

正しい乾かし方を行うことで、髪の形を作り、固めることもできます。逆に自然乾燥は頭皮が濡れた状態が続くため菌の繁殖に繋がってしまいます。

3分以内に乾かしスタートお風呂から出て3分以内に乾かしスタートしましょう。
タオルドライで髪の水分をしっかりとったあと、オイルタイプのアウトバストリートメントを使用しましょう。



その後、ドライヤーを使って根元から乾かしましょう。
仕上げに冷風を全体にあて熱を飛ばすことで形をキープしやすくなります。


アウトバストリートメントは、まとまる、仕上がり感が重いものがおすすめです。
使用するドライヤーは「ナノイオン」「赤外線」「低温」などのように髪へのダメージ負担が考えられている商品を選びましょう。

【汗】が原因ふんわりさせていた髪型でも、汗で濡…

ふんわりさせていた髪型でも、汗で濡れることで崩れてしまいます。

汗

汗はこまめに拭きとりましょう►タオルは頭皮にソフトにあて、押さえるようにふきとりましょう。
 髪を少量ずつ持ち上げ、タオルが直接頭皮に触れるようにします。
 肌に良い湿度は、60~65%と言われています。
すぐに洗える場合は洗髪しましょう►炎症を抑える成分が配合されているシャンプーやコンディショナーでケアしましょう。
 ※頭皮用・敏感肌向けのケア商品は、抗炎症のものが多いです。
炎症を抑える成分が配合されているケア商品を使用しましょう育毛剤や頭皮用ローションなどのように、洗い流さないタイプのものがおすすめです。