女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

1.髪がパサつく(髪が広がる)方
※ツヤがない、広がる(まとまらない)、絡みやすい方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。

1.髪がパサつく(髪が広がる)方
※ツヤがない、広がる(まとまらない)、絡みやすい方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。

【乾燥】が原因空気が乾燥すると髪の毛の水分量が減…

空気が乾燥すると髪の毛の水分量が減り、パサついた状態になってしまいます。
特にダメージ髪の場合、乾燥が進んでしまいます。

頭皮を保湿しましょう►育毛剤を頭皮全体にたっぷり塗布しましょう。マイナチュレ育毛剤の場合は、推奨量以上の塗布をおすすめします。
 推奨量以上:8~10ライン、2重に塗布してみましょう。
 ※頭皮トラブルがあり、育毛剤の塗布ができない場合は、頭皮用や敏感肌向けのシャンプーやトリートメント(コンディショナー)でケアしましょう。
►頭皮用のシャンプーやトリートメント(コンディショナー)の使用も有効的です。
 マイナチュレのトリートメントは頭皮に塗布して10分放置するとよいです。
室内を加湿しましょう室内は加湿器や水の入ったコップを置く、ミスト等で水分を吹きかけるなどの方法で、湿度50%を下回らないように加湿しましょう。美容院での重点ケアも行いましょう自分のケアでは対応しきれない場合は、「ヘッドスパ」などの重点ケアも同時に行うと良いでしょう。ケア用品を見直しましょう►洗髪後はアウトバストリートメント、もしくは育毛剤など洗い流さないタイプの商品を使用しましょう。
►トリートメント(コンディショナー)、シャンプー、ドライヤーなど普段使っているものが、あなたの髪質と合っていない可能性があります。
 特にシャンプーは脱脂力・洗浄力の強いタイプを避けましょう。

【紫外線】が原因紫外線により生じた活性酸素が髪のキ…

紫外線により生じた活性酸素が髪のキューティクルに大きなダメージを与えてしまいます。

紫外線

<紫外線を浴びる前に>UVケア用のケア商品を使用しましょう►UVケア用の商品を使用し、必ずアウトバストリートメントをつけましょう。
►根元付近の生えてきたばかりの髪にアウトバスは使用しにくいため、育毛剤でケアするとよいです。
 育毛剤は、紫外線による活性酸素の抑制効果があるものを使用しましょう。
<紫外線を浴びる前後に>抗炎症効果の高い商品を使用しましょう►炎症を抑える成分が配合されているケア商品を使用しましょう。
 頭皮トラブルがあり、アウトバス塗布ができない場合、「ダメージケア」「UVケア」用のシャンプー、トリートメント(コンディショナー)でケアしましょう。
<紫外線を浴びた後に>頭皮と髪を保湿しましょう►育毛剤・頭皮用ローションを頭皮全体にたっぷり塗布しましょう。
 マイナチュレ育毛剤の場合は、推奨量以上の塗布をおすすめします。
 推奨量以上:8~10ライン、2重に塗布してみましょう。
►頭皮用のトリートメント(コンディショナー)やシャンプーでケアしましょう。
 マイナチュレのトリートメントは頭皮に塗布して10分放置するとよいです。
日々の対策►可能ならば、外出は朝夕の涼しい時間帯がおすすめです。
►帽子や日傘を活用したり、日陰を選んで歩きましょう。
 帽子の着用で、紫外線の照射率が20%減少すると言われています。

美容院

美容院での重点ケアも行いましょう自分のケアでは対応しきれない場合は、美容院でのケアも良いでしょう。

【ケア用品】が合っていないことが原因もともと乾燥している髪質である、年齢の変化による水分…

もともと乾燥している髪質である、年齢の変化による水分減少、髪のダメージによる水分不足などの原因が考えられます。ケア用品を見直すことで、必要な水分を補充しましょう。

ケア商品を見直しましょう表面的な水分補給では足りないため、保湿効果が高いトリートメントやアウトバストリートメントを使用しましょう。「毛髪補修効果」「保湿成分」が高いものを選び、「マット仕上げ」タイプの商品は避けましょう。洗髪後、何もつけない状態は避け、髪をダメージから守りましょう。シャンプーは脱脂力、洗浄力の強いものは避けましょう。

ドライヤーやブラシも見直しましょう

ドライヤーやブラシも見直しましょう►ドライヤー:「ナノイオン」「赤外線」「低温」などのように髪のダメージ負担を考えたものを使用しましょう。
►ブラシ:「静電気が起きにくい素材」「目が細かいもの」を選びましょう。

【薬剤】が原因パーマやカラーの薬剤により髪がダメ…

パーマやカラーの薬剤により髪がダメージを受けると、髪の広がりに繋がってしまいます。

パーマやカラーは髪に負担を与えやすく、「パサつき」の原因になってしまいます美容院で染める場合には、美容師さんに相談し、髪のダメージが少なくなる施術をお願いしてみましょう。
ご自宅で染める場合は、カラートリートメント・カラーマニュキュアなど化学反応を起こさない薬剤で染めましょう。

【髪の乾かし方】が原因オーバードライ(乾かしすぎ)してしま…

オーバードライ(乾かしすぎ)してしまうと、くせ毛やうねりがある場合、パサついて見えやすくなってしまいます。

3分以内に乾かしスタートお風呂から出て3分以内に乾かしスタートしましょう。
タオルドライで髪の水分をしっかりとったあと、オイルタイプのアウトバストリートメントを使用しましょう。その後、ドライヤーを使って根元から乾かしましょう。
仕上げに冷風を全体にあて熱を飛ばすことで形をキープしやすくなります。

アウトバストリートメントは、まとまる、仕上がり感が重いものがおすすめです。
使用するドライヤーは「ナノイオン」「赤外線」「低温」などのように髪へのダメージ負担が考えられている商品を選びましょう。

2.髪がうねる(クセが強い)方
※ツヤがない、広がる(まとまらない)、絡みやすい方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。

2.髪がうねる(クセが強い)方
※ツヤがない、広がる(まとまらない)、絡みやすい方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。

【髪の乾かし方】が原因オーバードライ(乾かしすぎ)してしま…

オーバードライ(乾かしすぎ)してしまうと、くせ毛やうねりがある場合、パサついて見えやすくなってしまいます。

3分以内に乾かしスタートお風呂から出て3分以内に乾かしスタートしましょう。
タオルドライで髪の水分をしっかりとったあと、オイルタイプのアウトバストリートメントを使用しましょう。その後、ドライヤーを使って根元から乾かしましょう。
仕上げに冷風を全体にあて熱を飛ばすことで形をキープしやすくなります。

アウトバストリートメントは、まとまる、仕上がり感が重いものがおすすめです。
使用するドライヤーは「ナノイオン」「赤外線」「低温」などのように髪へのダメージ負担が考えられている商品を選びましょう。

【紫外線】が原因紫外線により生じた活性酸素が髪のキ…

紫外線により生じた活性酸素が髪のキューティクルに大きなダメージを与えてしまいます。

紫外線

<紫外線を浴びる前に>UVケア用のケア商品を使用しましょう►UVケア用の商品を使用し、必ずアウトバストリートメントをつけましょう。
►根元付近の生えてきたばかりの髪にアウトバスは使用しにくいため、育毛剤でケアするとよいです。
 育毛剤は、紫外線による活性酸素の抑制効果があるものを使用しましょう。
<紫外線を浴びる前後に>抗炎症効果の高い商品を使用しましょう►炎症を抑える成分が配合されているケア商品を使用しましょう。
 頭皮トラブルがあり、アウトバス塗布ができない場合、「ダメージケア」「UVケア」用のシャンプー、トリートメント(コンディショナー)でケアしましょう。
<紫外線を浴びた後に>頭皮と髪を保湿しましょう►育毛剤・頭皮用ローションを頭皮全体にたっぷり塗布しましょう。
 マイナチュレ育毛剤の場合は、推奨量以上の塗布をおすすめします。
 推奨量以上:8~10ライン、2重に塗布してみましょう。
►頭皮用のトリートメント(コンディショナー)やシャンプーでケアしましょう。
 マイナチュレのトリートメントは頭皮に塗布して10分放置するとよいです。
日々の対策►可能ならば、外出は朝夕の涼しい時間帯がおすすめです。
►帽子や日傘を活用したり、日陰を選んで歩きましょう。
 帽子の着用で、紫外線の照射率が20%減少すると言われています。

美容院

美容院での重点ケアも行いましょう自分のケアでは対応しきれない場合は、美容院でのケアも良いでしょう。

【湿気】が原因加齢やストレスによってダメージを受…

加齢やストレスによってダメージを受けると、髪内部に溜まるべき水分バランスが崩れ、うねりなどのヘアトラブルの原因になります。

室内を除湿しましょう換気扇も活用し、室内の風通しを良くして対策しましょう。
最適な湿度は55~65%と言われています。
すぐに乾かせる場合は乾かしましょう環境によりますが、すぐに乾かせる場合は乾かすことも効果的です。流さないタイプのケア商品を使いましょうスタイリング剤・育毛剤やアウトバストリートメントなどの洗い流さないタイプのケア商品を使用し、汗で髪型が崩れるのを事前に予防しましょう。
湿気対策用のケア用品の使用も良いでしょう。

【ケア用品】が合っていないことが原因うねる場合は、年齢の変化によって、髪の形状が楕円形…

うねる場合は、年齢の変化によって、髪の形状が楕円形になり、ねじれてしまうケースもあります。
ケア用品を使用することで、髪を柔らかくしまとまりを作り、うねりなどをカバーすることができます。

ケア商品を見直しましょう「アウトバス」「育毛剤」など洗い流さないタイプのケア商品や、トリートメント(コンディショナー)を見直しましょう。
「まとまり用」「くせ毛用」のケア商品はツヤが出やすいです。「毛髪補修効果」「保湿成分」が高いものを選び、「マット仕上げ」タイプの商品は避けましょう。
洗髪後、何もつけない状態は避け、髪をダメージから守りましょう。
シャンプーは脱脂力、洗浄力の強いものは避けましょう。
ドライヤーやブラシも見直しましょう►ドライヤー:「ナノイオン」「赤外線」「低温」などのように髪のダメージ負担を考えたものを使用しましょう。
►ブラシ:「静電気が起きにくい素材」「目が細かいもの」を選びましょう。

【トリートメント(コンディショナー)方法】が原因うねりの原因は髪内部にできた密度の…


うねりの原因は髪内部にできた密度のムラです。
健康的な髪はケラチン(たんぱく質)が約9割を占めており、水分や脂質などとのバランスがきれいに保たれることで維持できますが、成分が減少していくとうねりが現れてしまうため、正しいトリートメント(コンディショナー)方法で補充してあげましょう。

<さらに行うとおすすめのケア方法>
►塗布は推奨時間を守りましょう。
►トリートメント(コンディショナー)塗布後、蒸しタオルやシャワーキャップなどで密閉しましょう。
►マイナチュレのトリートメントの場合、週に1回、頭皮につけてマッサージしましょう。
►トリートメント(コンディショナー)塗布後、両手でタッピングすると浸透促進されます。
►すすぐ際は、お湯をためて、毛先からなじませるようにタッピングしてからすすぐとより効果的です。

3.髪のダメージがある方
※ツヤがない、広がる(まとまらない)、絡みやすい方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。

3.髪のダメージがある方
※ツヤがない、広がる(まとまらない)、絡みやすい方の場合、効果は本来持っている髪質までとなります。

【乾燥】が原因空気が乾燥すると髪の毛の水分量が減…

空気が乾燥すると髪の毛の水分量が減り、パサついた状態になってしまいます。
特にダメージ髪の場合、乾燥が進んでしまいます。

頭皮を保湿しましょう►育毛剤を頭皮全体にたっぷり塗布しましょう。マイナチュレ育毛剤の場合は、推奨量以上の塗布をおすすめします。
 推奨量以上:8~10ライン、2重に塗布してみましょう。
 ※頭皮トラブルがあり、育毛剤の塗布ができない場合は、頭皮用や敏感肌向けのシャンプーやトリートメント(コンディショナー)でケアしましょう。
►頭皮用のシャンプーやトリートメント(コンディショナー)の使用も有効的です。
 マイナチュレのトリートメントは頭皮に塗布して10分放置するとよいです。
室内を加湿しましょう►室内は加湿器や水の入ったコップを置く、ミスト等で水分を吹きかけるなどの方法で、湿度50%を下回らないように加湿しましょう。

美容院

美容院での重点ケアも行いましょう自分のケアでは対応しきれない場合は、「ヘッドスパ」などの重点ケアも同時に行うと良いでしょう。ケア用品を見直しましょう►洗髪後はアウトバストリートメント、もしくは育毛剤など洗い流さないタイプの商品を使用しましょう。
►トリートメント(コンディショナー)、シャンプー、ドライヤーなど普段使っているものが、あなたの髪質と合っていない可能性があります。特にシャンプーは脱脂力・洗浄力の強いタイプを避けましょう。

【薬剤】が原因パーマやカラーを行っている方は、薬…

パーマやカラーを行っている方は、薬剤による髪のダメージも考えられます。

パーマやカラーは髪に負担を与えやすく、「パサつき」の原因になってしまいます美容院で染める場合には、美容師さんに相談し、髪のダメージが少なくなる施術をお願いしてみましょう。
ご自宅で染める場合は、カラートリートメント・カラーマニュキュアなど化学反応を起こさない薬剤で染めましょう。

【ケア用品】が合っていないことが原因髪質に合った商品を正しく使用していないと、髪…

髪質に合った商品を正しく使用していないと、髪への負担となってしまう可能性があります。

ケア商品を見直しましょう「アウトバス」「育毛剤」など洗い流さないタイプのケア商品や、トリートメント(コンディショナー)を見直しましょう。
「まとまり用」「くせ毛用」のケア商品はツヤが出やすいです。「毛髪補修効果」「保湿成分」が高いものを選び、「マット仕上げ」タイプの商品は避けましょう。
洗髪後、何もつけない状態は避け、髪をダメージから守りましょう。


シャンプーは脱脂力、洗浄力の強いものは避けましょう。
ドライヤーやブラシなどのケア商品も見直しましょう►ドライヤー:「ナノイオン」「赤外線」「低温」などのように髪のダメージ負担を考えたものを使用しましょう。
►ブラシ:「静電気が起きにくい素材」「目が細かいもの」を選びましょう。
►ケア商品は、使用用途通り使用し、メンテナンスを定期的に行いましょう。

【トリートメント(コンディショナー)方法】が原因トリートメント(コンディショナー)の効果を最大限に活…

トリートメント(コンディショナー)の効果を最大限に活かせるよう、正しい方法で行いましょう。

図

セルフケアをしっかり行っていないと、美容院での集中ケアでも良い状態になりづらくなってしまいます。


<さらに行うとおすすめのケア方法>►塗布は推奨時間を守りましょう。
►トリートメント(コンディショナー)塗布後、蒸しタオルやシャワーキャップなどで密閉しましょう。
►マイナチュレのトリートメントの場合、週に1回、頭皮につけてマッサージしましょう。
►トリートメント(コンディショナー)塗布後、両手でタッピングすると浸透促進されます。
►すすぐ際は、お湯をためて、毛先からなじませるようにタッピングしてからすすぐとより効果的です。

【紫外線】が原因紫外線により生じた活性酸素が髪のキ…

紫外線により生じた活性酸素が髪のキューティクルに大きなダメージを与えてしまいます。

紫外線

<紫外線を浴びる前に>UVケア用のケア商品を使用しましょう►UVケア用の商品を使用し、必ずアウトバストリートメントをつけましょう。
►根元付近の生えてきたばかりの髪にアウトバスは使用しにくいため、育毛剤でケアするとよいです。
 育毛剤は、紫外線による活性酸素の抑制効果があるものを使用しましょう。
<紫外線を浴びる前後に>抗炎症効果の高い商品を使用しましょう►炎症を抑える成分が配合されているケア商品を使用しましょう。
 頭皮トラブルがあり、アウトバス塗布ができない場合、「ダメージケア」「UVケア」用のシャンプー、トリートメント(コンディショナー)でケアしましょう。
<紫外線を浴びた後に>頭皮と髪を保湿しましょう►育毛剤・頭皮用ローションを頭皮全体にたっぷり塗布しましょう。
 マイナチュレ育毛剤の場合は、推奨量以上の塗布をおすすめします。
 推奨量以上:8~10ライン、2重に塗布してみましょう。
►頭皮用のトリートメント(コンディショナー)やシャンプーでケアしましょう。
 マイナチュレのトリートメントは頭皮に塗布して10分放置するとよいです。
日々の対策►可能ならば、外出は朝夕の涼しい時間帯がおすすめです。
►帽子や日傘を活用したり、日陰を選んで歩きましょう。
 帽子の着用で、紫外線の照射率が20%減少すると言われています。

美容院

美容院での重点ケアも行いましょう自分のケアでは対応しきれない場合は、美容院でのケアも良いでしょう。

ヘアケア相談窓口ヘアケア相談窓口