女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2015.03.20   更新日:2016.04.17

料理で予防!女性の薄毛対策

料理で予防!女性の薄毛対策

薄毛の悩みというと、昔は、男性の印象が強かったのですが、最近では女性用の薄毛対策のCMが流れたり、雑誌に特集されたりと女性にとっても重大な悩みとなってきました。

そんな薄毛対策は、普段の生活の中の食事でも予防ができます。なぜ、薄毛に食事が関係しているのか?と思われるかもしれませんが、料理に使う材料次第で薄毛対策ができるのです。

薄毛の原因

薄毛の原因には、ストレスや睡眠不足、頭皮のケアによるもの(カラーやパーマの繰り返し)、そして食事や生活習慣と言われています。今回は、普段でも予防できる薄毛対策に良い料理や食材・悪い料理についてお話しします。

薄毛になりやすい料理

薄毛になりやすい料理は、塩分が効いているものや動物性脂肪の含まれた脂っこい料理といった、いわゆる健康にも良くない料理です。

塩分が効いている料理は、肝機能の低下に繋がり血流が悪くなります。高血圧や腎臓の機能低下にも影響し頭皮の血液も不足しやすくなります。

そして、動物性脂肪の含まれた脂っこい料理は、頭皮から皮脂を分泌させ毛穴を詰まらせる原因となります。頭皮環境のためだけでなく、体のことも考えると自然と予防に繋がります。

薄毛を防ぐには

髪の主成分は、タンパク質から作られています。薄毛対策には、常にタンパク質の摂取は不可欠です。タンパク質だけを集中的に摂取するというよりもバランスの取れた食事で髪だけでなく、頭皮や毛穴から元気にするように心掛けましょう。

薄毛対策に効く栄養素と料理

薄毛対策に是非取り入れて欲しいのがもちろん「タンパク質」、そして「海藻類」「ビタミンE・B群」「亜鉛」です。種類だけで聞くと想像がつきにくいので、簡単に栄養素の働きと含まれている食べ物を使った料理をご紹介します。

タンパク質

髪の毛の基本のケラチンという質の良いアミノ酸が含まれているのが「タンパク質」です。タンパク質には動物性と植物性がありますが、コレステロール値を考えると大豆などの植物性のタンパク質がオススメです。

豆腐を使ってお味噌汁や朝ごはんに納豆でも簡単な料理で摂取できます。ただし、アレルギーのある方は、青魚でも摂ることができる栄養素ですので焼き魚や煮物料理でも摂ることができます。

海藻類

海藻類はその名の通り、昆布やひじきなどの海藻です。新陳代謝を促してくれるヨードという、体に大切なミネラルが含まれています。こちらもひじきの煮物やところてんで摂ることができます。

ビタミンEとビタミンB群

ナッツ類や胡麻に含まれているビタミンEは抗酸化作用があり、血行を良くする働きがあります。ビタミンB群には青魚や緑黄色野菜など、体の細胞の代謝を促進させエネルギーを供給する働きをします。

バナナやレバー、大豆類、青魚、玉子、緑黄色野菜に多く含まれており料理にも使いやすい食材です。

亜鉛

髪の主成分のケラチンを含むタンパク質の合成を促し免疫力も高める必須ミネラルです。牡蠣や豚レバーなどに含まれていますが、なかなか食べる機会のない方には、チーズやアーモンドといった、おやつとして食べやすい物もあります。

ただし、極端にこの料理は食べてはいけない。などと我慢がストレスの原因になるのも良くありません。

薄毛になりやすいからこの料理は食べないというよりは、量を減らしたり、薄毛に良い料理を多めに摂ることでバランスを取り、負荷のない薄毛対策をするといいでしょう。

薄毛対策を始めたら

常に頭皮を清潔にし、健康な毛穴と頭皮を保ちましょう。マイナチュレのヘアケアシリーズは、敏感肌・乾燥肌の方にもご好評の化学成分無添加。香りもほのかなシトラス(柑橘系)ハーブでリラックス。

効果も洗浄効果に加え頭皮環境を整える保湿、ハリ、ツヤ、コシも与えます。毎日の薄毛予防料理と共にマイナチュレのリラックスヘアケアで快適な頭皮環境を手に入れませんか?

バナー