女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2015.04.30   更新日:2017.09.13

ストレスによる抜け毛が気になるあなた! ストレス脱毛から髪を守る5つの基本技

名称未設定-1

 

昔から「5月病」という言葉があるように、5月はストレスを感じる方が急増します。

 

溜まったストレスは身体だけでなく、円形脱毛症や薄毛など髪の毛にも大きな影響を及ぼします。

 

しかもある日突然「あれっ?はげている?」と気付くのがストレスによる脱毛症の特徴です。

 

男性よりも女性の方がストレスを受けやすいので、「私は大丈夫かしら」とちょっと不安になりますよね。

 

そこで今回は、「ストレス脱毛」の原因と対策についてお話させていただきます。

 

ストレスの『チェックテスト』もご紹介します!

 

 

ストレスでなぜ抜け毛が増えるの?
ご自分のストレス度をチェックしよう

 

・ストレスで抜け毛が増えるのはなぜ?

 

ストレスによる抜け毛が起こる流れは、次のようになります。

 

①ストレスにより、自律神経のバランスが乱れる

②血管が収縮し、血流が悪くなる

③さらにホルモンバランスが乱れる

④頭皮や髪の毛に栄養が運ばれなくなる

⑤髪がやせ細り、抜け毛につながる

 

 

最近は、女性の社会進出が増え、男性と肩を並べてバリバリと仕事をする女性たちには、男性ホルモンの割合が増えています。

 

また家庭に入っても、出産や育児、日々の家事などによって自律神経のバランスが崩れyすくなります。

 

このように、女性たちはあらゆる場面でストレスの影響を受けているのです。

 

 

・ご自分のストレス度をチェックしよう

 

女性の場合、知らず知らずのうちにストレスを溜めこんでいる場合が多く、なかなか気が付きにくいものです。

 

まずは下記で簡単なストレスチェックをしてみましょう。

 

<ストレスチェック>

□眠れない。あるいは夜中に何度も目を覚ます。

□最近、頭痛、下痢、胸がどきどきすることが多い。

□他人の行動にイライラすることが多い。

□集中できず、考えがまとまらない。

□疲れやすい、だるい。

□家族や友人から神経質だと言われる。

□過食、あるいは拒食だ。

□面倒くさくて何もする気が起こらない。

 

いかがでしょうか?

ここにあげた8項目は、ストレスを受けたときに心や身体に現われる顕著な例です。

 

1つでもあてはまった場合は、ストレスが溜まってきているので要注意です。

 

そして2つ以上当てはまっている場合は、頭皮や髪の毛への影響も出始めている可能性があります。

 

3つのストレス性の脱毛症

 

1、円形脱毛症

 

その名の通り、10円玉くらいの大きさに、円形に髪の毛が抜けてしまいます。

 

自分では気が付きにくく、美容師さんに指摘され、始めて気が付くことも多くあります。

 

円形脱毛症も次の3つに分類することができます。

 

・単発型

1,2か所、円形に脱毛します。

数ヵ月で健康な髪の毛が生え、自然に治る場合もあります

 

・全頭型

円の範囲が大きく広がっていきます

 

・多発型

円形脱毛の箇所が増えていきます

 

 

いずれの場合も、進行していくようなら専門医の治療が必要です。

 

 

2、女性男性型脱毛症(FAGA)

 

女性ホルモンの分泌量が減少することで起こりやすくなります。

40代以降の女性に起こりやすく、主に加齢による症状です。

 

加齢にストレスが加わることで、髪の毛が細くなり、頭全体から抜け毛が始まり、薄毛が進行していきます。

 

最近は、「ストレス」「ダイエット」「食生活の乱れ」などから、20代の女性にも発症するケースが増えています。

 

しかも男性型脱毛症のように、髪の生え際や頭頂部から薄毛が広がります。

 

「頭頂部からはげるのは男性」という、これまでの定説が覆され、頭頂部が薄い女性たちが増えているのです。

 

▼コチラも、ぜひ一緒にご覧ください。

https://www.my-nature.jp/content/cause/16980

3、抜毛症

 

10代、20代の女性に多く見られ、自分で自分の髪の毛を抜いてしまいます。

 

これも心身に大きなストレスが関係していることは間違いないと言われています。

 

自分で髪の毛を抜いてしまうことで、頭皮が炎症を起こすことがあり、皮膚科の診断が必要になることもあります。

 

ひどい場合には、無意識のうちに抜いた自分の髪の毛を食べてしまうというケースもあります。

 

髪の毛は、胃の中で消化されにくく、食べた分だけ溜まっていくので、手術が必要になったケースもあります。

 

 

ストレス性の脱毛から髪の毛を守る!
5つのポイント

 

ここではストレス解消と脱毛を予防し、ヘアケアにもおすすめの5つの方法をご紹介します。

 

 

1、運動でストレスを発散

 

健康な人ほど物事を軽く受け止めることができ、不健康な時よりも

ストレスに対して耐性があります。

 

ウォーキングやジョギング、ヨガ、水泳、アウトドアスポーツなどで体力UPしましょう。

 

 

2、睡眠不足を解消し、規則正しい生活を送る

 

睡眠は、規則正しい生活のベースです。

睡眠は自律神経を正常にし、心と体のリズムを整えるための大切な時間です。

 

髪の毛が成長するのも、肌が再生するのも、夜22時~深夜2時と言われています。

この時間帯に合わせて睡眠をとるようにしましょう。

 

▼良質な睡眠について、もっと知りたい方はコチラをご覧下さい。
https://www.my-nature.jp/content/care/4136

3、食事で脳の働きを活発にする

 

ストレスに負けないためには、脳の働きも活発にしましょう。

 

そのためには、ビタミン・亜鉛・鉄分などの「ミネラル」を十分に摂ることが大切です。

 

卵、大豆、レバー、青魚、うなぎなどは脳の働きにも、髪にとっても有効です。

 

ダイエット中の方は、雑穀米や豆乳プリンなどがおすすめです。

 

▼コチラも、ぜひ一緒にご覧ください。
https://www.my-nature.jp/content/care/17422

4、髪と頭皮を清潔に保つ

 

髪の毛が抜けるからといって、シャンプーの回数を減らすのは逆効果です。

 

シャンプーは、頭皮や髪に負担をかけない「アミノ酸系」を選びましょう。

 

抜け毛が気になるときは、シャンプー後に育毛剤を使った頭皮マッサージがおすすめです。

 

頭皮マッサージをすることで、ストレスによる頭皮の血行の悪さも改善されます。

 

すると、頭皮と髪にも栄養が運ばれ、健康な髪の毛が生えるようになります。

 

 

5、寝る直前にテレビ、パソコン、スマホを見ない

 

パソコンやスマホ、テレビなどから発せられるブルーライトは波長の短い光で、朝日の波長と似ています。

 

ブルーライトを眠る前に浴びると、体をリラックス状態に導く副交感神経が優位にならず、いつまでも興奮状態が続き、快眠できなくなります。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

 

いかがでしたか?

 

 

生きている以上、ストレスを避けることはできません。

だからこそ、ストレスをため込まないように上手に発散しなければいけません。

 

今度のお休みにはどこか、好きな場所に出かけて、思いっきり楽しんでみませんか?

 

ストレス性の脱毛は、ストレスが軽減すると、きっとまた健康な髪の毛が生えてきますよ!

 

▼マイナチュレ~ここから変わる~
https://my-nature.jp/products/scalpcare.php

育毛剤バナー