女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2015.05.19   更新日:2017.09.19

睡眠にはアロマの力!ストレスフリーで夜もぐっすり!

名称未設定-3

日本では5人に1人が睡眠のことで悩んでいます。

「ストレスや体調不良で夜によく眠れない」というのです。

睡眠は健康の源であり、頭皮や髪にとっても大切なポイントです。

そこで今回は、アロマを使って快適に睡眠をとる方法をご紹介します。

医療にも採用!アロマで睡眠を改善!

アロマを使った療法、通称アロマテラピーは、植物の香りが人間が本来持っている自然治癒力を引き出してくれます。

この効果が医療分野でも注目を集めています。

 

皮膚炎の改善、鼻炎、肩こり、更年期障害の緩和などいろんな効果が期待できます。

睡眠を改善してくれる効果があるアロマもあります。

 

では睡眠を改善してくれるアロマの香りをご紹介します。

 

・ラベンダー

睡眠に効果に加え、自律神経のバランスも整えます。

また ※抗炎症作用 や 鎮痛作用 があるため、心も身体もリラックスできます。

※抗炎症作用とは、その名の通り、炎症を抑える作用です。

 

・オレンジ・スイート

甘酸っぱい柑橘系の香りです。

リモネンという成分が血管を拡張させ、血行促進の作用があります。

 

ほのかに甘く、さわやかな香りがするので、リラックス効果も期待できます。

 

・カモミール

青リンゴのようなさわやかな香りです。

不安や緊張、感情の高ぶりを緩和させる作用があります。

 

ストレスを和らげ、リラックス効果も期待できます。

 

・ネロリ

柑橘系のさわやかさと、フローラル系の甘さを兼ね備えた香りです。

交感神経系を鎮静させてくれます。

 

この作用により不安症や抗うつ症による睡眠障害に効果があります。

 

・サンダルウッド

日本では白檀のお香として親しまれ、ウッディーな清々しい香りです。

呼吸器の消炎作用に加え、深いリラックス効果が期待できます。

 

この他にも、睡眠をサポートしてくれるアロマには下記のようなものがあります。

イランイラン、ティーツリー、ローズホワイト、ローズオットー、マンダリン、シスタス、プチグレン、ベルガモット、レモンバーム、スパイクナード、マジョラム、ラバンサラ etc

数種類のアロマをブレンドして「安眠用」として販売もしていますので、それを利用するのもいいですね。

 

アロマで大切なのは、好きな香りに包まれることです。

睡眠に効果があるからと言って、あえて苦手な香りを選ぶと逆効果です。好きな香りに包まれているうちに、心と身体がリラックスしてきます。

お気に入りのアロマを見つけてぐっすり睡眠しましょう!

 

心地よい睡眠の基本!アロマと鼻呼吸

好みのアロマを枕元に置くだけで、快適な睡眠が期待できますが、それでも物足りない時には、下記の3つの方法もお試しください。

 

1、お部屋が“癒し”に満たされるアロマスプレー

スプレー容器に精製水を100mlほど入れ、その中にアロマオイルを数滴加え、よく振ります。

ルームフレグランスのように、部屋の中に吹きかけたり、枕元にひと吹きしてみて下さい。

 

2、道具不要の安全なアロマ浴

キャンドルやディフューザーなどで香りを楽しむのが一般的ですが、道具は必要ありません。

沸騰したお湯をマグカップや洗面器に入れ、その中に数滴のアロマオイルを入れて下さい。

 

3、就寝前のバスタイムもいい香りでリラックス

アロマオイルやハチミツ、日本酒、自然塩にアロマオイルを混ぜ、お湯に加えてみてください。お肌にやさしいアロマバスになります。

 

アロマオイルは油溶性なので、バスタブにそのまま入れても水には溶けず、お肌に刺激になってしまうことがあります。

 

そしてアロマのいい香りに包まれたら、大きく鼻から息を吸って、長く吐くようにしてください。

この呼吸法でアロマの心地よい香りを感じ、安らかな睡眠をサポートしてくれます。

 

いかがでしたか?

これから夏にかけ、暑くてなかなか寝付けないこともあるかと思います。

そんな時は、アロマのいい香りに包まれて、快適に睡眠をとりましょう。