女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2013.06.14

髪を守る紫外線対策!髪のダメージはこうして防ぐ!

肌の露出も増え、太陽から降り注ぐ紫外線が気になる季節になりました。
紫外線は顔や肌だけでなく、髪や頭皮にもダメージを与えてしまいます。

うまく紫外線対策をしないと、夏が終わる頃には髪がダメージを受けてボロボロ…。
なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、夏に向け、紫外線が与える「髪へのダメージ」と「髪を守る紫外線対策」をご紹介します。
 

紫外線が与える髪へのダメージ

 

髪や頭皮の日焼け

紫外線を長く浴びると、肌と同じように髪や頭皮も日焼けしてしまいます。

頭皮の日焼けは、ただ色が濃くなるだけではありません。

炎症を起こしたり、毛母細胞がダメージを受け、抜け毛や薄毛の原因になります。

 

髪のぱさつき

紫外線を長く浴びると、髪の表面を覆っている“キューティクル”が剥がれやすくなります。

キューティクルには、髪の水分を保持する役割があり、剥がれると髪の水分が乾燥してしまいます。

すると髪がぱさつき、枝毛や切れ毛の原因に。

壊れたキューティクルは再生されないので、紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

髪の色あせ

強い紫外線は、髪の色をも変色させてしまいます。

せっかく綺麗にカラーリングしたのに、髪色があせたり、色が落ちやすくなります。

太陽からの紫外線量は、1年で5月~8月にかけて最も多くなります。

実は5月くらいの時期でも、晴れた日は真夏と同じくらいの紫外線が降り注いでいます。

ちなみに一日うちで紫外線量が一番多いのは、10時~14時。

この時間帯の外出には紫外線対策を行い、髪へのダメージを防ぎましょう。

▼紫外線について、もっと知りたい方はコチラをご覧下さい。
「頭皮の日焼け」

髪の紫外線対策にはこれ!おすすめアイテムとケア方法

紫外線対策には

1、紫外線対策のためのアイテムの選び方

2、髪が受ける紫外線のケア

が大切です。

1、紫外線対策のためのアイテムの選び方

・日傘選びのポイント

「UVカット加工」「ポリエステル素材」「黒色」のものを選んでください。

基本はUVカット加工のしてあるものを選びます。

素材は綿よりポリエステル素材の方がUVカット率が高いです。

色は白より黒の方が紫外線透過率がとても低いのでおすすめです。

・帽子選びのポイント

基本は日傘と同じく、「UVカット加工」「ポリエステル素材」「黒色」のものを選んでください。

さらにうなじ等の日焼けも気になる方は、つばの広い帽子にしましょう。
帽子は長時間被ると、頭皮が蒸れ、紫外線以外のダメージを受けてしまうので、時々ははずしてください。

2、髪が受ける紫外線のケア

外出時にどんなに気をつけても、100%紫外線対策をすることは難しいと思います。
そこで、髪が受ける紫外線からのダメージのケア方法をご紹介します。

・外出前の水分補給

UVカット用のヘアスプレーやトリートメントがおすすめです。

紫外線は髪の水分を奪ってしまう原因です。枝毛や切れ毛を防ぐためにも、外出前にケアするのも一つの方法です。
紫外線のダメージを受けた髪は、元の状態に戻すことが難しいので、出来るだけ外出前のケアを行いましょう。

・外出後のヘアケア

5月から8月は新陳代謝も活発になり、頭皮の毛穴が開きやすくなっています。
毛穴の開いた頭皮は、シャンプーやトリートメントが頭皮に浸透しやすいので、安心できる成分でヘアケアすることが大切です。

おすすめは「マイナチュレ シャンプー」と「マイナチュレ コンディショナー」。

シャンプーはアミノ酸系・天然由来29成分が配合されているので、髪や頭皮のケアには最適です。
▼マイナチュレシャンプー
https://my-nature.jp/products/shampoo.php

 

コンディショナーは保湿力も高く、アミノ酸系・天然由来の18成分が配合されています。

▼マイナチュレサプリメント
https://my-nature.jp/products/supple.php

 

紫外線の髪のダメージ対策には、髪の水分補給が一番大切です。

シャンプーで頭皮をいたわりながらケアし、コンディショナーで保湿力を高め、「潤い」と「栄養」をしっかり補給しましょう。

——————————–

いかがでしたか?

髪や頭皮の紫外線対策をすることは、今や女性の常識です。

肌と違い、髪や頭皮のダメージに関してはまだまだ見落としがち。

紫外線対策は早めに始めれば、周りの女性とも差をつけることができますよ!

そして受けてしまった紫外線のダメージは、髪をいたわりながら、優しくケアしましょう!

コンディショナーバナー