女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2014.01.17   更新日:2017.04.11

食生活を見直して薄毛を予防・改善しよう!

食生活を見直して薄毛を予防・改善しよう!

薄毛の改善は、育毛剤だけでは不十分。食生活を改善してこそ、効果的な育毛ケアができるのです。健康的な体と髪の毛を守りたい方は、これを機に自分の食生活を見直してみましょう。

目次


薄毛対策には食生活が大切

食生活をおろそかにしていると、効果的な薄毛対策はできません。脂っこい食事を避けタンパクやビタミン、亜鉛などをバランスよく摂取しましょう。

緑黄色野菜には、ビタミンがたっぷり含まれているのでオススメ。活性酸素を除去する働きもあり、生活習慣病や老化の対策にもなります。

髪の主成分であるタンパク質も、積極的に摂取すると効果的な薄毛対策に。お肉から動物性タンパク質を摂取する方法もありますが、オススメは大豆から植物性タンパク質をとることです。油の摂りすぎの心配をすることもないので、安心して毎日食べることができます。

▼関連記事
https://www.my-nature.jp/content/care/798

注意したい食事

注意したい食事は、インスタント食品。インスタント食品は脂をたくさん含んでおり、頭皮が皮脂を過剰分泌する原因になります。皮脂が毛穴につまると、髪の毛の成長を阻害したり、抜け毛につながるので注意が必要です。

アルコールの摂りすぎも避けましょう。適量ならば問題ないのですが、飲みすぎると血管が収縮し血行が悪くなってしまいます。頭皮の血行も悪化するので、髪の毛には悪影響です。

「食事バランスガイド(厚生労働省)」をご紹介

厚生労働省が紹介している「食事バランスガイド」を参考に、薄毛予防に有効な食生活を心がけましょう。食事バランスガイドでは料理ごとにこぶし「1つ」「1.5つ」「2つ」と数え、mg単位の複雑な計算をする必要がありません。

主食(パン・ごはん・麺) 食事バランスガイド推奨量:5~7つ

1つ分(1SV)=ご飯小盛り、おにぎり1個、食パン1枚、ロールパン2個
1.5つ分(1.5SV)=ご飯中盛り
2つ分(2SV)=うどん1杯、盛り蕎麦1杯、スパゲティー

主菜(肉、魚、卵、大豆など) 食事バランスガイド推奨量:3~5つ

1つ分=冷奴、納豆、目玉焼き
2つ分=焼き魚、魚の天ぷら、刺身
3つ分=ハンバーグ、豚肉のショウガ焼き、鶏のカラアゲ

髪の毛は、必須アミノ酸18種類から構成される「ケラチン」というタンパク質から作られています。

お肉から摂取するのもよいのですが、豆腐をはじめとする大豆食品や青魚を食べるのがオススメ。脂質を気にする必要がありませんし、青魚はビタミン類も豊富です。

副菜(野菜、キノコ、芋、海藻類) 食事バランスガイド推奨量:5~6つ

1つ分=野菜サラダ、酢の物、味噌汁、おひたし、ひじき、煮豆 など
2つ分=野菜の煮物、野菜炒め、芋の煮物

野菜にはビタミンはもちろんのこと、食物繊維もたっぷり。血糖値の上昇をおさえ、老化を促進させるAGEという物質の生成を防いでくれます。

牛乳・乳製品 食事バランスガイド推奨量:2つ

1つ分=牛乳コップ半分、チーズ1かけ、スライスチーズ1枚、ヨーグルト1パック(小)

果物 食事バランスガイド推奨量:2つ

1つ分=みかん1個、りんご半分、柿1個、桃1個

美味しくてついつい食べがちな果物ですが、糖質をたくさん含んでいるので食べすぎには注意です。

参考元:「食事バランスガイド(厚生労働省)」

薄毛の予防は食生活の改善から

食のバランスを見直し健康的な食生活を送ることは、そのまま効果的な薄毛ケアになります。健康的な体も手に入れられるので、まさに一石二鳥。今日からでも、食生活の改善に取り組みましょう。

マイナチュレの「無添加オールインワンサプリ」は頭皮・毛髪ケア成分だけでなく、美容と健康にも配慮した女性にやさしいサプリメント。無添加由来なので、体にも優しいのが嬉しいポイントです。

>> 薄毛・抜け毛に悩む女性におすすめのマイナチュレ「無添加オールインサプリ」はこちら

サプリバナー