女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2014.01.28   更新日:2017.09.28

体に合った寝具を選んで快眠♪頭皮と髪を健やかに保つ方法

睡眠と育毛ケアの関係性、みなさんご存知でしょうか?

今回は、質の高い睡眠をとるためのコツをご紹介したいと思います!正しい睡眠から育毛ケアにアプローチしましょう!

体に合った寝具を選んで快眠♪頭皮と髪を健やかに保つ方法

実は眠っている間は、長い時間同じ姿勢でいるため、一部分にのみ圧力や重力がかかり、血液の巡りが悪くなったり、発汗が抑制されてしまいます。寝返りは重力を分散させてくれたり、また蒸れた体に空気を送り込む不快感を取り除いてくれます。

「寝返り」が正しく行われていないと、血行を悪くしたり、新陳代謝を下げる、体の歪みが治せない……。などの障害から、頭皮の血行にも悪影響を及ぼします。

一晩に20~30回の寝返りをすると言われていますが、寝返りは多くても少なくてもいけません。

では、どうしたら寝返りを正しく行えるのでしょうか?睡眠中は、起きているときと異なり、脳の働きが休息状態になっています。なので、寝具の良し悪しが大きく影響します。

良質な睡眠から育毛ケアにアプローチするために、寝具の見直しもしてみましょう!

寝具から選びなおすとお金がかかって大変そう…と思われる方はぜひ下記のページをチェックして快適な睡眠を手に入れましょう!アロマの力は睡眠にも大いに期待できますよ。

>> 睡眠にはアロマの力!ストレスフリーで夜もぐっすり!

■やわらかすぎる布団は寝返りが少なくなる!

布団がやわらかすぎると、体が埋もれてしまい、寝返りに余分なエネルギーが必要になります。そのため、寝返りが少なくなる傾向になりがちです。そのため疲れ、肩こり、腰痛、頭痛などの原因になり、その結果、血液の巡りが悪くなり頭皮と髪への栄養も行き渡りにくい環境をつくってしまいます。

■硬すぎる布団は寝返りが多くなりすぎる!

逆に布団が固すぎると、全身にフィットせずに体重などの圧力が腰などの限られた部分に集中してしまいます。長時間同じ姿勢を続けられずに、寝返りの回数は多くなります。

そのため、硬すぎる寝具は全身の疲れ、だるさが残ります。また内臓や頭の重みで背中がまっすぐになり、首や腰の骨が圧迫される可能性もあります。

背骨には全身の神経が集中して通っているため、姿勢が悪いと各部分にも影響が出てくるといわれています。また、首のこりから頭皮と髪の血行不良にも……。

■正しい枕を選んで頭皮に栄養を!

寝具の中でも、一番重要といえるのが「枕選び」です。背骨につながっている頚椎の角度を補助する重要な役割をするのが「枕」です。高すぎる枕は気道が圧迫されて、いびきの原因になります。

逆に低すぎる枕は、頭部に血行が滞り不眠を招きます。枕の高さがあっていないと、首や肩などに負担がかかり、寝違えたり、顔がむくんだり、頭皮への栄養を妨げる原因に。

「でもどうしたら正しい枕の高さがわかるの?」とちょっと難しい気がしますよね。

正しい枕の高さを選ぶためには、立っている時と同じ首の位置を保持することが大切です。

立っている時の首の位置を確かめてから、横になって、同じ位置に首がくるように
丁度良い高さをチェックしてみましょう。また最近では、枕の専門店で測定も出来るので、こちらもオススメですよ。