女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-02-7710

2014.02.05

髪とストレス!育毛ケアとの関係とは

 

髪の健康にはストレスも大きく関係しています。

 

ストレスを感じると、

・抜け毛や薄毛

・髪が細くなる

・肌荒れ

など、髪や頭皮にも悪影響を及ぼします。

 

どんなに充実していても、仕事や子育て、友人関係など、生活する上でストレスを感じないことはありません。

そこで今回は、髪の健康を守るために「ストレスの正体」と「育毛ケアとの関係」についてお話します。

 

 

髪にも悪影響!ストレスの正体とは

 

髪にも悪影響をあたえるストレス。

実は私たちの身体は、心や身体を安定させるために「ホメオスタシス」という機能があります。

 

たとえば、寒いときは体温を維持するために、血管を収縮して熱を逃がさないようにしたり、暑いときは発汗して身体の表面温度を下げようとします。

 

また緊張したときに手に汗をかくのは、外敵から身を守ったり物をつかみやすくするためだと言われています。

 

このように

・環境の変化を察知して、一定の状態を保とうとする反応

・精神的な緊張から身体の変化をもとに戻そうとする反

・この反応を引き起こす刺激

を合わせてストレスと呼びます。

 

私たちが感じるストレスには、

・心地よいストレス

・不快なストレス

の2種類があります。

髪に悪影響を及ぼすのは、もちろん「不快なストレス」です。

 

「辛いな…」「いやだな…」「めんどくさい…」など、自分にとって不快に感じるものが、髪にとっても悪影響をあたえるストレスの正体なのです。

 

髪のためにはストレスと上手に付き合うこと

 

特に女性の場合は、不快なストレスは身体の弱い部分に反応が出やすく、

普段から髪のケアをしていない方は、抜け毛や薄毛の原因になります。

 

現代はストレスを全く感じないで生活することは難しいので、

「上手につきあっていくこと」が大切です。

 

ストレスと上手に付き合うためには、「自分の時間をしっかりもつ」こと。

 

・お風呂にゆっくり浸かり、疲れをいやす

・趣味の時間を持つ

・友人や家族とだんらんを楽しむ

・適度に運動して身体を動かす

など、ささいなことでストレスが軽減されます。

 

自分にとって心地よく、「いい刺激」になるものは、やる気を出させてくれたり、身体の抵抗力をも高めてくれるのです。

 

髪や頭皮のためにも自分の時間を大切にし、上手にストレスと付き合っていきましょう。

▼こちらの記事もどうぞ
https://www.my-nature.jp/content/care/11313

編集後記

いかがでしたか?

髪についての悩み、それ自体がストレスに感じることは多いかと思います。

自分の時間をしっかり確保して、リラックスする時間を作りましょう。

 

自分にとって心地よい「いい刺激」は身体や髪の抵抗力を高めてくれます。

ストレスと上手に付き合うことが髪のためにもなるのです。