女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2021.08.26   更新日:2021.08.26

女性の頭皮が臭い原因・NGな習慣は?嫌なにおいを改善する方法を解説!

女性の頭皮が臭い原因・NGな習慣は?嫌なにおいを改善する方法を解説!

頭皮のにおいには皮脂量が大きく関係しています。頭皮のにおいを引き起こしている原因としては、さまざまなことがあげられるため注意が必要です。

この記事では、頭皮のにおいが気になっている女性に向けて、頭皮が臭くなりやすい人の特徴や時間の傾向などを解説します。においを改善する方法についても解説するため、ぜひ参考にしてください。

頭皮が臭い女性の傾向は?気をつける時間帯はある?

頭皮が臭い女性にはどのような傾向があるのでしょうか。頭皮が臭くなりやすい人や時間帯などについて解説します。

頭皮のにおいには「皮脂量」が関係している

頭皮のにおいの原因は、皮脂量が大きな理由となっています。皮脂は皮膚を守るための重要なものであり、特に頭皮の皮脂量は多いといわれています。顔のTゾーンも皮脂量が多いといわれていますが、頭皮の皮脂量はTゾーンの約2倍です。

頭を洗ってから4時間程度が経過すれば、頭皮にはたくさんの皮脂がたまった状態になります。毛穴につまった皮脂をもとに雑菌が繁殖するため、皮脂量が多いとにおいが発生しやすくなります。

頭皮が臭くなりやすいのはどんな人?

すでに解説したとおり、頭皮の皮脂量が多い人は臭いにおいが発生しやすいです。皮脂量が多いと、毎日しっかりシャンプーで頭を洗っていてもにおいが出やすくなる可能性があります。

また、汗をたくさんかく人や生活習慣が乱れがちな人も、頭皮が臭くなりやすい傾向があります。くわしい原因については後述するため、そちらも参考にしてください。

においに注意したい時間帯は?

頭を洗ってから4~12時間程度が経過すると、皮脂が頭皮にたまった状態になります。においも発生しやすくなるため、この時間には注意が必要です。

また、美しい髪を保つためには、22時から翌日の2時頃は頭皮を清潔に保つ必要があります。この時間帯は毛母細胞が活発になるといわれているためです。

頭皮のにおいをチェックする方法

自分では気付いていなくても、頭皮から臭いにおいが発生している可能性もあります。自分自身の頭皮のにおいを確認したい場合は、簡単な方法でチェック可能です。

たとえば、普段使用している枕のにおいをかぐと、頭皮のにおいを確かめられます。頭皮に指を当ててこすり、においを確認する方法もあります。また、ドライヤーの風を後頭部から当て、頭皮からにおいがするかどうかチェックしてもいいでしょう。

頭皮が臭い原因・NGな生活習慣は?

頭皮が臭くなる原因や避けるべき生活習慣とは、どのようなものなのでしょうか。具体的に解説します。

皮脂・汚れ

すでに触れたとおり、皮脂や汚れがたまっていると雑菌が繁殖しやすく、においの原因になります。

加齢

年齢を重ねると、加齢臭が原因となって頭皮から臭いが発生する可能性が高いです。人の体は、若いうちはラクトンという特有の香りを発しています。頭皮から臭いにおいが発生していても、若いうちはラクトンによりにおいが軽減されているケースが多いです。しかし、ラクトンは30代に入ると減少するといわれており、頭皮のにおいをカバーしきれなくなります。

また、40代に入ると、加齢臭の原因として知られるノネナールが体内で増加します。その結果、頭皮からも加齢臭が発生しやすくなるでしょう。

皮膚の病気・トラブル

皮膚に病気やトラブルが発生している場合、それが原因となってにおいが出ているケースもあります。具体的な病気やトラブルについて解説します。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、皮脂にマラセチアとよばれるカビが繁殖する皮膚炎です。マラセチアが頭皮から出る皮脂を分解し、頭皮に炎症を起こします。皮脂が酸化しやすくなり、においの原因になります。薄毛や抜け毛の原因にもなるため注意が必要です。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎とは、頭皮がかぶれる症状です。髪の毛を染める際に使用する薬剤で炎症を起こし、接触性皮膚炎を引き起こすケースが多いです。赤みや水疱などの症状が発生します。刺激が強いほど症状も悪化しやすくなります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が弱い場合に発症します。カビやダニなども発生しやすくなり、かゆみや赤みなどさまざまな症状を引き起こします。治りにくいため、根気よく対処しなければなりません。

粉瘤

粉瘤は、老廃物が皮膚の内部にたまってできます。粉瘤がたまって時間が経つと、においの原因になるため注意が必要です。頭皮にがんが発生している場合は、がん性皮膚潰瘍につながって強いにおいを発生させる可能性もあります。

内臓の病気

内臓の病気を患っていると、頭皮のにおいが気になる場合もあります。たとえば、腎機能が低下しているとアンモニア臭がします。糖尿病なら尿の甘酸っぱいにおい、魚臭症なら魚のような生臭いにおいがするといわれており、症状によってにおいはさまざまです。対策してもにおいが消えない場合は、病気の可能性も疑ってみましょう。

生乾き

頭を洗った後にしっかり髪を乾かしていない人は、生乾きが原因となってにおいが発生している可能性もあります。髪が生乾きになっていると、雑菌が繁殖しやすくなるため要注意です。いつもドライヤーを使わずタオルドライや自然乾燥で済ませている人は、日々の習慣を改めましょう。

シャンプーのやり方

シャンプーで髪を洗うときは、正しい方法を実践しないと頭皮の皮脂をしっかり落とせません。髪の毛だけを洗っている場合や、シャンプーの後のすすぎがきちんとできていない場合は、においの発生につながります。

シャンプーのしすぎ

皮脂は頭皮を守るために必要なものであるため、シャンプーで洗いすぎるのもよくありません。皮脂をすべて洗い流すと、頭皮を守るために必要な油分がなくなります。バリア機能が弱まり、においの原因になる症状を引き起こしやすくなります。

食生活の乱れ・睡眠不足

生活習慣が乱れていると、頭が臭くなる可能性があります。たとえば、肉や脂っぽい食べ物ばかりを食べていれば、においの原因になります。また、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が減ったり、血行不良になったりするため注意が必要です。体内のバランスが乱れると、臭いにおいも発生しやすくなります。

女性の頭皮のにおいを改善する方法

女性が頭皮のにおいを改善するためには、さまざまな方法があります。具体的に解説します。

正しいやり方でシャンプーする

頭皮のにおいを防ぐには、毎日正しいやり方で丁寧にシャンプーする必要があります。シャンプーは直接頭皮につけるのではなく、しっかり泡立てたうえで頭に乗せましょう。指の腹を使い、やさしくマッサージしながら頭皮を洗います。ここでは、爪を立てないようにすることがポイントです。

頭皮や髪を洗い終わったら、しっかりとシャンプーの泡を水で流します。すすぎ残しがないよう、入念にシャワーを当てましょう。さらに、濡れた髪はドライヤーできちんと乾燥させます。

自分の肌に合ったシャンプーを選ぶ

シャンプーは自分の肌のタイプにあうものを選びましょう。乾燥肌なのか脂性肌なのかによっても、最適なシャンプーは異なります。なかには、頭皮のにおいを防ぐ効果があるシャンプーもあるため、シャンプー選びにはこだわりましょう。

ただし、刺激が強すぎるシャンプーは頭皮を傷める恐れがあるため、選ばないようにしましょう。

食生活を改善する

頭皮のにおいは、食生活に影響を受けている可能性もあります。においの原因になる食べ物は過剰に摂取しないよう、注意しましょう。においの原因になるものとしては、糖質、カフェイン、脂質、動物性たんぱく質などがあげられます。適量であれば問題ありませんが、とりすぎにならないように気を付ける必要があります。

食事はバランスが重要です。食事だけで必要な栄養をとり切れない場合は、サプリメントも活用しましょう。

質の良い睡眠をとる

睡眠の質は頭皮のにおいを防ぐためだけでなく、健康的な体を保つためにも重要です。ぐっすり眠れる環境を整え、毎日の疲れをしっかりとれるようにしましょう。そのためには寝る前の過ごし方にも気を付け、リラックスする必要があります。適度な睡眠時間を毎日確保できるようにしてください。

ストレスを溜めない

体にストレスが溜まると、ホルモンバランスが乱れます。その場合、男性ホルモンの分泌が増え、普段よりも皮脂量が多くなる恐れがあります。血行も悪くなり、頭皮の環境が悪化する可能性が高いです。

ストレスを溜めないようにするには、気分転換や適度な運動が必要です。普段からそのような習慣をもち、リフレッシュしましょう。

まとめ

女性の頭皮が臭い場合、さまざまな原因が考えられます。原因にあわせた対策を取り入れ、においを防止しましょう。そのためには、日々の生活習慣の改善も重要な意味をもちます。

マイナチュレは、敏感肌や乾燥肌にも使える女性用の育毛剤です。2020年の通販部門敏感肌ヘアケア市場で1位を獲得しました。無添加処方にこだわっており、妊娠中でも使用できます。頭皮を適切にケアするために、ぜひ使用してみてください。

マイナチュレヘアケア商品はこちら