女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2022.05.10   更新日:2022.05.10

【髪の毛が細くなったと気になる女性必見】髪が細くなる原因・対策をわかりやすく解説

普段あまり気にしていなくても、何気なく自分の髪に触れてみると、「何だか細くなった」と不安に感じる方もいるのではないでしょうか?髪が細くなる原因は様々で、対策も原因によって変わってきます。この記事では、「髪が細くなったと感じる」原因や対策を詳しく解説していきます。この記事を見て、毎日のケアや生活習慣改善の参考にしてみてください。

【髪の毛が細くなったと気になる女性必見】髪が細くなる原因・対策をわかりやすく解説

「髪の毛が細くなった」と女性が感じるのはどんなとき?

普段の生活の中で、「髪が細くなった」と感じる時はどんな時でしょうか?
細くなったと感じるタイミングで多いのは、お風呂上りなどに鏡を見た時です。頭髪のボリュームが少なかったり、地肌が見えやすくなっていたりすると、細くなったなと感じることが多いようです。また、髪の毛のハリやコシも髪の変化を感じるひとつのサインです。シャンプーなどをしたときに、気づいたら髪のコシが・・なんて小さな変化から髪が細くなったと感じるケースもあります。

一般的な髪の毛の太さ

そもそも一般的な髪の毛の太さはどのくらいなのでしょうか?一般的には、日本人の平均的な髪の毛の太さは約0.07〜0.1mmと言われています。なので、この平均よりも細い場合は、髪が細いと判断できます。また抜けた髪でも、ハリ・コシのチェックができます。抜けた髪を触ってみて、髪の毛にハリ・コシがない場合にも、細くなってきているというひとつのサインです。

女性の髪の毛が細くなる原因7つ

では、なぜ髪の毛は細くなっていってしまうのでしょうか?
ここからは、髪の毛が細くなる原因について詳しく紹介していきます。

遺伝・体質

まず髪の毛が細くなる原因のひとつとしては、遺伝によるものが考えられます。子供の時から髪が細く柔らかい場合は、遺伝や体質による可能性が高いです。一般的には、髪の毛は元の太さ以上にはならないとされているため、生まれつき髪が細いと、後天的に髪を太くするのは難しい場合があります。

誤ったヘアケア

誤ったヘアケアが原因で細くなってしまっているケースもあります。誤ったヘアケアを繰り返せば髪の毛が細くなる可能性があります。例えば1日に何回もシャンプーで洗ってしまうと、皮脂が過剰分泌され、頭皮環境が悪化する場合があります。その他にも、ドライヤーのかけすぎで髪の毛が熱によるダメージを受けてしまったり、頭皮マッサージをする際に爪でひっかいて頭皮を傷つけてしまったりと、誤ったヘアケアは髪が細くなる原因になります。また、カラーリングやパーマも髪の毛に負担がかかることなので、ケアの仕方には十分な注意が必要です。

加齢

年齢を重ねるうちに、髪が細くなることもあります。髪の毛は頭皮の血管を通して栄養が送られますが、歳を重ねると血管が老化してくるため、髪の毛に栄養が届きにくくなります。すると髪の毛が健康な状態を保てなくなり、細くなります。また加齢によってヘアサイクルの乱れも起こります。通常のヘアサイクルは成長期から退行期、休止期を経て髪が抜け、また新たな毛が生えるといった周期を繰り返しています。しかしヘアサイクルが乱れると、細い状態のまま抜けるようになります。30代〜40代以降では、加齢も髪が細くなる原因となります。

不規則な生活

不規則な生活も髪の毛に大きな影響を与えます。深い眠りの時に分泌される成長ホルモンは、髪の毛の発育にも影響します。 質の悪い睡眠や、睡眠不足によって、成長ホルモンの分泌が十分ではないと、髪の発育にも影響が出て細くなってしまいます。

栄養不足

髪が細くなる原因のひとつに、栄養不足も挙げられます。栄養が偏った食生活を続けていると、髪に必要な栄養素が不足し、その結果髪の毛が細くなる原因となります。特にダイエットなどでは栄養のバランスが乱れることもあるので、注意しましょう。

ストレス

ストレスも、髪の毛に悪影響を与えます。過剰なストレスは自律神経の乱れを引き起こします。自律神経が乱れると交感神経が優位にはたらき、身体が緊張状態になります。すると血流の悪化・ホルモンバランスの乱れ・頭皮環境の悪化を引き起こし、髪の毛を細くする原因になります。

病気によるもの

加齢や生活習慣以外に、病気により髪が細くなっている場合もあります。びまん性脱毛症は、年配の女性だけでなく、20代などの若い女性が発症することもある脱毛症です。症状としては、頭部全体の髪の毛が薄くなることで頭皮が透けて見えるようになったり、つむじや分け目が広がったりします。その他にも甲状腺の病気や貧血、膠原病、内臓の病気などの全身疾患も、脱毛の原因となっている場合があります。もし気になることがある場合は、早めに医療機関に相談をしましょう。

髪の毛が細くなったときにおすすめの対策

では髪の毛が細くなったら、どうすればいいのでしょうか?ここからは、髪の毛が細くなった時におすすめの対策について紹介していきます.

ヘアケアの見直し

まずは頭皮の環境を整えるために、ヘアケアを見直してみましょう。髪に栄養を届けるためにも、ヘアケアはとても重要です。シャンプーを使用する際は、指の腹などを使ってマッサージすることで、毛穴の汚れまでしっかり洗い落とすことができます。また髪の毛を乾かす際にも、タオルドライで水分を取ってから、乾きにくい髪の毛の根元を中心に乾かすようにしましょう。ドライヤーを髪や頭皮に近づけ過ぎると、高温になって髪や頭皮がダメージを受けてしまうので、必ずドライヤーを髪の毛や頭皮から20cm程度離すように注意しましょう。

育毛剤の使用

積極的に髪の薄毛対策をしたい人におすすめしたいのが、育毛剤の使用です。育毛剤には抜け毛を防ぎ、頭皮環境を整えて発毛を促す効果があります。細い髪の毛はハリ・コシがなく柔らかい状態なので、育毛剤で髪の毛の成長をサポートすることで髪の毛にハリ・コシを与えます。育毛剤を選ぶ時には、有効成分がしっかりと入っているものを選ぶと良いでしょう。

十分な睡眠時間を確保

髪の毛の成長ホルモンは睡眠時間に分泌されやすいため、髪の発育のためには十分な睡眠を取ることが重要です。質の高い睡眠を最低6時間、できれば7〜8時間程とりましょう。睡眠の質を高めるために、寝る前の暴飲暴食を避ける、スマホをやめる、夜寝る前に入浴するなど、しっかりと身体を休められるような習慣を取り入れましょう。

バランスの取れた食事

偏った食事を避け、栄養バランスの取れた食事をするようにしましょう。特に髪を育むタンパク質、ビタミン、亜鉛をバランスよく摂ることを意識しましょう。タンパク質は髪の毛の原料となり、特に肉や魚、卵に多く含まれています。ビタミンの中でもB2とB6は育毛効果が期待できると言われています。ビタミンB2は抜け毛の原因となる過剰な皮脂の分泌を防いでくれる効果があり、特にレバーや緑黄色野菜、納豆などに多く含まれています。またビタミンB6は髪の毛の元となるタンパク質の生成を助ける効果があり、魚介類、鶏肉、レバーなどによく含まれています。

適度な運動

適度な運動は成長ホルモンの促進に繋がります。特に有酸素運動は全身の血行が促進され、髪の毛へと酸素や栄養が届きやすくなり、自律神経のバランスが正常に戻り、血行不良や皮脂の過剰分泌が改善されるほか、新陳代謝が上がり、ターンオーバーを整え、頭皮環境を改善されることにも繋がります。さらに睡眠の質の向上やストレス発散にも繋がるため、生活の中で適度な運動を取り入れましょう。

ストレスを溜め込まない

ストレスは溜め込んでしまうと自律神経を乱し、身体に悪影響になります。ストレスを溜め込まないためには、睡眠をしっかりとる、趣味の時間を増やす、友人や家族と話すなど、自分に合ったストレス解消法を見つけていくことが重要です。また薄毛がストレスの原因になってしまう場合もあるので、心がふわっと軽くなるような考え方を見つけ、あまり深刻になりすぎないことが大切です。

専門医への相談

対策を行っても薄毛が改善しない場合や、明らかに毛が抜ける・細くなっているなどの症状がある場合は、専門医に相談をしましょう。病院によっては脱毛外来が開かれているところや、女性専門のクリニックもあるので、気になる場合は見てもらうようにしましょう。

細くなった髪の毛をカバーしやすい髪型はある?

髪が細いと、全体的にペタッとした印象になってしまうことも・・・
ここでは細い髪でもカバーしやすい髪型を紹介していきます。

ふんわりとしたショートヘア・ショートボブ

頭頂部にボリュームが足りないと感じる人には、ふんわりしたショートヘアやショートボブがおすすめです。全体的にふんわりした印象になり、髪にボリュームも出しやすくなります。また、ドライヤーをかける時間が短くなるため、髪や頭皮への負担を抑えることができます。

パーマヘア

髪の毛の長さがミディアム〜ロングの場合は、パーマをかけることで自然とボリュームがアップします。一方でパーマの頻度が高くなると、髪に負担がかかってしまうので注意が必要です。

まとめ

今回は女性の髪の毛が細くなる原因や判断の基準、さらには細くなったときの対策、カバーしやすい髪型についてまで紹介しました。もし自分の髪をチェックして「細くなっている」と感じたら、身近なところから少しずつヘアケア習慣を取り入れていきましょう。

ヘアケアアイテムとしておすすめなのが、「マイナチュレ」です。マイナチュレは2020年通販部門敏感肌ヘアケア市場で、年間売上1位を獲得しました。無添加処方にこだわった商品で、敏感肌や乾燥肌の方でも安心してケアを続けられます。ヘアケアアイテムをお探しの方は、ぜひマイナチュレをお試しください。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら