女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2022.07.29   更新日:2022.07.29

女性が髪の毛を洗う頻度の正解は?正しい洗い方や注意点も解説

女性は毎日髪の毛を洗っている人も多いです。しかし、毎日髪の毛を洗うと、頭皮や髪の毛に負担がかかるのではないかと心配している人もいるでしょう。この記事では、抜け毛や薄毛などが気になっていて正しい洗髪方法を知りたいと考えている人に向けて、髪の毛を洗う最適な頻度や正しい洗い方について解説します。洗いすぎのデメリットについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

女性のが髪の毛を洗う頻度の正解は?正しい洗い方や注意点も解説

髪の毛を洗う頻度、どのくらいが適切?

髪の毛を洗う頻度はどの程度が最適なのでしょうか。ここでは、洗髪の頻度についての考え方を解説します。

洗髪の頻度が向上したのは意外と最近

女性が毎日髪の毛を洗うのが一般的になったのは、比較的最近です。昭和中期まで、洗髪の頻度は月1~2回程度が普通でした。髪の毛を洗う頻度が少ない分、ブラシで髪の毛をとかして汚れを落とし、頭皮のケアをしていたようです。

毎日髪の毛を洗うのはよくないのか

洗髪は、髪の毛の健やかな成長のために必要不可欠です。髪の毛をまったく洗わないと、髪の毛が絡まったり乾燥したりする原因になります。抜け毛も発生しやすくなるでしょう。

髪の毛や頭皮に配慮するには、適度な頻度で洗髪する必要があります。ただし、適度な頻度の目安は髪の毛や頭皮の状態によって異なるため、自分のタイプにあわせることが大切です。タイプ別の洗髪の頻度についてはこの後くわしく解説します。

タイプ別・適切な洗髪の頻度

ここでは、髪の毛を洗う適切な頻度についてタイプ別に解説します。

毎日シャンプーをした方がいいタイプ

10~20代の若者は頭皮の皮脂が多いため、毎日髪の毛を洗った方がいいです。それ以上の年齢でも皮脂が多い人や汗をよくかく人は、毎日洗髪した方がいいでしょう。毎日髪の毛を洗わないと、皮脂や汗が毛穴に詰まる恐れがあります。

また、整髪料を使ってヘアセットしている人も同様です。シャンプーで整髪料をしっかり洗い流さなければ、髪の毛が絡まって傷んでしまいます。

髪の毛が細い人や少ない人も毎日髪を洗いましょう。髪の毛が成長するためには、水分も必要だからです。

毎日シャンプーをしない方がいいタイプ

中年以降の年代の人は、基本的にシャンプーを毎日する必要はありません。中年になると頭皮の皮脂が少なくなり、乾燥しやすくなるからです。毎日髪の毛を洗うと、頭皮に必要な油分まで洗い流してしまいます。特に、頭皮の乾燥が気になっている人や髪の毛が傷んでいる人は、シャンプーの頻度を少なくした方がいいでしょう。

また、髪の毛が太い人や多い人は、髪の毛が水分を蓄えやすくなっています。そのため、毎日シャンプーをしなくても、髪の毛の成長に必要な水分が不足する心配はありません。

シャンプーを使う頻度の目安

髪の毛や頭皮の状態にもよりますが、髪の毛をシャンプーで洗う頻度の目安は2~4回程度です。1日に何度もシャンプーしている人は、洗いすぎになっている可能性があります。

髪の毛や頭皮の状態を適切に保つには、シャンプーの頻度以上に洗い方が重要です。シャンプーの回数をいきなり減らすのに抵抗がある人は、髪の毛や頭皮の状態をチェックして少しずつ回数を減らしましょう。

季節によっても適切な頻度は異なる

シャンプーの適切な回数は、季節によっても変化します。気温や湿度によって髪の毛や頭皮の状態が変わるからです。夏は汗をよくかくため、毎日シャンプーしてもいいでしょう。一方、冬は乾燥しやすく、シャンプーの頻度が多いと頭皮の乾燥が進行します。冬は髪の毛を洗う頻度を少なくするのがおすすめです。

シャンプーのし過ぎはトラブルの原因となることも

シャンプーをし過ぎると、髪の毛や頭皮にトラブルが生じる恐れがあります。以下でくわしく解説します。

皮脂過剰

シャンプーで髪の毛を洗う頻度が多いと、皮脂が過剰に分泌される原因になります。頭皮が皮脂の不足を補おうとし、通常よりも皮脂を多く分泌するからです。皮脂が過剰に出ると、かえってベタつきが気になります。

h3:におい
シャンプーのし過ぎにより皮脂が過剰に分泌されれば、においも気になる場合があります。また、洗いすぎにより頭皮の菌のバランスが崩れると、においの原因になる菌が増えやすくなります。

薄毛・抜け毛

皮脂が分泌されるときは毛穴も開いています。シャンプーのし過ぎで皮脂が過剰に分泌されるようになると、常に毛穴が開いている状態になります。毛穴が開いていれば薄毛や抜け毛も発生しやすくなるでしょう。

知っておきたい洗髪のポイント(1)シャンプーを使う場合

シャンプーを使って髪の毛を洗うときは、最初によくブラッシングして髪の毛の表面についている汚れやホコリを落としましょう。また、ぬるま湯で髪の毛をしっかり予洗いすることも大切です。

シャンプーは髪の毛や頭皮につける前によく泡立て、もみ込むように丁寧に洗ってください。爪を立てずにマッサージするのがポイントです。シャンプーをしっかり洗い流したら、水気をよく切ってコンディショナーをつけましょう。コンディショナーを髪の毛になじませて数分経ったら、再びよく洗い流します。

シャンプーするときのお湯の温度の目安は39度以下です。10分程度かけて丁寧に髪の毛や頭皮を洗いましょう。

知っておきたい洗髪のポイント(2)シャンプーを使わない場合

シャンプーを使わず洗髪する方法もあります。以下では、洗い方のくわしいポイントを解説します。

シャンプーを使わない日は「湯シャン」しよう

余計な皮脂や汚れを溜めないようにするには、シャンプーをしない日はお湯で洗髪(湯シャン)するのがおすすめです。お湯で髪の毛や頭皮を洗うだけでも、余計な皮脂や汚れの8割程度は落とせます。湯シャンするときの手順は、基本的にシャンプーを使って洗髪するときと同様です。ぬるめのお湯で髪の毛や頭皮をよく洗い流しましょう。

湯シャンのポイント

湯シャンをするときはシャンプーの泡がないため、摩擦で髪の毛が傷みやすいです。そのため、シャンプーをするとき以上に丁寧に洗うことが大切です。髪の毛の乾燥が気になっている場合は、お湯で洗った後にコンディショナーをつけてもいいでしょう。

ただし、整髪料はお湯だけでは落とせません。整髪料を使用した日は、シャンプーでしっかり洗髪する必要があります。

髪の毛を洗う際の注意点

洗髪にはさまざまな注意点があります。ここでは、具体的な注意点を解説します。

髪の毛を洗うのは朝よりも夜がおすすめ

洗髪は、朝ではなく夜に行いましょう。髪の毛を洗わずに寝ると、皮脂や汚れが頭皮の毛穴につまる原因になります。1日の汚れはその日の夜に落とすのがベストです。

あまり時間がない朝はシャンプーのすすぎ残しも発生しやすいでしょう。すすぎ残しは頭皮トラブルの原因となるので注意が必要です。また、朝にシャンプーすると髪の毛や頭皮を紫外線から守る保護膜も剥がれ落ちるため、頭皮にダメージを受けやすくなります。

シャンプーは頭皮に直接つけない

シャンプーは頭皮に直接つけないように注意しましょう。多くのシャンプーには界面活性剤が含まれているため、頭皮に直接つけると強い刺激になります。また、頭皮にシャンプーを直接つけるとすすぎ残しが発生しやすく、毛穴を詰まらせる可能性が高いです。シャンプーは、よく泡立ててから使用しましょう。

洗髪後はなるべく早めにドライヤーで乾かす

髪の毛が濡れるとキューティクルが開きます。そのままにしていると水分が抜け、パサつきの原因になるため注意が必要です。キューティクルが開いた状態で髪の毛がこすれると、傷みの原因にもなります。また、頭皮が濡れた状態で放置していると雑菌も繁殖しやすいです。洗髪が終わったら、なるべく早くドライヤーを使って髪の毛や頭皮をよく乾かしましょう。

頭皮に合ったシャンプーを選ぶことも大切

洗浄力が強すぎるシャンプーを使用していると、頭皮にダメージを与えるリスクがあります。具体的には、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどが含まれている高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強いです。一方、アミノ酸系のシャンプーは適度な洗浄力があり、頭皮への刺激もそれほど強くありません。

洗髪で美髪づくりをサポートするアイテム:すっぴん魅せ髪セット

すっぴん魅せ髪セットは、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーとトリートメントのセットです。シャンプーで1日の汚れを洗浄し、トリートメントで栄養とうるおいを補給できます。思わず自慢したくなる魅せ髪づくりが可能です。肌が敏感な人や、スカルプケアとヘアケアを両立したい人におすすめです。

「すっぴん魅せ髪」詳細はこちらから

まとめ

髪の毛を洗う頻度の目安は、髪の毛や頭皮の状態にあわせて決めることが大切です。髪の毛や頭皮の健康を守るためには、洗髪の頻度だけでなく洗い方にも配慮する必要があります。

マイナチュレでは、ヘアケアやスカルプケア商品を扱っています。女性用の育毛剤は、2021年 通販部門 敏感肌ヘアケア市場で年間売上1位を獲得しました。安心と効果の両方を追求しており、小さい子供や妊娠中でも使用できます。美しい髪の毛のために、ぜひ使用してみてください。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら