女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2022.08.16   更新日:2022.08.16

頭皮や髪のダメージにつながる習慣やヘアケアとは?ダメージを防ぐ方法と併せて解説

頭皮を含む髪のダメージケアに関心を寄せていても、頭皮や髪のダメージにつながる習慣やケア方法など把握できていない人も多いのではないでしょうか?この記事では頭皮や髪のダメージにつながる習慣について詳しく解説していきます。ダメージを防ぐ方法も紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

頭皮や髪のダメージにつながる習慣やヘアケアとは?ダメージを防ぐ方法と併せて解説

頭皮のダメージは髪の毛にどう影響するの?

頭皮と髪の毛は密接に関係しています。髪は頭皮内部の毛母細胞が細胞分裂することで作られるため、頭皮のダメージは髪の成長とヘアサイクルに悪影響を及ぼします。

頭皮と髪のダメージにつながる3つの生活習慣

では普段の生活ではどんなことに気をつければいいのでしょうか?ここからは頭皮と髪のダメージにつながる生活習慣を解説していきます。

ストレス

ストレスは頭皮の血行不良やヘアサイクルの乱れなどの原因になります。ストレスによって血管が収縮することで、頭皮の血行不良を引き起こし、さらにホルモンバランスが乱れることで、ヘアサイクルの乱れも引き起こします。結果的に抜け毛が増えるケースもあります。

睡眠不足

肌と同様に、睡眠不足は髪の成長に大きく影響します。睡眠不足によってエネルギー代謝が低下すると、頭皮に悪影響をもたらします。さらに髪は寝ている間に分泌されるホルモンの働きによって成長するため、睡眠不足によって髪が成長できず、細くコシのない髪の原因になってしまいます。

喫煙

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があります。それによって体だけでなく頭皮が血行不良になり、髪の成長や頭皮環境に悪影響を及ぼします。

頭皮と髪のダメージにつながる食生活6選

食生活によっても、頭皮や髪にダメージをもたらすことがあります。ここからは、頭皮と髪のダメージにつながる食生活を解説していきます。

たんぱく質不足

髪の主成分はケラチンと呼ばれるたんぱく質です。髪の発毛、成長にはこのたんぱく質が必要不可欠であり、不足すると髪が十分に育たなくなったり、髪の発毛が遅れたりという影響があります。

糖分の摂りすぎ

糖分の摂り過ぎによる高血糖によって、血行不良が引き起こされます。すると頭皮の結構が悪くなることで毛根に栄養が行き渡らなくなり、頭皮や髪のダメージや成長不足につながることがあります。

高AGE食

AGE(終末糖化産物)とは、強い毒性を持ち、老化促進の元凶とされている物質です。タンパク質に過剰な「糖」がこびりつき、タンパク質が糖化され、AGEと呼ばれる劣化したタンパク質の変異した物質になります。このAGEが、皮膚の老化や血行不良の原因になります。

脂質の摂りすぎ

脂質を摂りすぎることで、皮脂の過剰分泌が引き起こされます。その皮脂が頭皮に残留することで、毛根や髪の成長に影響を及ぼす可能性があります。また溜まった皮脂によって菌が繁殖し、頭皮の炎症などに繋がることもあります。

ミネラル不足

ミネラルは髪の成長には必要不可欠な物質です。ミネラルが不足することで髪の成長サイクルが乱れ、成長しきれていない細くてコシのない髪になってしまう可能性があります。亜鉛や鉄分は特に意識的に摂るようにすることを心掛けましょう。

ビタミンAの過不足

ビタミンAは新陳代謝に関係し、新陳代謝をすることで頭皮の乾燥やフケの予防にも繋がります。頭皮環境を整えるためにも、ビタミンAの適度な摂取を心掛けましょう。ただし、過剰摂取は頭痛など体調不調を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

頭皮と髪のダメージにつながるヘアケア7選

ここまでは食生活の中で注意するべきことを解説してきましたが、髪のために行っているヘアケアにも、場合によっては頭皮や髪のダメージの原因になっているものがあります。ここからは、頭皮と髪のダメージにつながるヘアケアについて解説していきます。

正しい方法でシャンプーできていない

正しくシャンプーができていないことでダメージにつながることもあります。頭皮をしっかりと洗えずに汚れや皮脂が残っていたり、逆にゴシゴシと強く洗いすぎていたりすると、頭皮や髪にダメージが蓄積してしまいます。

自分に合わないシャンプーを使っている

頭皮や髪に合わないシャンプーを使っている場合にも、頭皮や髪のダメージにつながります。シャンプーによっては刺激が強いものが入っていたりするため、特に敏感肌などの人は注意が必要です。

髪の毛をきつくまとめている

髪の毛の縛り方がきつすぎたり、長期間にわたってまとめていたりする場合は、それによって髪の毛がダメージを受けている可能性があります。また髪型によっては、引っ張られることで髪と頭皮がダメージを受けている場合もあります。

頭皮の紫外線対策をしていない

肌と同様に頭皮や髪にも紫外線対策は必要です。特に夏などは海水浴やプールに行くことがあると思いますが、髪が濡れた状態で紫外線に当たるとさらにダメージを受けるため、紫外線による髪や頭皮へのダメージにも注意しましょう。

髪の毛を濡れたまま放置している

濡れた状態の髪は傷みやすくなっているため、髪の濡れた状態のまま放置するのは髪にとって良くありません。さらに髪が濡れたままだと頭皮の菌が繁殖しやすくなり、頭皮の炎症などの原因となる可能性があります。

髪の乾かし方が適切ではない

ドライヤーの使い方が正しくない場合にも、髪へのダメージにつながることがあります。ドライヤーで乾かす時間が長い、髪とドライヤーが近すぎるなどでドライヤーの熱が髪に伝わってしまい、切れ毛の原因や火傷のような炎症になる可能性があります。

ヘアカラーやパーマを繰り返している

強い染料で髪を染めるカラー剤やパーマなどは、頭皮への負担と毛髪へのダメージが蓄積していきます。施術を繰り返していくうちに頭皮や髪に大きなダメージになってしまい、抜け毛などの原因となる可能性があります。

頭皮と髪のダメージを防ぐケア方法

ここからは頭皮と髪のダメージを抑えるケア方法を解説していきます。

育毛剤を使ってマッサージをする

髪や頭皮のケアには、育毛剤が効果的です。育毛剤には育毛促進や頭皮環境を整える効果があります。さらに頭皮マッサージを組み合わせて継続することで、より効果的に使用することができます。

正しい方法でシャンプーする

頭皮や髪のケアには、頭皮を清潔に保つことが重要です。汚れや余分な皮脂を取り除いて正常な頭皮環境を保てるように、正しい方法でシャンプーを行うようにしましょう。

ゴシゴシと強く洗ったり、爪を立てて洗ったりするなどの間違ったシャンプーのやり方をしてしまうと、頭皮のダメージになってしまいます。

正しいシャンプーの方法としては、
・髪を濡らす前にブラッシングを行う
・予洗いをして、シャンプーで洗う前に、髪の毛自体に着いている汚れをぬるま湯で洗い流す
・シャンプーを泡立ててから、しっかりともみこむように洗う
の流れで行うようにしましょう。

頭皮の紫外線対策を行う

紫外線は髪や頭皮に大きなダメージになってしまうため、紫外線対策はしっかりと行うようにしましょう。例えば常に頭皮が紫外線に当たるのを避けるために分け目を変えたり、焼けしてしまった場合には冷やしたタオルで頭皮をクールダウンしたりするなどしましょう。

正しい方法で髪を乾かす

過度のドライヤーは頭皮や髪にダメージを与えてしまうため、正しい方法で髪を乾かすようにしましょう。

まずタオルを使って優しく水分を拭き取った後、ドライヤーを使ってしっかりと乾かしていきます。ドライヤーは熱風が頭皮や髪に当たり過ぎないよう、ドライヤーを近づけすぎず、距離を離して全体的に当てていくようにしましょう。

ブラッシングで頭皮ケアを行う

ブラッシングは頭皮ケアに効果的です。髪を洗う前などにすることで、頭皮の汚れや皮脂を浮かし、シャンプーで洗い流しやすくなります。また頭皮の弾力を保つ効果もあるため、できれば毎日ブラッシングをするとよいでしょう。しかしブラッシングのやりすぎは髪へのダメージにも繋がるため、やりすぎには注意しましょう。

ヘアカラーは仕組みを知って上手に取り入れる

市販のヘアカラーは強い染毛剤によって髪を染めているため、簡単に髪を染めることができます。ただし強い染毛剤で髪のキューティクルを無理やり開いて染めているため、髪や頭皮には大きなダメージがかかってしまいます。もし髪へのダメージを気にするなら、髪に優しく染めることができる、ヘアカラートリートメントなども活用するのもおすすめです。

まとめ

今回は頭皮や髪のダメージにつながる習慣について解説してきました。日々の生活から髪はダメージを受けるため、正しいヘアケア習慣で髪や頭皮をケアするようにしましょう。

ヘアケアアイテムとしておすすめなのが、「マイナチュレ」です。マイナチュレは2021年通販部門敏感肌ヘアケア市場で、年間売上1位を獲得しました。無添加処方にこだわった商品で、敏感肌や乾燥肌の方でも安心してケアを続けられます。ヘアケアアイテムをお探しの方は、ぜひマイナチュレをお試しください。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら