女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2022.09.27   更新日:2022.09.27

生理前に髪がパサパサになる理由|生理と髪の関係や生理前のパサパサを予防する方法を解説

生理前に髪がパサついて気になってしまう女性もいるのではないでしょうか。この記事では、生理周期と髪の関係性について詳しく解説します。あわせて、生理前に髪がパサパサになってしまう原因や対策、予防方法なども紹介するため、生理前の髪のパサつきに悩んでいる場合は参考にしてください。

生理前に髪がパサパサになる理由|生理と髪の関係や生理前のパサパサを予防する方法を解説

生理前は髪がパサパサになりやすい

生理前に髪がパサパサになるという女性も少なくありません。生理によるホルモンバランスの乱れによって、生理前には髪がパサパサになりやすいと言われています。生理前に髪がパサつく理由や生理と髪質の関係性などについて、記事内で詳しく解説します。

生理前に起きやすい髪の変化

生理前は、髪にさまざまな変化が起きやすくなります。たとえば、髪からツヤが失われてしまい、髪がパサパサしたりごわついたりするケースが多いでしょう。その他にも、枝毛や切れ毛、抜け毛なども起こりやすいです。ホルモンバランスが乱れることにより、髪質が悪化するため、生理前に髪の変化を感じやすくなります。

生理前に髪がパサパサになる理由

生理前はなぜ髪がパサパサになってしまうのでしょうか。ここでは、髪がパサつく2つの理由を解説します。

生理前はホルモンバランスが不安定になるため

前述したように、生理前はホルモンバランスが乱れやすくなります。これは、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの影響です。エストロゲンは生理後から増加し始めて排卵日をピークに減少し、プロゲステロンは排卵後から増加して生理が始まるあたりで減少します。

生理前は2つの女性ホルモンのバランスが入れ替わる時期のため、ホルモンバランスが不安定になりやすいです。また、エストロゲンは髪の生成などにも関わるホルモンです。生理前にはエストロゲンが減少するため、髪がパサついてしまうことがあります。

皮膚のバリア機能が低下しやすいため

生理前は皮脂が増えやすくなります。皮脂が過剰に分泌されることで肌のバリア機能が低下しやすく、ニキビや肌荒れなどの症状も起こりやすくなるのです。皮脂の増加は肌だけではなく頭皮にも表れます。皮脂量が変化することにより頭皮環境が悪化してしまい、髪がパサつく原因になるケースもあります。

生理と髪質の関連性

生理前や生理中は、体調不良やイライラなどを感じる女性も多いでしょう。これは、ホルモンバランスの乱れが関係しています。女性ホルモンの影響は心身だけでなく、髪質にも大きな影響を与えます。

また、生理前だけでなく生理中も髪質はダメージを受けやすいです。髪がパサパサしたり抜け毛や切れ毛などが起こりやすくなったりします。ホルモンバランスの乱れだけでなく、生理の出血による貧血も原因です。貧血を起こすと頭皮や毛根に栄養や酸素を運びにくくなるため、髪質にも影響が出てしまいます。

【生理前】髪のパサパサを予防する方法

生理前の髪のパサつきを予防するにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、髪のパサパサを予防する方法を紹介します。

生活習慣を見直す

健康的な髪を育てるには、生活習慣を見直すことも重要です。規則正しい生活や適度な運動などを心掛けましょう。たとえば、睡眠不足は健康な髪の生成を阻害します。睡眠は体を休ませて疲れを取るという役割もありますが、睡眠によって成長ホルモンの分泌を促すという役割もあります。

睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が妨げられてしまうため、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。また適度な運動をして血行を良くすることも大切です。

ストレスを溜めない

ストレスは、ホルモンバランスや自律神経の乱れに繋がります。できるだけストレスを溜めない生活を心掛けましょう。また自律神経の乱れは血流が悪くなり、頭皮や髪に栄養が届かないため、健康な髪が育ちません。自分に合ったストレス発散方法をみつけて、上手にストレスを発散することが大切です。

頭皮の血行を良くする

頭皮の血行が滞っていると、健康な髪が育ちにくく、パサつきやごわつきなどを感じやすくなります。そのため、頭皮の血流が滞らないようにしましょう。また血行不良の状態が続くと、髪がダメージを感じやすくなります。

血行を促進する方法としては、入浴や適度な運動などが挙げられます。シャワーだけでなく、湯船にしっかり浸かることで、頭皮の血行が促進されます。その他にも、頭皮マッサージによって刺激を与えることも効果的です。

体を冷やさない

生理前は血行不良になりやすくなります。体が冷えていると、さらに血行が悪くなりやすいため、体を冷やさないように心掛けることが大切です。具体的には、体が冷えないように腹巻きをつける、靴下を履く、ブランケットで体を温めるなどの対策をしましょう。

また冷えを感じたら温かい緑茶や生姜湯などを飲んで、体を温めるのもおすすめです。生姜湯は血行を促進する効果も期待できるため、冷えを感じる女性には向いています。

バランスのとれた食事を心掛ける

健康的な髪を育てるには、油分が多い食事を避けてバランスのとれた食事を心掛けることが大切です。ジャンクフードや偏った食事などを続けると、健康な髪の育成に必要な栄養素が不足してしまう可能性があります。

髪の健康を維持するには、たんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養素が必要です。また、生理前には炭水化物や脂質も不足しがちです。炭水化物が不足すると、ホルモンバランスが乱れやすくなるため、注意しましょう。

カラーリングやパーマは控える

生理前から生理中にかけて、ホルモンバランスは変化します。ホルモンバランスが変化する時期は髪もダメージを受けやすくなるため、髪が傷みやすいカラーリングやパーマなどは控えましょう。カラーリングやパーマの施術などをする場合は、生理後2週間の間が望ましいです。この時期はエストロゲンの分泌が増加するため、髪に与えるダメージを軽減しやすいと言割れています。

生理前のパサつく髪を改善するには?

生理前は髪がパサつきやすくなりますが、髪のパサつきを改善する方法があります。ここでは、生理前にパサつく髪を改善する方法を紹介します。

低刺激のシャンプーを使用する

洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと、髪がパサつきやすくなります。そのため、低刺激のシャンプーを使用するといいでしょう。また、生理前の頭皮はデリケートです。頭皮に刺激を与えずに、髪に必要な水分や栄養分を補える低刺激のシャンプーを選びましょう。

トリートメントでケアする

シャンプー後にトリートメントをして、ダメージを受けやすい生理前の髪をケアすることも良い方法です。トリートメントは髪をコーティングしたり、キューティクルを補修したりといった役割があります。キューティクルは髪を覆っている組織の一つで、髪のうるおいを守ってくれます。

また、洗い流さないタイプのトリートメントをドライヤーの前に使用してもいいでしょう。洗い流さないトリートメントの使用で、さらに髪を保護し髪のパサつきを防ぐことができます。

正しい方法で髪を乾かす

シャンプー後は、正しい方法で髪を乾かしましょう。髪を濡れた状態のまま放置しておくと、傷みの原因になり、雑菌も繁殖しやすくなります。そのため、シャンプー後には必ずドライヤーでしっかりと乾かすことが大切です。

またドライヤーで髪を乾かす際は、ドライヤーを髪に近づけすぎないように注意しましょう。根元から乾かして、徐々に毛先を乾かしていくようにします。髪は熱によってもダメージを受けるため、冷風に切り替えながら乾かすのもおすすめです。

まとめ

生理前はホルモンバランスが乱れてしまうため、髪がパサつきやすくなります。生理前の髪のパサつきが気になる場合には、生活習慣や食生活の見直し、ストレスを溜めないなどの予防法を試してみてください。

マイナチュレは、「2021年 通販部門 敏感肌ヘアケア市場」で年間売上1位を獲得しています。敏感肌や乾燥肌の方でも安心して長くケアができるよう、無添加処方にこだわった商品を提供しています。生理前の髪のパサつきが気になる場合は、利用してみてはいかがでしょうか。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら