女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2022.09.28   更新日:2022.09.28

フケに悩む女性は多い?性別や年齢を問わず出るフケの原因や6つの対策方法など詳しく解説

清潔にしているつもりなのに、フケが気になっているという人もいる野ではないでしょうか?そもそもフケはなぜ発生するのでしょうか?この記事では、女性のフケの原因や具体的な対策方法などを解説します。正しいケアによりフケをなくすために、ぜひ参考にしてください。

フケに悩む女性は多い?性別や年齢を問わず出るフケの原因や6つの対策方法など詳しく解説

フケは古くなった頭皮の角質

フケとは、古くなって頭皮から剥がれ落ちた角質のことです。頭皮の細胞は一定の周期で生まれ変わっており、その仕組みをターンオーバーとよびます。フケは誰でも発生しますが、頭皮の状態によっては通常よりも気になる場合もあります。フケが気になるときは、原因を把握したうえで適切な対策が必要です。

フケは年齢や性別に関係なく出る

頭皮ではターンオーバーが起こっているため、フケの発生は異常ではありません。年齢や性別に関係なく、すべての人からフケが発生しています。ただし、年齢や性別によってフケの性質が変化するケースがあります。それぞれで発生しやすいフケの特徴を理解することが大切です。

フケの種類

フケの種類としては、乾性フケと脂性フケがあります。以下では、フケの種類による特徴を解説していきます。

乾性フケ

乾性フケは、頭皮が乾燥して生じます。小さなフケがたくさん落ちている場合は、乾性フケのケースが多いです。普段から肌が乾燥している人は、乾性フケが出やすいです。また空気が乾燥しやすい冬になると、乾性フケが一時的に多くなる人もいます。子どものフケも乾性フケである場合が多いです。

乾性フケを防ぐには、頭皮の乾燥を防いで適度なうるおいを維持しなければなりません。そのためには、頭皮を適切にケアする必要があります。

脂性フケ

脂性フケは、常在菌や頭皮に残っている整髪料が原因となって発生します。また栄養の偏りやホルモンバランスの乱れにより脂性フケが生じる場合もあります。脂性フケはべたついており、髪の根元にくっつくのが大きな特徴です。なお、男性の方が脂性フケが気になりやすいです。

脂性フケを防止するには、頭皮を常に清潔する必要があります。そのうえで乾性フケと同様、頭皮ケアに力を入れましょう。

フケが出る原因

フケが出る原因としては、様々なことがあげられます。フケが出る原因については、以下で具体的に解説します。

乾燥や体質によるもの

すでに触れたとおり、頭皮が乾燥していると乾性フケが生じやすくなります。もともと肌が乾燥しやすい人は乾性フケが出やすいため、特に注意が必要です。空気が乾燥する冬は、全ての人が乾性フケに気をつけなければなりません。乾性フケは、成長期の子どもにもよくみられます。

常在菌によるもの

頭皮にいる常在菌によりフケが出る場合もあります。常在菌が原因となるフケは、脂性フケに該当します。頭皮の皮脂の分泌が多い人は、特に常在菌によって発生する脂性フケが発生しやすいです。10代から30代までは皮脂の分泌が盛んであるため、べたつきのある脂性フケが気になりやすくなります。

シャンプーの回数や洗浄力

毎日のヘアケアに問題がある場合も、フケが生じやすいです。たとえばシャンプーの回数や使用するシャンプーの量が多すぎると、本来必要な皮脂まで洗い流してしまいます。その結果、頭皮が乾燥して乾性フケが出る恐れがあります。洗浄力が強すぎるシャンプーを使用している場合も、同様の理由によりフケが発生しやすくなります。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れていると頭皮にも悪影響が生じ、フケが出やすくなります。たとえば、食事の内容が偏っていたり、睡眠不足が生じていたりすると、頭皮の状態も悪化しやすくなります。またストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れ、頭皮にも影響が出ます。フケを防ぐには、生活習慣を整えて頭皮に必要な栄養がしっかり行き渡るようにすることが重要です。

紫外線

紫外線の影響によりフケが出る場合もあります。たとえば頭皮が日焼けすると、皮脂が剥がれ落ちてフケが発生する可能性があります。また紫外線の影響で皮脂が酸化すると、頭皮にとって大きな刺激になるため気をつけなければなりません。酸化した皮脂による刺激により、さらにフケが多く発生するようになります。

【男女別】フケが出やすい人の特徴

女性の側頭部が薄くなる原因は?自分でできる改善策も紹介

フケが出やすいのは、どのような人なのでしょうか。フケが出やすい人の特徴は男女によって違いがあるため、それぞれを理解しておくことが大切です。ここでは、男女別にフケが出やすい人の特徴を解説します。

男性の場合

男性でフケが出やすいのは、皮脂の分泌量が多い人です。皮脂の分泌量が多いと脂性フケが発生しやすくなります。また男性のフケは、男性ホルモンの影響により発生しているケースも少なくありません。

女性の場合

女性でフケが出やすいのは、ホルモンバランスに乱れが生じている人です。特に産後はホルモンバランスが変化するため、一時的にフケが気になることがあります。

「フケ症」かどうかの判断基準

フケが多い場合、フケ症に該当する可能性があります。フケ症は軽度から重度まで幅広いですが、フケの量が多いと感じるならフケ症と判断できます。具体的には、適切なケアをしているにも関わらずフケが発生している場合、フケ症によりフケが出ているケースがあります。

フケに悩む女性におすすめの対策方法6選

フケに悩んでいる女性は、どのように対策すればいいのでしょうか。ここではフケに悩む女性におすすめの対策方法を6つ解説します。

シャンプー方法を見直す

フケを減らすには、適切なシャンプーの方法を実践する必要があります。お湯の温度が熱すぎると頭皮の乾燥につながるため、シャワーの温度は38~40度程度に設定しましょう。また適度な洗浄力のあるシャンプーを使用し、洗い残しやすすぎ残しがないようにしましょう。

また髪を乾かすときは、ドライヤーの熱にも要注意です。頭からドライヤーを離して風を当て、熱による刺激を最小限に抑えましょう。

頭皮の状態に合うヘアケア用品を選ぶ

頭皮の状態が悪化しているとフケが出やすくなるため、頭皮の状態に合わせてヘアケアを行う必要があります。適切なヘアケア用品を選び、頭皮の環境を整えましょう。たとえばシャンプーやコンディショナーは、フケが気になる人向けの商品を選びます。頭皮への刺激が少ないヘアケア用品もおすすめです。

頭皮を保湿する

頭皮が乾燥していると乾性フケが発生しやすくなるため、頭皮の保湿にも力を入れましょう。育毛剤やローションを使用すると、頭皮を適度に保湿できます。またシャンプーやコンディショナーを保湿力が高いものに切り替えるのも効果的です。

頭皮が日焼けすると乾燥しやすくなるため、帽子やスプレータイプの日焼け止めで紫外線対策を行い、頭皮を保護するようにしましょう。

生活習慣を見直す

すでに触れたとおり、生活習慣が乱れていると頭皮の状態も悪化しやすくなります。フケを防ぐには、生活習慣の見直しも重要です。成長ホルモンの分泌により皮膚のターンオーバーが促されるため、質の高い睡眠をしっかりとりましょう。

また過度なストレスが溜まると、ホルモンバランスが乱れてフケが出やすくなる場合があります。ストレスを発散するための時間を確保し、運動にも取り組みましょう。

食生活を改善する

食生活も頭皮の状態に影響を与えるため、フケを防止するには食生活の改善が必要です。バランスのとれた食事を意識し、頭皮に栄養がしっかり届くようにしましょう。体の健康にはある程度の糖分や脂質も必要ですが、とりすぎは厳禁です。また、アルコールも摂取しすぎないように注意しましょう。

皮膚科を受診する

ここまでで解説した対策を実践してもフケが減らない場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。フケが気になり始めた時期やフケの種類などを医師に伝えると、根本的な原因を把握しやすくなります。その結果、効果的な改善方法もみつかりやすくなります。

まとめ

フケは誰でも出ますが、量が多い場合はさまざまな原因が考えられます。フケを防ぐためには適切な対策方法を取り入れ、日々のヘアケアに力を入れるようにしましょう。

マイナチュレは、女性向けのヘアケアブランドです。育毛剤は2021年通販部門 敏感肌ヘアケア市場で年間売上1位を獲得しました。敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用できるよう、添加処方にこだわっています。妊娠中の方でも、小さなお子さんでも、男性でも使用できます。頭皮を適切にケアするために、ぜひ活用してみてください。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら