女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2014.08.18   更新日:2017.09.08

これで夏のレジャーも楽しめる!抜け毛対策を紹介!

夏のレジャーは抜け毛の原因になることも

夏の海

海や山で過ごすときに髪のダメージを最小限に食い止め、抜け毛を対策するための方法についてご紹介します♪

海の水、山の紫外線は髪に大ダメージを与え、抜け毛の原因になります

水遊びの楽しい季節ですが、マリンスポーツや海水浴の後髪がゴワゴワ、パサパサに……。

そんな経験をしたことはありませんか?

海水やプールの水には塩素が含まれていて、これが髪に大ダメージを与え、抜け毛の原因になってしまうのです。

海水1リットルには、30~35グラムもの塩分が含まれているそうです!

プールの水は海と違って塩水ではありませんが、感染症の原因となる細菌やウイルスを死滅させために消毒の役割で塩素が含まれています。

塩素だけでなく、海水やプールの水には不純物も混ざっていますよね。

こうした異物が長い間、髪についていると、髪の水分やたんぱく質が失われてしまうのです。

赤っぽくなったりカラーリングした髪が変色してしまうこともあります。

さらに見逃せないのは、紫外線による影響です。

海や山に遊びに行ったとき、紫外線を浴びることでキューティクルがはがれて髪の内部が乾燥して、枝毛や切れ毛などのダメージを受けてしまいます。

髪が濡れているとキューティクルが開いた状態になるのは、以前にもお伝えしました。

キューティクルが開いたところに、塩素、不純物、紫外線といった髪の大敵が加わるので、遊んだ後の髪は、ダメージが気になってしまうことが多いのです。

そして、頭皮が受けるダメージにもご注意を。

毛穴に汗や汚れが詰まったままでいると頭皮が乾燥してしまい、フケやかゆみ、さらには抜け毛の原因になってしまいます。

 

夏レジャーでのダメージヘアーはシャンプーでケア

夏のシャンプー術

楽しく遊んだあとは頭皮・髪のダメージを最小限に食い止めるための方法を【4つ】ご紹介します。

① トリートメントで事前ブロック

前日の夜のシャンプーの後、洗い流さないタイプのトリートメント剤をつけて、髪に保護膜を作っておきましょう。

 

② UVカットスプレーや帽子、日傘を活用

海や山にお出かけする途中にも、紫外線は降り注いでいます。

その間のUVカットには、UVカットスプレーや帽子や日傘が役立ちます。

 

③ まとめ髪で防御

なるべく頭皮・髪が外気に触れる表面積を少なくするには、髪の長い方はおだんごヘアなどのまとめ髪をしたりするのも有効です。

 

④ 遊んだ後は、速攻水洗い&レモン水

帰ってきたらなるべく早くお届け風呂に入って髪や頭皮についてしまった汚れや汗を洗い流しましょう。

塩素のついた髪の毛には、軽くタオルドライした後、レモン水をかけると、指通りがよく、髪のもつれを防ぐことができます。

レモン水は、500CC のペットボトルに6分の1にカットしたレモンを絞ってよく振ってから使います。

 

⑤ 念入りなヘアケアを!

水洗いで大まかな汚れをとっても、入念なシャンプーで完璧にきれいにするのをお忘れなきように!

シャンプー後はコンディショナーをした後、アウトバストリートメントもしましょう。

頭皮に負担がかかったなと感じたら、育毛剤をつけながらのマッサージもおすすめです。

——————————————

いかがでしたでしょうか?

真夏の太陽の下で遊んだ後は、心地よく疲れてそのまま眠ってしまいたくなりますが、髪や頭皮もお疲れです!

ぜひいたわってあげて、美しさをキープしましょう♪