女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2012.11.12   更新日:2016.04.17

ストレスと育毛の関係!?

前回の更新時には
髪にも悪影響!「ストレス」の正体とは??
をご紹介しました。

今回はその続きです。 それではストレスと育毛ケアには
どんな関係があるか ご紹介いたします。

ストレスと育毛ケアの関係

心地よく「いい刺激」として感じられる‘快ストレス’は、
やる気を引き起こしたり、殻だの抵抗力を高めてくれると
いわれています。

それとは逆に、「ツライ涙 」と感じ‘不快ストレス’は、
心身に悪影響を及ぼすことがあるのです。

身体へのストレス反応は、人によって異なりますが、
比較的、身体の弱い部分に反応が出やすいといわれています。

例えば、ストレスで胃が痛くなるのもその代表。
特に女性の場合は、肌荒れや二キビなど皮膚にストレス反応が
あらわれてしまうことも少なくありません。

皮膚にストレス反応があらわれやすいという女性は、
頭皮や髪にも悪影響が及ぶ可能性が高いといわれています。

抜け毛や薄毛の原因がストレスのせいだったという声を
よく耳耳 にするのも、この反応のあらわれかもしれませんね。

とはいっても、全くストレスを感じないようにすることは
忙しい現代女性にとっては、なかなか難しいことです。

大切なことは「ストレスと上手に付き合っていく」こと
これが出来ればストレス反応を軽減できることでしょうひらめき

ストレスと上手に付き合って健康な頭皮と髪をキープしましょう!

ストレスを全くゼロにすることは出来ませんが、
ストレスと上手に付き合うことが出来れば育毛効果だけでなく、
美容と健康のためにも良い効果が期待できます。

ここで、「ストレスと上手に付き合う3 (three) つの方法」を
チェックしてみましょう♪

ストレスを自覚すること!

「あなたはストレスを感じていますか??」と聞かれたら
「もう毎日ストレスばっかり!」と答える方がいる一方で、
「う~んそこまで感じないかも」と答える方もいますよね。

ストレスの感じ方は人それぞれですから、
小さなことがストレスになる方もいらっしゃいますし、
あまり気にならないという方も。

あまりにも不快ストレスに感じやすいというのは問題ですが、
それと同じくらい気をつけたいのが自覚のないストレス。

過敏になる必要はないものの、「最近、よく眠れた感じがしないなぁ眠い (睡眠)
「いつもと変わらないスキンケアをしているのに肌が荒れる」
「抜け毛が急に増えて気がする」
「生理前でもないのになんか気分が沈むバッド (下向き矢印) 」など、

身体や肌からのちょっとしたストレスサインを見逃さないようにしましょう!

ストレスを言葉に出してみること!

よくいわれている通り「ストレスひとりで抱え込まない」
ことが大切な第一歩です。

誰かに“話す”“聞いてもらう”という行為を通して、
自分自身の素直な気持ちに気付けるからです。

誰かに聞いてもらう時は、別に答えを出してもらう必要はありません。

特に女性ハート は男性スペード 以上に、「話すことそのものが目的だ」なんて
話も聞いたことがあります。

何か(解決)のために話したいのではなくて、
話をしていることそのものが目的。

そういう意味では話す相手は考えないとだめかもしれませんね。

聞いたら「自分が何とか解決してあげなくちゃ」という気持ちが
強過ぎる人と話をすると、かえってお互いにしんどいこともありますふらふら

とはいえ、人に話すのもね…と躊躇する場合。

次の策としては、「書く鉛筆 」があります。
ブログがあんなに短期間に広まったのを見ていても、
いかに多くの人が「私の話聞いて」と感じているのかがわかるなあと思います。

日記みたいにきちんとした形でなくてもいい、
紙一枚広げて思いつくまま感じたことを文字にしていくと、

自分でも驚くくらい頭が整理されていくのがわかります。
「何だかわからない」と思っていた不安やイライラの原因が、
突如発見できたり、「なぁんだ、こんなことだったのか」と思うことや、
「ここが問題だから対策を考えよう」と
次へのステップに結びつくことだってあります♪

自分の「心地よさ」を大切にすること!

「ストレス解消に何をしますか? 」…と問われたら。

試しに何人かに聞いてみたら、
「歌うカラオケ 」「ケーキワンホールバースデー 」「ゴルフ打ちっぱなしゴルフ
「ドライブ車 (RV) 」「ひたすら寝る眠い (睡眠) 」「本本 」「お風呂いい気分 (温泉) 」…etc.

解消法も本当に人ぞれぞれですね。

身体動かしたい人に、読書をさせてもストレスは発散されない。
眠りたい人に、ドライブ強要したらさらにストレス。
つまり「好きなことをする」「心地よいことをする」が鍵パスワード なのです♪

あとは、毎日当たり前になっているちょっとしたもので
不快ストレスを減らし、快ストレスを得られるものがあります。

例えば、身の回りのものの見直し。

お風呂あがりに使うタオル、くたびれてゴワゴワして
使い心地が悪い……なんてことはありませんか??

あまり好きじゃない香りのシャンプーで我慢していませんか??

いつも見る「鏡」が汚れてくすんでいませんか??

「あ、そういえばひらめき 」と気になることがあれば
思い切って変えてみるのもストレスと上手に付き合う方法のひとつです。

たとえば定番になり過ぎている朝食メニューを一新してみたり、
自分にとって気持ちのいいことや、 すっきりできることを積極的に取り入れたり、
ちょっとだけエネルギー使って新しいことをしてみるのもいいと思いますぴかぴか (新しい)

余分なストレスは少ないに越したことはないけれど、
日常生活とストレスは切っても切り離せない関係。

…であれば、“抱え込まない”“溜め込まない” 工夫 をしながら、
上手にコントロールしていきましょう!

気持ちが落ち込んだり、イライラしたりと
お肌のダメージに繋がりそうな不快ストレスも、
なるべく「楽しい」「心地良い」と感じられる
快ストレスにスイッチできたらいいですね♪

2 (two) 回に渡りお話いたしましたがいかがでしたでしょうか?

ストレスから抜け毛や薄毛の問題があらわれてしまう女性も
増えてきています。

まずは自分のストレスときちんと向き合ってみましょう!
上手に工夫をして健康はもちろん、育毛対策にも
役立てていきましょうね指でOK