女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2012.07.23   更新日:2017.09.22

湿気が多くてくせ毛になる!その原因と対策を紹介

48e09a807f1f08c5f1e69f156527fdb4_s

 

梅雨から夏にかけて気になる湿気。

スタイリングもうまく決まらず、この時期特有の髪のくせ毛が気になる方も多いと思います。

実は湿気でくせ毛になりやすい人は、ダメージヘアになりやすいことが分かっています。

そこで今回は、

・なぜ湿気が多いとくせ毛になるのか

・なぜくせ毛だとダメージヘアになりやすいのか

・くせ毛の対策

の3つをご紹介します。

 

くせ毛の原因は髪が必要以上に湿気を吸収するから

湿気のせいでくせ毛になり、スタイリングが決まらない、髪がパサつく、と悩んでいる方も多いです。

 

こんな悩みから「ストレートパーマをかけて髪をまとめる」という対策をしている方もいると思いますが、そもそもなぜ湿気が多いとくせ毛になりやすいのでしょうか?

その原因は「髪が必要以上に湿気を吸収するから」です。

 

【健康な髪の場合】

・髪の水分量は7~11%に保たれている

・ドライヤーをかけても髪の水分は失われない

・湿気が多い時でも最大35%までしか水分を吸収しない

 

【ダメージヘアの場合】

・髪の水分が一定に保たれない

・湿気が多いと最大68%ほどの水分を吸収してしまう

 

このように、髪がダメージを受けている場合は、湿気を吸収しすぎるため注意が必要です。

水分を必要以上に吸収すると、髪がうねりやすくなるためくせ毛になりやすいのです。

 

くせ毛はキューティクルが剥がれているからダメージを受けやすい

髪の表面は「キューティクル」といううろこ状のもので覆われており、髪の水分量も一定に保ってくれています。

つまり髪が必要以上に湿気を吸収してしまい、くせ毛になるということは、キューティクルが剥がれている可能性が高いのです。

 

キューティクルは髪の水分量を一定に保つという働き以外に、

・枝毛や切れ毛

・紫外線による髪の日焼け

・ドライヤーの熱

などから、「髪の表面を保護する」という大切な役割があります。

キューティクルが剥がれていると、髪にとっては無防備な状態であり、ダメージヘアになりやすいのです。

 

くせ毛対策はキューティクルを引き締める

湿気が原因でくせ毛になるのなら、「キューティクルを引き締める」

これが一番大切なことです。

髪も必要以上に湿気を吸収しなくなるので、くせ毛になりにくくなります。

そのためには、お風呂上がりのドライヤーのかけ方を変えましょう。

 

【ドライヤーの手順】

①温風で濡れた髪を80%くらいまで乾かす

1か所にドライヤーを当て続けないように、左右に振りながら髪全体を乾かすように当てます。

 

②髪がある程度乾いたら、ヘアスタイルを整える

必要以上にブラッシングすると、髪を傷めてしまうので注意しましょう。

 

③最後に冷風を当てて、キューティクルを引き締める

温風を当てたままではキューティクルが開いたままです。最後に冷風を当てることにより、引き締めることができます。

髪のつや出し効果も期待でき、キューティクルが閉じた状態なのでくせ毛になりにくく、翌日のヘアスタイルもキープしやすくなります。

 

いかがでしたか?

湿気が多い時期でも、ドライヤーのかけ方でくせ毛をある程度防ぐことができます。

 

他にもくせ毛が出てしまう原因には、

・生活習慣の乱れ

・間違ったヘアケア

・女性ホルモンのバランス

なども考えられます。

 

下記のページで、くせ毛の原因をまとめておりますので参照してみてください。
https://www.my-nature.jp/content/other/2891/

規則正しい生活を送り、湿気によるくせ毛に負けないようにしましょう。