女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2012.11.30   更新日:2017.10.12

冬の季節の育毛ケアには心のケアも大切

93c6acbf121e8f4c9098c166156b38ac_s

なぜか毎年、秋が深まり冬になると メランコリーな気分に悩まされる、ということはありませんか?

心配事が増えて、不安感が高まる。 日中ひどく眠くて集中力に欠ける。
甘いお菓子をついつい食べ過ぎてしまう…

冬の季節にはこんな気分の変化がつきものです。

特に女性の場合はホルモン変化などの影響から 気分が落ち込んだり、イライラしたりしやすいもの。

この「冬のメランコリー」を放っておくと、 ストレスを感じやすく、自律神経の働きが低下したり、身体の不調へつながるため、育毛ケアにとっても悪影響なのです。

今回は、これからの季節の心のケアに注目して 育毛ケアに役立ててみましょう♪

 

ストレスは育毛ケアの大敵です。

気温の低下にともない気分も落ち込んだり、秋が深まり冬になると、わけもなく気分が沈むのはなぜでしょうか?

冬のメランコリーは「季節性うつ」「冬季うつ」とも 呼ばれています。

「うつ」というと深刻な症状に感じてしまいますが、 秋から冬の間に引き起こされる一時的なものです。 春になると自然に改善させるため、今の季節に注意が必要なのです。

一般的なうつは、「不眠・食欲不振」が多いのに対して、冬季うつは、「過眠・過食」が多いこともひとつの特徴です。

・むしょうに甘いものが食べたくなる
・十分寝たのに眠気がとれない
・仕事がはかどらない

などなど、冬季うつの大きな原因は「日照時間の減少」では ないかと考えられています。

秋~冬にかけては夏に比べて日の出が遅く、日没が早い上に、日差しも弱くなります。

ちょっと専門的なお話になりますが、 日照時間が減少すると、脳内にある‘セロトニン’という
神経伝達物質が減少するといわれています。

セロトニン’は心のバランスを保ち、 感情をコントロールする働きがあるため、不足すると 憂鬱な気分になりやすくなるのです。

また日照時間が少なくなると「体内時計 」のリズムが乱れることも。すると、眠りをさそうホルモンのバランスが崩れて 睡眠に変化をもたらすといわれています。

その結果、免疫力が落ちたり、ストレスに対抗する 自律神経の働きが低下して、心と身体の不調はもちろん、美容や育毛ケアにも悪影響を及ぼす心配があります。

 

冬のメランコリーサインは?

「もしかしたら、私も冬のメランコリー病かも??」
と少しでも感じたら、冬季うつのセルフチェックをしましょう。

<冬季うつのサイン>
・憂鬱で無気力になり、わけもなく悲しくなる
・なぜか自分を否定してしまう(自己否定的になる)
・いつもなら出来る仕事がうまく出来ない
・集中力や思考力が明らかに落ちる
・睡眠時間が長く、十分眠っても朝起きられない
・甘いお菓子を食べ過ぎたり、ごはんやパンなど 炭水化物に偏った食事を好む

……こんなサインが気になる場合は、生活習慣の見直しで 冬季うつを遠ざけましょう

冬のメランコリーは、毎日のちょっとした生活の中に ちょっと心がけをして遠ざけることが出来ます。体内時計のリズムを整えて身体機能をアップさせてストレスを遠ざけるためにも、夜は早めに就寝しましょう。

朝は早めに起きてお部屋に太陽を入れるのもコツです!明るい太陽の光を浴びることで、
神経伝達物質の‘セロトニン’が増えて気分の落ち込みなどの症状を 改善する効果があるといわれています。

あまり日の差し込まない部屋で暮らしている方や 日中オフィスからほとんど出ない人は、少し早起きをして外に出てみる。忙しい方は、お休みの日に日向ぼっこをしたりとアウトドアを楽しむ。意識的に日に当たってみるのもいいでしょう。

太陽の光で気分がリフレッシュ!

明るい気持ちになれるので冬のメランコリー気分解消に 役立つといわれています。

太陽の下でちょっと身体を動かすのもおすすめですよ♪