女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2014.10.21   更新日:2017.09.21

間違った自宅ヘアカラーは危険!? 髪を守ってヘアカラーする方法

自宅でヘアカラー

 

ヘアカラーは髪には過酷!ダメージを軽減するには?

ヘアカラーには様々な種類があります。

 

【カラーリンスやヘアマニキュア】

髪の表面にカラーを付着させると同時にキューティクルを保護してツヤや潤いを与えるものです。

髪へのダメージは少ないのですが、色持ちは約2~3週間と短めです。

 

【ヘアカラー】

髪にとって負担が大きいのは、約1~2カ月ほど色味が長持ちするヘアカラーです。

髪の色を薄くしてから色を加えるので、髪の表面だけでなく髪内部にも負担がかかってしまい、ダメージにつながります。

ヘアカラーは髪内部のメラニン色素を酸化分解し、脱色するものなので、やはり髪への負担は大きいです。

 

髪のダメージを避けるにはカラーをしないのが一番!

そうは言っても、お洒落な色を楽しみたいのが女心ですよね。

美容サロンでカラーリングをすれば好みの色に仕上がりますが、セルフカラーをする際には、以下のことに気をつけてください。

 

■パッチテストを省略しない!

ヘアカラー剤は「劇薬」です。

頭皮につくことも多いため、アレルギーやかぶれなどのトラブルを避けるには、パッチテストが大切です。

女性の体はデリケートです。体調によって合わないこともあるので、使用したことのある製品でもカラーリングのために、パッチテストをすることをおすすめします。

 

■カラーリング前はシャンプーのみ

シャンプー&コンディショナーが毎日のヘアケアの基本ですが、髪の表面や内部にカラーを浸透させるため、カラーリングの前は、シャンプーのみにしてください。

直前に洗うのではなく、前日までにしておくのが理想です。

 

■ビギナーさんは暗めのカラーをチョイス

美容サロンでは理想のカラーに染め上がりますが、それはプロの腕で何種類もの薬剤を使うからこそできるものです。

ホームカラーのビギナーさんは冒険しすぎずに、ご自分の髪色に近いトーンを選びましょう。

 

■小分け&くし使いが大切です

カラー剤を「なんとなく」塗布するのは、ムラの原因です。

前髪、トップ、後頭部、サイド、襟足部分を細かく分けて染めましょう。

ムラや染まりにくい根元にカラー剤を浸透させるには、くしを使って髪を梳かすようにおこなうのが有効です。

 

きれいなカラー&ツヤ髪をキープするには、カラー後のケアが大切!

美容サロンでカラーリングした後には、「これでもか!」というほどケアしますよね。

カラー剤をしっかり落とした後のシャンプーでは、頭皮についた薬剤も落とすように気をつけてくださいね。

薬剤を落とした後は、コンディショナーで髪を保護します。

最近人気の洗い流さないタイプのアウトバストリートメントは、カラーの持ちを低下させるようなので、カラーリングの直後は避けるようにしてください。

 

そしてドライヤーで乾かします。

カラーリング中に開いた状態になっているキューティクルを、ドライヤーの熱風でキュッと引きしめてあげるのです。

 

先ほどもお伝えしましたが、カラーリングは髪に負担をかけてしまいます。

ですので、カラーリングの後は普段のヘアケア以上に髪や頭皮をいたわりながら、ケアしてあげてください。

 

特別なことは何もありません。
日ごろ、何気なくやりがちなシャンプー&トリートメントを、より丁寧におこなうだけでカラーの持ち、髪の輝きはキープできます♪

 

いかがでしたでしょうか?

一説によると、日本では平安時代から「毛染め」が行われていたそうです。

美しい髪色でいたいのは、今も昔も変わらないのですね!

あなたもぜひ、素敵な髪色、そしてうるうる・ツヤツヤな髪で毎日のおしゃれを楽しんでくださいね♪