女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2014.11.12   更新日:2016.05.30

冬の乾燥に負けない!フケ対策は頭皮のうるおいがポイント

 

 

 

 

 

 

冬のヘアケアでいちばん大切なのは、乾燥対策です。

乾燥からくるフケも、絶対避けたいところです!

 

そこで今回は、

カサカサ頭皮のフケ・ストップ術を探っていきたいと思います。

髪のパサつく冬は
乾性フケにもご注意ください

 

冬は乾燥の季節、秋から冬にかけての湿度は

20%を切ることがあります。

 

人が快適に暮らせる湿度の目安は40~60%程度だそうですから、

かなり低くなっていることがわかりますね。

 

さらに空気中に含まれる水分量も、夏場の1/3になるため、

「乾燥している!」と実感するのです。

 

髪のパサつきやお顔の乾燥を感じたときには、

頭皮も乾燥しています。

 

乾燥が進むと、頭皮の角質細胞がはがれ落ちてフケになります。

フケにはパラパラとした乾性フケ、ベタつく脂性フケがありますが、

乾燥からくるのは、乾性フケです。

 

実は健康な状態の頭皮からも

目に見えないほどの大きさのフケは出ていますが、

乾燥している頭皮から出るフケは、大きく、量も多くなります。

 

また、フケの出る原因には以下のものもあります。

 

・ストレスや運動不足

・偏った食生活での栄養不足

・パーマやカラーリングによる刺激

・洗浄力の強いシャンプーによる皮脂のとりすぎ

・不衛生な状態による頭皮環境の悪化

 

一つでもあてはまるものがあったら要注意です、対策しましょう!

 

乾燥を防いで
髪のうるおいをチャージしましょう

 

フケをはらい落とそうとして乱暴に頭皮を触ったり、

なくすために入念にシャンプーしたりする方がいるようですが、

それは逆効果です!

 

パラパラ落ちるフケを防ぐためにいちばん大切なのは、

頭皮の乾燥防止&保湿です。

 

シャンプーのしすぎや洗浄力の強すぎるシャンプーは、

乾燥を招く大きな原因です。

 

シャンプーは1日1回を守ってください。

また、シャンプーのおすすめは、

アミノ酸系の弱酸性、ノンシリコンのシャンプーです。

マイナチュレでも女性向けのアミノ酸系のシャンプーの取り扱いがございますので、

もしよろしかったら試してみてください。

 

人工着色料や人工香料入りのものは、頭皮への刺激が心配ですので

あまりおすすめできません。

 

頭皮の皮脂を取り過ぎないように洗った後の保湿には、

椿油など、天然のオイルがおすすめです。

 

洗顔後にお顔に化粧水をつけるように、

頭皮専用のローションをつけるのも有効です。

 

また、室内に加湿器を置いて髪や頭皮を守るのも

乾燥&フケ対策には効果的です!

 

——————————————

いかがでしたでしょうか?

 

フケは頭皮の乾燥を知らせるサインなのです。

お出かけ前は、肩や生え際にフケがないかチェックして、

頭皮のうるおいチャージを気にしてあげてくださいね。

シャンプーバナー