女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2015.02.03   更新日:2017.04.11

髪のメカニズムを知って薄毛・抜け毛の原因と対策を知る

名称未設定-1

薄毛・抜け毛を予防する為には、髪のメカニズムを深く理解し、何をするべきなのか、正しい情報を整理しなければなりません。今回は、美しく健康な髪を生やすために、髪の毛がどうやって生えてくるのか、髪のメカニズムのお話をさせていただきます。

▼コチラの記事もどうぞ
https://www.my-nature.jp/content/cause/3961/

抜け毛・薄毛のメカニズム1:髪の毛の量は生まれたときに決まっている?

髪が最初にできるのは、まだお母さんのお腹の中にいるときで、頭皮の表面に毛母細胞(ケラチノサイト)ができます。これが髪の毛を作り出す大元になります。

赤ちゃんの髪はどうして柔らかいの?

赤ちゃんの髪は柔らかなうぶ毛ですが、私たちがうぶ毛と呼んでいる毛は、正しくは軟毛と言います。軟毛には髪の芯の部分であるメデュラがないため色が明るく茶色で、とても柔らかいのです。乳児期から幼児期にかけて、メデュラができてくるようになると、軟毛がだんだんと大人の硬毛に変わってきます。

大人でも髪の生え際には、軟毛が生えています。また、脱毛症の種類によっては、硬毛がメデュラのない軟毛に逆戻りしてしまうという現象も見られます。

髪質や本数はいつ決まるの?

赤ちゃんと大人の髪の毛の量を比べると、ずいぶんと違って見えますよね。大人の方がはるかに多いように見えます。でも髪が生えてくる毛穴の数は生まれた時に決まっていて、成長途中で毛穴の数が増えたりはしません。

幼稚園に入るころまでに、髪の芯(メデュラ)ができ、決まった本数の髪が生え揃い、抜けたり生えたりを繰り返しながら、決まった髪の数をキープし続けます。

抜け毛・薄毛のメカニズム2:髪の毛はどうやって作られるの?

そもそも、髪の毛はどのように伸びているのか、不思議ではありませんか?髪の毛も植物と同じだと考えるとわかりやすく、皮膚の上に出ている部分を「毛幹」、皮膚の中に埋まっている部分を「毛根」といいます。

毛根の先にある丸く膨らんだのが「毛球」で、ここが毛を作る司令官になります。毛球が「毛を作りなさい」という指令を、毛を作る細胞(毛母細胞)に出すと、毛母細胞は次々に分裂を繰り返し、毛を作り出していきます。

毛母細胞が活発に分裂を繰り返すには、毛細血管を通して、毛母細胞に栄養や酸素を補給する必要があります。そこで大事なのが、いつもお話をさせていただいている、頭皮の血行促進なのです。

健康な髪を生やすために、血行を促す頭皮マッサージを定期的に行いましょう。

抜け毛・薄毛のメカニズム3:ヘアサイクルが乱れると薄毛に繋がるワケ

髪の毛は継続して伸び続けているわけではなく、一定期間ごとに生えかわり、この生えかわりの周期を「ヘアサイクル(毛周期)」といいます。

毛がどんどん伸びている「成長期」、成長が止まる「退行期」、自然に抜けるのを待っている「休止期」の3つの時期を1サイクルとしてぐるぐる回っています。

成長期

細胞分列をしながら髪をどんどん伸ばしていく時期。生えている髪の90%くらいが成長期だと言われています。この間が2~6年。

退行期

毛球が「髪の毛を作りなさい」という指令を出さなくなるので、毛母細胞は分裂を止めて、毛の成長が止まります。この期間が約2週間。

休止期

成長の止まった髪は、自然にぬけ落ちるのを待ちます。そしてその下では、新しい髪を作る準備が始まっています。この間が3~4ヶ月。

このようにそれぞれの髪の毛が成長したり、抜け落ちたりしているので、私たちの髪はいつでも同じくらいの量をキープしているのです。

抜け毛・薄毛のメカニズム4:薄毛になってしまうのはなぜ?

髪の毛は1本1本が周期的に生まれ変わっているはずなのに、ではなぜ薄毛になってしまうのでしょうか。その理由の一つが髪の生産性機能の衰えだと言われています。

頭皮環境の悪化、ホルモン分泌の乱れ、栄養不足、血行障害、加齢などで、髪の成長期が短くなってしまうことがあります。

正常な状態では5年前後の成長期が、短くなってしまい、毛が長く育たないうちに抜けてしまったり、太い毛が育たずに細く短い毛ばかりが生えてきたりします。

抜け毛・薄毛のメカニズム5:薄毛を改善するために

ヘアサイクルの乱れによる薄毛を改善するためには、その原因を見直していくことがとても大切なのです。下記項目に一つでも当てはまる方は、まずはそこから見直しましょう。

・好き嫌いが多く、食事が偏りがち
https://www.my-nature.jp/content/cause/10536/

・夜更かしが多く、平均睡眠時間が6時間未満
https://www.my-nature.jp/content/care/4136/

・運動が苦手であまり体を動かさない
https://www.my-nature.jp/content/care/954/

・パーマやヘアカラーを月に2回以上している
https://www.my-nature.jp/content/care/8195/

・洗髪後はドライヤーではなく、自然乾燥している
https://www.my-nature.jp/content/care/10581/

・ストレスを感じていることが多い
https://www.my-nature.jp/content/cause/16383/

編集後記

いかがでしょうか?いつまでも美しく健康な髪を生やすために、なるべく規則正しい生活を送り、バランスのよい食事を心がけましょう。正常なヘアサイクルを全身の健康とともに維持しましょう。