女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2015.10.09   更新日:2016.05.30

白髪の予防と白髪を黒髪に戻す方法

白髪 予防
初めて白髪を見つけた時って「私ももう年だな…」と
ちょっと寂しい気持ちになってしまいますよね。

「 打倒、白髪! 」
これ以上白髪を増やさない様に、白髪について調べつくしました。

目次

白髪の発生年齢は男性で34歳、女性は35歳と言われています。
最初は生え際などの部分的なところに生え出して→→→40代の半ばになると全体に広がってきます。

インターネットによる『髪の悩み調査』でも「白髪がある」がダントツの1位ですから、30代以上の人の多くが白髪で悩んでいるということがよく分かります。

さて、どうして黒髪が白髪になってしまうのでしょうか?

髪が白くなるのはメラニン色素の減少

白髪を黒髪

ちょっと驚いてしまうのですが、髪の毛はもともと白色なんです。それが黒くなるのは、メラノサイト(色素細胞)が作り出すメラニン色素が毛髪に送り込まれて、黒い髪に成長していくからです。ところがメラノサイトの働きが何らかの原因で衰えてしまうと、メラニン色素が減少し、色味を付けることができなくなります

原因として考えられるのは、まず加齢ですが、その他にも遺伝やストレス、病気、睡眠不足、ダイエットや偏食による栄養不足なども考えられます。

これらの影響で色素が毛髪にいきわたらないから、白い髪のまま生えてきます。白髪が気になりだしたら、それ以上増やさないために、早めのケアを始めましょう。

メラノサイトの働きを低下させないように、生活環境や食事などを改善することで、白髪の予防は可能なのです。

白髪を予防し、増やさない5つの方法

</>

白髪 黒髪

1 バランスのよい食事を心がけましょう

髪の主成分になるタンパク質をしっかり摂ること。

髪にいいタンパク質を含む食材は、アジ,サバなどの青魚、鶏ささみ、チーズ、卵、豆腐や納豆などがあります。ご飯を食べるなら白米よりも精製していない玄米のほうがミネラルが豊富です。

白髪予防に効果がある亜鉛、銅、鉄、カルシウム、そしてビタミンEが豊富なのが黒ゴマ。吸収されやすい すりゴマを選んでくださいね。

アーモンドも良いでしょう。海藻に含まれるケルプも髪に良いと言われています。

そして気をつけたいのが食事をする時間。
焼肉やステーキを遅い時間に食べたりすると、消化にエネルギーが使われて、メラノサイトの修復するエネルギーが足りなくなります。

肉は特に消化に時間がかかる為、就寝の4時間前には食べ終わるようにしましょ
う。

2 からだを冷やさない

白髪を予防するには髪を育む栄養を摂らねばなりませんが、さらに血流をスムーズにすることも大事です。

血行を促進するには、からだを温めること。

首、手首、足首を温めるだけでも、体温は上昇します。家の中でもちょっと首にスカーフなどを巻くだけで、体は温かくなりますよ。家ではかわいい腹巻などして、お腹が冷えないようにしましょう。

また白湯はやさしく胃腸を温めてくれるので、冷え性で悩んでいる方は白湯を飲む習慣をつけてくださいね。

3 育毛剤で頭皮マッサージ

白髪予防に最も有効なのは、血行を促す頭皮マッサージです。
頭皮が硬くなっていると血流が滞り、メラノサイトまで栄養を届けることができずに白髪になりやすくなります。

シャンプーと一緒に頭皮マッサージを行いましょう。指の腹を使って、生え際から頭のてっぺんに向かって揉みほぐしていきます。

そしてシャンプー後にも、血行を促進する成分が入った育毛剤で、もう一度マッサージをします。

最近の傾向として、パソコンやスマホで目を酷使して、頭皮が固くなってしまう人が増えています。
目の周辺の筋肉が疲れて血行不良になれば、頭皮の血行不良に繋がります。

パソコンの眼精疲労はずっと一点を見つめているからなので、ときどき上下左右に眼球を動かし、こめかみから頭皮のマッサージをしてください。

血行のよい頭皮環境を保つことができます。

4 12時前には眠りましょう

きちんと眠ることも髪にとってはプラスになります。
遅くても12時には寝て、6~7時間はぐっすりと眠りましょう。。

寝ている間に、ダイエットホルモンと言われる成長ホルモン、細胞を修復するホルモン、髪の成長にも関係する女性ホルモンなどが分泌されるのです。

なかなか寝付けないという人は、眠る1時間前くらいにお風呂に入ると、ちょうど眠る時間に体の体温が下がって、深い眠りに入れます。

5 ストレスの発散を心がけて、溜め込まないこと

ストレスはからだの弱っている部分に影響を及ぼすと言われていて、ストレスによって白髪や抜け毛が増えることはよく知られています。

ストレス性の白髪でも、たとえば大きなストレスを受けて一時的に出てきた白髪は、そのストレスが取り除かれると黒髪に戻ることがあります。

しかし、じわじわと心とからだに溜まっていく日常的なストレスから発生した白髪は、黒髪には戻りません。むしろ白髪は増えていくばかりです。

ストレスを発散するためには、まず深呼吸から始めましょう。

ゆっくりとお風呂につかったり、軽くストレッチをしたり、のんびりハーブティを飲むことで、自律神経のバランスが整い、気持ちが落ち着きます。
カフェインを含んだコーヒー、紅茶は血行を悪くするので1日2杯くらいまでに。白髪を増やしたくないなら、ハーブティがおすすめです。

編集後記

いかがでしたでしょうか。

白髪は出始めが肝心。気がついたときに、増やさないように気をつけること。
白髪の予防法は、結果的には美しく健康な髪作りにもつながります。

白髪を発見した方は、さっそく予防法をはじめてくださいね。