女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2013.12.04   更新日:2017.10.02

女性ホルモンと薄毛の密接な関係

女性ホルモンと薄毛の関係
薄毛と女性ホルモンの間には、密接な関係があります。加齢が原因で、女性ホルモンが失われると薄毛を引き起こすことがあるのです。女性ホルモンの働きとメカニズムを知って、育毛ケアに役立てましょう。

目次

女性ホルモン減少が薄毛の原因?

薄毛は男性だけの問題ではありません。女性ホルモンの減少が原因で、女性も薄毛になってしまうことがあります。美しい髪の毛を保つために、重要なのがエストロゲンとよばれる女性ホルモン。

このエストロゲンが減少すると、女性の体に様々な影響を及ぼします。たとえば、髪の毛の寿命が減ったり、コシが失われたり。このエストロゲンが過度に不足してしまうと、薄毛につながってしまうのです。

薄毛の原因はストレスや食生活、遺伝など千差万別ですが、薄毛に悩んでいる女性の方は、まず体内のエストロゲンが、減少している可能性も考えておきましょう。

女性ホルモンが減ってしまう原因

女性ホルモンが減ってしまう原因には、女性の体の仕組みが関係しています。平均的な日本人女性は、40代半ばから50代半ばの更年期に卵巣の働きが低下。

女性ホルモンの分泌が急激に減ってしまい、薄毛として身体に影響が現われるのです。加齢による女性ホルモンの減少は、避けては通れない道。何らかの薄毛対策は必須といえるでしょう。

女性ホルモンが減少する原因は加齢だけではない

注意すべきなのは、加齢による女性ホルモンの減少だけではありません。強いストレスや生活習慣による、ホルモンバランスの乱れにも注意が必要です。

ホルモンバランスが崩れると、身体的や精神的にも悪影響。さらなるイライラや不眠を引き起こし、薄毛が進行してしまう原因に。

ホルモンバランスの崩れによる不調は、一般的に更年期障害として知られています。ただし過度なダイエットなどによるストレスや生活習慣の悪化がホルモンバランスを乱すこともあります。まだ更年期にさしかかっていない女性も、ホルモンバランスの乱れには注意が必要です。

 

女性ホルモンを整えるレシピ

女性ホルモンを整えるためには、どうしたらよいのでしょうか。オススメは、ずばり豆乳。豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きをすることが知られています。エストロゲンが減少してしまっても、豆乳を摂取すればある程度の薄毛対策をすることができます。

よりオススメなのが甘酒豆乳

豆乳を飲むよりも、強くオススメしたいのが甘酒豆乳。甘酒は、薄毛対策には欠かせないビタミンB群が豊富。頭皮を健康に保ち、育毛に適した環境を作る役割を果たしてくれます。

そこに豆乳に含まれるイソフラボンが、加われば鬼に金棒。効果的な薄毛ケアをするなら甘酒豆乳に決まりです。

甘酒豆乳の作り方はいたってシンプル。甘酒と豆乳を1 : 3の割合で混ぜ合わせればできあがり。甘酒がちょっと苦手という方は、はちみつを少し足せば飲みやすくなります。カロリーが少々高いので、1日200~300mlぐらいにとどめておきましょう。

薄毛ケアは女性ホルモンを意識することから

女性の薄毛には、女性ホルモンが密接に関わっています。薄毛の症状が現われたら、まずはホルモンバランスの乱れを整えることから始めてみましょう。イソフラボンの摂取や育毛剤の使用など、生活のなかで無理なく取り入れられるものを見つけてください。

マイナチュレのサプリメントや育毛剤は女性の薄毛対策の強い味方。毎日の食事に気をつけながら、育毛剤の使用を併用してみてはいかがでしょうか?

>>薄毛にお悩みの女性におすすめ女性用無添加育毛剤「マイナチュレ」はこちら

育毛剤バナー