女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

公開日:2019.07.02   更新日:2019.07.10

頭皮の正しい乾燥対策とは?乾燥の原因とケア方法を解説

 頭皮が乾燥すると、フケが出たり、頭が痒くなったりします。 フケや痒みを抑えるためには、頭皮の乾燥を防ぐことが大切です。 さて、頭皮が乾燥する主な原因は「外部からの刺激」と「地肌のトラブル」の2つです。 この2つの原因を解消することで、健康的な頭皮を手に入れることができます。 この記事では、頭皮の乾燥の原因と、正しい対策を解説します。

頭皮が乾燥するとこんなトラブルが!

頭皮が乾燥するとさまざまトラブルが発生します。 主な症状をご紹介します。

フケ

頭皮の乾燥は、フケの原因の一つです。 そもそもフケは肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れることで大量に剥がれ落ちる垢や角質のことをいいます。 健康的な肌からも垢や角質は剥がれ落ちていますが、健康な肌であれば剥がれ落ちる角質は細かいため目立ちません。 一方、頭皮が乾燥すると、皮膚を守るため新しい肌どんどんが作られ、まだ剥がれる必要のない角質が剥がれ落ちます。 また、新しい肌がどんどん作られても、その肌はまだ皮膚を守れるほどの力を持っていないため、外部の刺激から頭皮を守れず、さらに乾燥が進みフケが出るという悪循環が生じてしまうのです。

参考記事:フケの原因を理解して効果的な対策を

かゆみ

頭皮のかゆみや炎症として代表的なものが、「頭皮湿疹」と呼ばれるものです。 頭皮湿疹にはいくつか種類があり、皮脂汚れが毛穴に詰まる湿疹、頭皮が乾燥しすぎる湿疹、アレルギー性の湿疹などがあります。 頭皮湿疹が起きると、かゆみや炎症が起きて頭皮にニキビやフケが発生します。

抜け毛

女性の方で抜け毛に悩んでいる人も多いことでしょう。 実は、頭皮の乾燥は、抜け毛の原因の一つだといわれています。 正常な頭皮であれば、必要な栄養分が十分に届くので毛髪の成長が促進されますが、乾燥することにより頭皮環境が悪化し、抜け毛につながるのです。

頭皮が乾燥する8つの原因とは?

頭皮が乾燥してしまう理由として、「水分」と「油分」が損なわれることが挙げられます。 ここからは、頭皮が乾燥する原因は8つ紹介していきます。

洗浄力の強いシャンプーを使用している

洗浄力の強いシャンプーを使っていると、必要な皮脂や、水分を保持する役割のある天然保湿因子まで一緒に洗い流されてしまいます。 すると頭皮がどんどん乾燥してしまい、フケの発生や痒みの原因となります。

1日に何度もシャンプーをしている

1日に何度もシャンプーを使った洗髪をすると、皮脂の分泌が追いつかなくなるため、頭皮が乾燥します。 また、洗髪の際に爪を立ててしまうと頭皮が傷つく原因にもなります。 シャンプーを使った洗髪は1日1度、夜に行いましょう。

温度の高いシャワーで髪を流している

髪を流す時のお湯の温度にも注意が必要です。 お湯の温度が高いと、頭皮を守るために必要な皮脂が洗い流されてしまうため、頭皮の乾燥に繋がります。

髪をきちんと乾かしていない

ドライヤーを使うと頭皮が乾燥するからといって、ドライヤーを使わないで生乾きにしておくのはNGです。 頭皮を乾かさないと雑菌が繁殖し頭皮が炎症を起こすなど、重大な頭皮トラブルを起こしかねません。

食生活の乱れ

食生活の乱れも、頭皮の乾燥に大きく関係します。 食生活が乱れると栄養が偏り、頭皮の皮脂が足りなくなって、頭皮が乾燥することにつながりかねません。 何か特定の食品だけを食べていればいいわけではなく、バランスよく食事をすることが大切です。

参考記事:食生活を見直して薄毛を予防・改善しよう!

仕事などのストレス

ストレスを感じると頭皮環境が悪化し、頭皮の乾燥や痒みを引き起こす原因につながります。 ストレスが溜まると、ホルモンバランスが乱れたり血行不良になったり、薄毛や抜け毛の原因にもつながりかねません。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や運動不足などの生活習慣の乱れも、頭皮環境に悪影響を及ぼします。 特に睡眠は成長ホルモンの分泌に不可欠なものです。 睡眠不足になると、日中に受けた頭皮のダメージが修復されず、頭皮の乾燥に繋がります。 また、運動不足も血行不良の原因となり、頭皮に悪影響を与えます。

紫外線

意外と見落としがちですが、紫外線は皮脂による頭皮のバリア機能を低下させ、頭皮乾燥の原因となります。 また、紫外線は頭皮だけでなく毛髪にもダメージを与えてしまいます。 1年中気を付けておくべきですが、春から夏にかけては特に注意が必要です。

エアコンなどによる空気の乾燥

空気が乾燥すると、頭皮からも水分が失われて乾燥につながります。 特に冬場は気温や湿度が低下するため、肌全体の水分が不足しがちです。 また、エアコンが効いている部屋も空気は乾燥しがちですので注意が必要です。

カラーやパーマを繰り返し行っている

パーマ剤にはアルカリ性の強いものもあります。 しかし、頭皮は弱酸性のため、頭皮にパーマ液がつくと、頭皮トラブルの原因となります。

頭皮の乾燥をケアする9つの対策

ここからは、頭皮の乾燥を改善する方法を9つの対策を紹介します。 いずれも日々の生活ですぐに実践できるものばかりですので、参考にしてみてください。

低刺激のシャンプーを使う

シャンプーの見直しは、頭皮の乾燥対策として効果が期待できます。 中にはフケを防ぐために洗浄力の強いシャンプーを使っている人もいるかもしれませんが、逆効果の可能性があります。 洗浄力の強いシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまうことがあるのです。 皮脂は頭皮の水分を保つ働きがあるため、適度な量を維持することが頭皮の乾燥対策には有効です。 頭皮の乾燥に悩んでいる人は、シャンプーを変えるだけで効果が実感できるかもしれません。 シャンプーには石油系、石鹸系、アミノ酸系の3種類がありますが、頭皮や髪と同じ成分のアミノ酸系のシャンプーは頭皮への刺激が少ないです。

参考記事:薄毛はシャンプーで解消!正しいシャンプーの仕方・選び方

シャンプーの使用方法に気をつける

シャンプーを使用する際、汚れを落とすためにゴシゴシ力をいれて洗わないようにしましょう。 力を入れることで頭皮に傷がつき、頭皮環境の悪化につながるからです。 シャンプーをよく泡立て、泡で優しく汚れを落とす感覚で洗うことで、皮脂の流出をある程度防ぐことができます。 また、しっかりと洗い流しているつもりでも、シャンプーの洗い残しは意外とあるものです。 特に女性は頭頂部と後頭部の髪の量が多いため、シャンプーがきちんと流せていないことがあります。 シャワーと頭皮を洗う手を離さないようにしながら、ジグザグに流していきましょう。 もしも部分的にかゆみが生じているのなら、それはシャンプーの洗い残しが原因かもしれません。

正しい栄養バランスで食事を摂る

頭皮の乾燥は食生活にも原因があります。 例えばお肉や揚げ物、ケーキやチョコレートなどを過剰に食べ過ぎると中性脂肪が増えます。 血液中に中性脂肪が増えると、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるようになり、頭皮湿疹を引き起こし、頭皮の乾燥やフケ、かゆみにつながります。 頭皮環境を整えるためには、栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。 また、忙しくてどうしても食事が偏ってしまう場合には、サプリメントで不足する栄養素を補うといいでしょう。

規則正しい生活を心がける

血行不良も女性に多いかゆみの原因です。 運動不足により筋肉量が不足していたり、同じ姿勢で何時間も作業をしていると、頭皮に必要な栄養が届かずに血行不良となり、頭皮のかゆみを引き起こしてしまうことがあります。 また、慢性的な睡眠不足も血行不良に繋がります。 生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけましょう。

参考記事:髪に悪影響!NG生活習慣ワースト5

頭皮用の保湿ローションを使う

保湿のために頭皮用の保湿用品を使っても良いでしょう。 保湿ローションによっては、アルコール成分を含むなど、保湿よりも洗浄や清潔さに重点を置いた製品もあるため、保湿を目的としているローションを使用しましょう。 また、以前に化粧品などでかぶれやかゆみなどのアレルギー反応を起こしたことがある人は、成分の確認も忘れずに行いましょう。

ドライヤーの使用方法に注意する

ドライヤーの使用方法にもポイントがあります。 菌の繁殖を防ぐためにも、髪のダメージを防ぐためにも、できるだけ短時間で乾かすのが理想です。 タオルドライで水分をしっかり取り、ドライヤーを使って乾かしましょう。

タオルで優しく水分を吸い取る

濡れた髪の毛はキューティクルが傷つきやすくなっているため、タオルで拭く時にはゴシゴシと力任せに拭くのではなく、タオルを持った手で頭全体をやさしく包み込み、髪の根元の水分を吸い取ります。 その後、タオルで挟み込むようにして毛先までポンポンと叩くように水分を吸い取ります。

ドライヤーで一気に乾かす

ドライヤーの際には10センチ以上離し、風は頭の上から下へ、髪の根元に当たるように調節します。 イメージとしては、髪の毛を乾かすというよりも、頭皮を乾かす感覚です。 同じ個所に3秒以上あてないようにしましょう。ドライヤーは動かしながら、乾かしてください。 温風で9割程度乾かしてから冷風を全体にあてると、ツヤが出て手触りが良くなります。

参考記事:使い方次第!女性の薄毛対策になるドライヤーの使用法

頭皮マッサージをする

頭皮の血行不良による乾燥には、頭皮マッサージがおすすめです。 お風呂で湯船につかっているときや、お風呂上りなど、どんな場面でも手軽に行えます。 <手順> ・左右のこめかみ、生え際の真ん中などを指で5秒ずつ押しましょう ・えりあし付近も同じように親指で5秒ずつ押します ・指4本を使って側頭部を耳の上からゆっくり押し上げていきましょう ・4本の指で首を包み込むように5秒かけて首の横をゆっくり流します。

参考記事:マイナチュレオリジナル頭皮マッサージ

マッサージにかかる時間はほんの数分でいいため、忙しい女性でも手軽に行えます。

まとめ

今回は頭皮の乾燥に悩むあなたに向けて、効果的な頭皮のケア方法を解説してきました。 頭皮環境が健康であれば、抜け毛・薄毛の進行に歯止めをかけ、きれいな髪を維持することができるでしょう。