女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2021.07.21   更新日:2021.07.21

女性の生え際が薄くなる原因とは?主な悩みや薄毛・抜け毛の対策方法を解説

女性のなかには、薄くなった髪の生え際が目立つことに悩む人も多いです。薄毛の原因として、ヘアスタイルやホルモンバランス、生活習慣などが挙げられます。この記事では、生え際の薄毛に悩む女性に向けて解説しています。生え際の薄毛や抜け毛への対策方法なども紹介しているため、参考にしてください。

女性の生え際が薄くなる原因とは?主な悩みや薄毛・抜け毛の対策方法を解説

多くの女性が生え際の薄毛に悩んでいる

まずは、生え際の薄毛に悩む女性の年齢層や、具体的な悩みについて確認しましょう。

幅広い年齢層が症状を実感

生え際の薄毛に悩む年齢層は、加齢の影響を受けがちな40~50代だけではありません。20~30代であっても、日常でストレスを抱えていたり、食生活に乱れが生じていたりする場合に、生え際が薄くなる可能性があります。そのため、20~30代でも生え際の薄毛に悩む人がいます。ただし、産後による抜け毛は、一時的なものです。

主な悩み

髪の生え際が薄くなることで、おでこが広くなる、前髪の量が減るなどの悩みを抱えている人も多いです。たとえば、広くなったおでこを隠す、前髪をアレンジできないなど、楽しめるヘアスタイルが限られてしまう場合もあります。また、生え際を見下ろされることや、雨の日に地肌が見えやすくなることが、コンプレックスになってしまう人も少なくありません。

女性の髪の生え際が薄くなる原因

女性の髪の生え際が薄くなってしまう原因について、以下で詳しく解説します。

ヘアスタイル

髪の生え際が薄くなる原因として、ヘアスタイルが挙げられます。毎日同じ位置で束ねたり、髪を強く引っ張ったりするようなヘアスタイルばかりをすると、牽引性脱毛症になる可能性があります。牽引性脱毛症とは、頭皮が刺激されて血行不良になった部分の毛が薄くなる症状のことです。一般的に、女性特有の脱毛症とも言われています。

ホルモンバランスの乱れ

不規則な生活をすると、ホルモンバランスが乱れやすくなります。ホルモンバランスの乱れは、髪の生え際が薄くなる原因のひとつです。とくに、女性は出産や閉経などに伴い、女性ホルモンのバランスが大きく乱れます。

女性ホルモンには、髪にハリやコシを与える作用があると言われており、ホルモンの分泌量が減少すると髪が細くなるうえに、抜け毛も増えやすくなる傾向にあります。

毛穴のつまり

頭皮の毛穴がつまることで、薄毛につながる場合もあります。毛穴がつまると、頭皮の炎症を招き、髪の毛が抜けてしまいます。毛穴のつまりを引き起こす要因は、生え際まで塗ったファンデーション、シャンプー、スタイリング剤などの洗い残しです。

また、ホコリや花粉・皮脂・古い角質・汗などが原因で毛穴のつまりを引き起こす場合もあるため、しっかりと洗い流すことが大切です。

頭皮に合わないシャンプー・コンディショナー

使用するシャンプーやコンディショナーが頭皮に合わないことも、薄毛になる原因のひとつです。とくに、界面活性剤を含むシャンプーを使用する場合は注意が必要です。

界面活性剤は、頭皮の皮脂や汚れを落とす目的で使用されますが、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまう場合があります。頭皮に合わないものを使用すると乾燥が促され、頭皮環境を悪化させてしまいます。

ヘアカラーやパーマのダメージ

ヘアカラーやパーマを繰り返し行うことによって、薄毛が促されるケースも少なくありません。白髪染めを含むヘアカラーやパーマによって髪にダメージが蓄積し、炎症や肌荒れが起こる場合もあります。髪へのダメージを減らすためにも、カラーの頻度を少なくしたり、刺激の少ない成分を使っているカラー剤を選んだりするなどの対策も必要です。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れが薄毛の原因になる場合もあります。食事から摂取した栄養は、髪のコシやハリを保つために不可欠です。しかし、過度な食事制限や適量を超えた飲酒などによって食生活が乱れてしまうと、髪の成長に必要な栄養素が不足してしまいます。

また、睡眠不足は髪の成長に必要な成長ホルモン分泌の乱れにつながり、運動不足は血行不良を引き起こすため、頭皮に十分な栄養を送れなくなってしまいます。生活習慣が乱れている人は、生活習慣の見直しを検討しましょう。

生え際の薄毛・抜け毛への対策方法

生え際の薄毛や抜け毛を防ぐための対策について、以下で詳しく解説します。できることから試してみましょう。

ヘアスタイルを定期的に変える

牽引性脱毛症が原因で生え際が薄くなっている場合は、同じヘアスタイルにならないように工夫する必要があります。たとえば、分け目をこまめに変えると、頭皮への負担を減らすことができます。また、前髪の量が気になる場合は、前髪を厚めにつくる方法もおすすめです。

髪の毛にボリュームを出したい場合は、髪の毛を乾かすときのブローの仕方に注意しましょう。髪の毛を押し付けるように上から温風を当てると、ボリュームダウンにつながります。ブローする際は、内側から温風を当てて乾かすことをおすすめします。

生活習慣を見直す

生活習慣の乱れは、仕事・育児・睡眠不足・ダイエットなどの要因が重なっていることもあり、さまざまな要因によって髪に影響を及ぼします。生活習慣の乱れが原因で薄毛が生じている場合は、ホルモンバランスを乱さない生活に変える必要があります。

たとえば、仕事や育児などによるストレスを抱えている場合は、ストレスを適度に発散するようにしましょう。睡眠不足なら十分な睡眠時間を確保し、睡眠環境を見直すことも大切です。また、髪に十分な栄養が行き渡るようにするためにも、バランスの良い食事を意識しましょう。

頭皮環境を整える

毛穴のつまりなどの頭皮環境が悪化したことが原因の場合は、頭皮環境を整えることが大切です。ファンデーションやシャンプーの洗い残しがあると、毛穴のつまりを引き起こしやすくするため、しっかりと洗い流します。

シャンプーの頻度は、多い日でも1日に2回程度までとし、爪などで頭皮を傷つけないように指の腹を使ってやさしく洗うようにしましょう。また、ワックスなどのスタイリング剤を使用する場合は、地肌に直接つけないよう注意が必要です。

発毛剤・育毛剤を使う

生え際の薄毛対策として、発毛剤や育毛剤を使用する方法もあります。発毛剤は髪の毛を生やす目的、育毛剤は髪の毛を育てる目的で使用されるものです。

発毛剤や育毛剤を使うことで、毛母細胞への栄養補給や、頭皮の保湿ケアができます。早いうちに使い始めれば、生え際の薄毛の進行を遅らせる可能性が高まります。以下で解説する選び方を参考に、自分に合ったものを選びましょう。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら

生え際に効果がある発毛剤・育毛剤の選び方

生え際の薄毛対策として、発毛剤や育毛剤を使用する場合は、以下のポイントに注意して選びましょう。

発毛剤は女性専用を選ぶと安心

髪が薄くなった部分に髪を生やしたい場合は、発毛剤を選びます。一般的に、発毛剤は男性専用の商品が多く、女性専用のものは少ない傾向にあります。発毛剤を選ぶ際は、女性専用のものを選ぶようにしましょう。ただし、赤みやかゆみなどの副作用が起こる可能性もあります。副作用が心配な人は、発毛剤を使用する前に専門医に相談しましょう。

女性の生え際の悩みには育毛剤がおすすめ

生え際の薄毛に悩んでいる場合は、育毛剤を使用する方法もあります。育毛剤を使用する場合は、女性専用の育毛剤がおすすめです。育毛剤は、頭皮の環境を整え、薄くなった髪の毛のボリュームアップを目指せます。

育毛剤を選ぶ際は、血行促進・毛母細胞の活性化などに関する成分が使用されているかどうかに注目しましょう。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら

まとめ

女性の髪の生え際が薄くなる原因には、ヘアスタイルやホルモンバランスの乱れ、毛穴のつまりなどが挙げられます。対策として、定期的にヘアスタイルを変えたり、生活習慣を見直したりするなどの工夫が必要です。また、育毛剤を使用する方法もあります。

マイナチュレは、2020年の通販部門・敏感肌ヘアケア市場で、年間売上1位を獲得した女性用の育毛剤です。無添加処方にこだわった商品を提供しています。子供から大人まで幅広い年齢層にご使用いただけます。無添加のヘアケアに興味がある人は、ぜひお試しください。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら