女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2021.10.25   更新日:2021.10.25

女性の前髪の分け目が薄い原因・対策を徹底解説!

女性の前髪の分け目が薄い原因・対策を徹底解説!

前髪の分け目が気になってしまう、薄毛が気になってうまくセットができないなど、前髪に関する悩みを抱えている女性も多いでしょう。この記事では、前髪の分け目の薄毛が気になってしまう女性に向けて、前髪の分け目の薄毛になる原因や対策について、徹底解説します。前髪の分け目が気になっているのなら、ぜひ参考にしてください。

前髪の分け目の薄毛を引き起こす可能性がある脱毛症

前髪の分け目の薄毛を引き起こす可能性のある脱毛症は、3つあります。ここでは、それぞれの脱毛症について解説します。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、髪が細くなったり、全体的に髪が抜けて薄くなってしまったりした結果、分け目が薄く見えてしまう脱毛症です。加齢やホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れなどが原因で引き起こされるといわれています。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、髪を引っ張ったり重さで負担がかかったりした結果、分け目が薄く見えてしまう脱毛症です。ロングヘアで毎日同じように結んでいたり、前髪を常に同じ分け目にしていたりする場合、毛根に長時間負担がかかって薄毛になるといわれています。

産後脱毛症

産後脱毛症とは、その名のとおり出産後、もしくは妊娠中に起こる脱毛症です。妊娠時や出産後は女性ホルモンのバランス大きくが乱れてしまうため、髪が抜けたり細くなったりしやすくなります。

前髪の分け目の薄毛を目立たなくする方法

前髪の分け目が気になる場合、どうすれば良いのでしょうか。ここでは、前髪の分け目の薄毛を目立たなくする方法を紹介します。

分け目を変える

いつも同じ分け目にしていると負担がかかり薄毛が目立つため、分け目を変えてみましょう。髪の根元を濡らしてから髪を持ち上げて、ドライヤーを左右両サイドから当てて乾かします。また、カーラーを使って分け目を変えるのもおすすめです。

乾かし方に気を付ける

髪を乾かす際、分け目がくっきりとわかるようにすると、分け目の薄毛が目立ちやすくなります。前髪の根元を左右に擦りながら乾かすと、分け目を自然にぼかせるため、分け目の薄毛を目立ちにくくできます。

ヘアスタイルでカバーする

ここから紹介する、分け目が目立たないようなヘアスタイルもよい方法です。

フルバング

フルバングとは、前髪を奥から持ってきて厚めにするヘアスタイルです。頭頂部からこめかみ辺りまで、扇形を描くように前髪を作るスタイルのため、前髪の薄さや分け目などが気になる場合にも良いでしょう。

アップバング

アップバングは、前髪を作っていない人におすすめのヘアスタイルです。長めの前髪をかき上げるため、分け目が目立ちにくくなり前髪の薄毛カバーに役立ちます。髪を乾かす際に頭頂部の根元を持ち上げて、立ち上げるように乾かしましょう。

ヘアアクセサリーでアレンジ

ヘアアクセサリーでヘアアレンジして、前髪の分け目の薄毛をカバーするのもひとつの方法です。例えば、ターバンやヘアバンドなどをつければ、自然に分け目を隠せるだけでなく、かわいらしくアレンジできるためおすすめです。

前髪の分け目が薄くなる原因

前髪の分け目が薄くなってしまう原因としては、以下で解説する7つが挙げられます。

いつも同じ分け目にしている

いつも同じ分け目にしている場合、前髪の分け目が気になりやすくなってしまいます。同じ分け目にしていると、常に同じ方向に引っ張られて髪や頭皮への負担が増え、薄毛になりやすくなります。また、髪の重さや髪を結ぶことで頭皮が引っ張られて、牽引性脱毛症を発症するケースもあるため注意しましょう。

紫外線の影響

紫外線は人の肌にダメージを与えますが、頭皮も同様にダメージを受けてしまいます。特に、露出した分け目の部分には紫外線が直接当たるため、頭皮が炎症を起こしたり乾燥したりします。そのため、分け目が広がり、薄毛に見えるケースも多いようです。

加齢による女性ホルモンの減少

女性ホルモンの減少も薄毛の原因だといわれています。女性の場合、加齢とともに女性ホルモンの量は減少していきます。女性ホルモンは、髪の発育や成長などに影響を与えるホルモンです。女性ホルモンの分泌が減少することにより、髪が薄くなりやすくなります。また、髪のハリやコシも弱くなり、ボリューム不足を感じるケースも少なくありません。

偏った食生活

栄養バランスの偏った食生活を続けると、薄毛を発症しやすくなります。偏った食生活は、ホルモンバランスの乱れにつながります。また、栄養バランスの取れていない食事を続けると、髪の原料となる栄養素が不足して、健康な髪が作られにくくなり、薄毛につながる場合もあるため、気を付けましょう。

ストレスの溜め込み

ストレスを溜め込みすぎていると、女性ホルモンの働きに悪影響を与えてしまいます。そのため、ストレスが過度にかかる環境にいる方や、無意識のうちにストレスを溜め込んでしまっている方などは、薄毛を発症しやすくなります。また、ストレスで自律神経が乱れて頭皮の血行が悪くなり、健康な髪が生えにくくなるケースもあるようです。

睡眠不足

しっかりと睡眠を取れていないことも、薄毛の原因のひとつです。睡眠時間が足りなくなると、女性ホルモンの分泌の減少につながって、薄毛を発症しやすくなります。また、睡眠不足によってストレスが溜まりやすくなったり、免疫力が低下したりします。これによって頭皮環境の悪化や血行不良などを引き起こし、髪の成長を妨げてしまうため気をつけましょう。

誤ったヘアケア

ヘアケアによって薄毛になる可能性があります。例えば、髪を洗う際に爪を立ててごしごし洗ってしまう、シャンプー後にドライヤーを使わずに自然乾燥させるなどすると、頭皮環境が悪化しやすくなるため注意しましょう。また、自分の頭皮に合わないシャンプーを使用すると頭皮が荒れやすくなります。

前髪の分け目の薄毛対策

前髪の分け目の薄毛を予防したい場合、どうすれば良いのでしょうか。ここでは、前髪の分け目の薄毛への対策について解説します。

ヘアスタイルを見直す

常に同じヘアスタイルにしていると、髪や頭皮に負担がかかってしまいます。そのため、ヘアスタイルを定期的に変えましょう。いつも前髪を引っ張るような形で結んでいる場合は、前髪をおろす日を作って頭皮への負担を軽減させます。また、常に同じ分け目にした場合、同じ方向に負担がかかることから、日によって分け目を変えるのも効果的です。

紫外線対策をする

紫外線でダメージを受けると、頭皮の乾燥や炎症などが起こりやすくなるため、頭皮への紫外線対策も欠かせません。例えば、帽子をかぶったり、日傘をさしたりします。中には紫外線カット加工が施されているものや、頭皮に振りかけられるスプレータイプの日焼け止めなどもあります。

食生活を見直す

偏った食生活をしている場合は、食生活の見直しも図りましょう。朝食を抜いている人も少なくありませんが、しっかりと1日3食の食事をすることが重要です。また、好きなものばかり食べずに、バランスのよい食事を心がけましょう。さまざまな栄養素をしっかり摂ることで、健康な髪に必要な栄養素が頭皮に送られます。

ストレスを溜め込まない

ストレスを溜め込まない生活も重要です。しかし、生活している限り多少なりともストレスはかかってしまうでしょう。そのため、できるだけ溜め込まないように、ストレスの発散方法を見つけることが大切です。また、軽い運動などで体を動かすとストレス発散だけでなく、血行の促進にもつながります。

十分な睡眠をとる

睡眠時間を十分にとるようにしましょう。睡眠時間は、最低でも6時間程度確保したほうが良いとされています。しかし、仕事や家事などで十分な睡眠時間を確保できないケースもあるでしょう。その場合には、睡眠の質にこだわりましょう。寝る1時間前からスマートフォンなどの画面を見ない、眠りやすい環境を作るなどして、質の高い睡眠を心がけてください。

ヘアケアを見直す

正しいシャンプーの仕方をマスターしましょう。髪を濡らす前に髪を梳かして、汚れやホコリをある程度落とします。その後、ぬるま湯で髪を濡らして汚れを落としてからシャンプーをします。爪を立てずに指の腹でやさしく洗いましょう。シャンプーが残らないようにしっかりとすすぎます。また、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを使うのもおすすめです。

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージをすると、頭皮の血行が促進されます。髪の生え際に指を添えて、気持ちいいと感じる程度の力で押し上げ2秒ほどキープ、同様に引き下げるようにして2秒ほどキープします。次に、側頭部の頭皮からつむじに向かって押し上げるようにマッサージし2秒キープ、逆方向に引っ張り2秒キープしましょう。頭皮をしっかり動かすように意識します。

育毛剤を使用する

育毛剤はドラッグストアなどでも販売されています。育毛剤は、毛生促進や薄毛対策のために作られているため、食生活や睡眠などの生活習慣の改善と合わせて使用すると良いでしょう。女性専用のタイプや無添加のものがおすすめです。

医療機関に相談する

生活習慣の改善やヘアケアの見直し、ヘアスタイルの変更といったセルフケアでは効果が見られなかった場合、医療機関に相談するのもひとつの方法です。医療機関では、専門の医師による検査が行われ、薄毛の原因や髪・頭皮の状態などがわかります。原因に合わせた適切な治療を受けられるため、気になる場合は受診しましょう。

まとめ

前髪の分け目の薄毛は、ヘアスタイルや誤ったヘアケア、生活習慣の乱れなどによって引き起こされます。同じヘアスタイルを避けたり生活習慣を見直したりしましょう。また、薄毛対策には正しいヘアケアも重要です。

マイナチュレは、2020年「通販部門 敏感肌ヘアケア市場」で年間売上1位を獲得しています。無添加処方にこだわり、敏感肌や乾燥肌の方でも安心してケアできます。前髪の分け目の薄毛対策としてヘアケア商品の見直しを考えている方は、ぜひ一度使用してみてはいかがでしょうか。

マイナチュレ ヘアケア商品はこちら