女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2021.10.25   更新日:2021.11.01

前髪の薄毛が気になる女性必見!5つの原因と対策をわかりやすく解説

https://www.my-nature.jp/products

薄毛は男性だけではなく女性にも多く見られる悩みです。薄毛が気になる部分は人によって異なりますが、特に目につきやすい前髪の薄毛を気にする女性は少なくありません。この記事では、前髪の薄毛に悩む女性に向けて、薄毛の原因や対策を解説します。対策については、【ヘアスタイル編】と【生活編】に分けて解説しているためお役立てください。

女性の前髪が薄毛になってしまう5つの原因

女性の前髪が薄くなる原因はさまざまですが、ここでは、遺伝以外に考えられる主な原因を5つ紹介します。

髪が引っ張られている

男性と比べて女性に多く見られる薄毛の原因に、牽引性脱毛症の発症があります。牽引性脱毛症とは、髪が引っ張られることで頭皮に負担がかかり、血行不良になって髪の成長が阻害される症状です。髪を結んでいる方だけに見られる症状ではなく、長い間髪形を変えずに頭皮の同じ箇所へ負担をかけ続けている方も、発症しやすくなっています。

ホルモンバランスが乱れている

ホルモンバランスが乱れると女性ホルモンの分泌量が減り、髪がコシを失って細くなるため、頭皮から抜け落ちやすくなります。ホルモンバランスが乱れる理由は大きく2つあり、1つが加齢です。年齢を重ねるごとに低下する分泌量の変化が、ホルモンバランスを乱す場合があります。

もうひとつの理由は出産前後に見られるホルモン量の変化です。出産前は妊娠中の体を維持するためにホルモンが通常より多く分泌されますが、出産が終わると多量のホルモンは不要となることから分泌量が急激に減り、ホルモンバランスが乱れることがあります。

どちらの場合も、特に前髪は手に触れやすいため刺激を受けて抜け落ちやすいです。

ストレスをためている

ストレスが過度に溜まると自律神経が乱れ、血管が収縮して血流が滞ることがあります。血流の悪化は頭皮の栄養不足を引き起こす原因となり得るため要注意です。本来であれば血液にのって全身に行き渡るはずの栄養が必要な場所へ届かず、頭皮の栄養が不足すると髪が健やかに育たなくなり、薄毛になるリスクが高まります。

生活習慣が乱れている

睡眠や食事、運動などの生活習慣をバランスよく取り入れ、規則正しい生活を送ることが健康的な髪の成長を促します。たとえば、睡眠不足は髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌量を減少させます。また、過度なダイエットは髪の栄養不足を引き起こすことがあるため注意が必要です。丈夫で健康な髪が育たないと、抜け毛や薄毛が起こりやすくなるため気をつけましょう。

頭皮が傷んでいる

頭皮の状態は髪の発育に影響を与えます。たとえば、洗髪時にすすぎを十分に行わず、シャンプーやコンディショナーなどが頭皮に残っていると、雑菌が繁殖するなどして頭皮が傷み、髪の成長が悪くなるため注意しましょう。また、前髪の生え際まで塗ったファンデーションが頭皮の毛穴に詰まると、髪が育ちにくくなり前髪の薄毛を引き起こす場合があります。

前髪の薄毛が気になるときの対策【ヘアスタイル編】

ここでは、ヘアスタイルを工夫することで、前髪の薄毛を目立たなくする方法や薄毛の進行を予防する対策について解説します。

分け目をかえる

分け目をいつも同じところで作ると、頭皮で血行不良が起こる可能性があります。重力や髪の重さで毛が下に引っ張られてかかる負担が、頭皮の同じ場所に集中してしまうためです。血行不良は薄毛の原因となり得ます。頭皮への負担を軽くするためにも、分け目は続けて同じ場所に作らず、定期的に変えるようにしましょう。

髪を結ばない

薄毛を促す頭皮への負担を少しでも避けるためには、普段から髪を結ばないようにすることも効果的な方法です。髪が引っ張られることにより発症する牽引性脱毛症の場合には、とりわけ有効な対策となります。牽引性脱毛症は、前髪に薄毛の兆候が見られる人には特に注意が必要な症状であるため、前髪を引っ張るような結び方はしないように気をつけましょう。

前髪を多めに作る

前髪の量を増やして額が透けないヘアスタイルにするのも、薄毛を隠す対策になります。肌の色が目につきやすいほど、髪が薄いイメージをほかの人に与えやすいからです。さらに、前髪を多く作ると前頭部の生え際のラインがわかりにくくなるうえ、厚みが出て髪のボリュームがアップするため、薄毛の印象をカバーできます。

ブローでふんわりさせる

ブローで髪をボリュームアップして薄毛を隠す方法もあります。前髪にボリュームを出すためには、前髪の根元が立つようにブローすることがポイントです。ブローの際にドライヤーを一方向からだけではなく多方向から当てると、ふんわりした前髪を作りやすくなります。さらに、仕上げの際に毛先を持ち上げてセットすることもコツのひとつです。

前髪の薄毛が気になるときの対策【生活編】

薄毛が気になったら日常的なケアが大切です。そこで、日々の生活の中で実践できる前髪の薄毛対策を紹介します。

頭皮に汚れを残さないようにする

頭皮に付着した異物は髪の成長の妨げとなります。そのため、シャンプーやコンディショナーは毎回きれいに洗い流すことが大切です。また、ワックスを使うときには、使用時から地肌につけないようにしておくと洗い残す心配がありません。さらに、クレンジングの際には、生え際についたファンデーションも落とし忘れのないように気をつけましょう。

バランスのよい食事をとる

髪に必要な栄養を十分に与えるためには、普段から栄養バランスの取れた食生活を送ることが大切です。さまざまな食品から多様な栄養をバランスよく摂取し、栄養の偏った食生活を送っている場合には改善しましょう。食事量についてもダイエットで極端に減らすことや食べ過ぎは避け、毎日3食を適量取ることが大事です。

頭皮をマッサージする

マッサージをして頭皮に刺激を与えると血流が促されるため、髪の成長に必要な栄養を頭皮に行き渡らせやすくなります。たとえば、前髪の生え際に添うように髪の間に指を置き、軽く押しながら2秒ずつ上下に動かす方法は、いつでも気軽にできるマッサージです。頭皮マッサージは寝る前や入浴中などリラックスしているときに行うと、より効果が期待できます。

質のよい睡眠をとる

髪の成長を促す成長ホルモンをしっかり分泌させるためには、毎日決まった時間に床につき、早寝早起きをして睡眠のリズムを安定させることが大切です。成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されることから、日々の睡眠時間を確保することが髪の成長につながります。十分な睡眠をとると抜け毛の原因となるストレスも軽減できます。

適度な運動を習慣にする

栄養を乗せた血液を頭皮に運ぶためには筋肉が必要となります。筋肉の維持や強化には日々の運動が欠かせません。有酸素運動は、酸素の運搬に関わる心臓と肺の働きを活発化させるため、心肺機能や新陳代謝を向上させる効果も期待できます。日常的に実践しやすい有酸素運動には階段の上り下りやウォーキング、サイクリングなどがあります。

ストレス解消を心がける

過度なストレスは自律神経を乱し血管の収縮を引き起こすため、頭皮の血流を悪化させ髪の成長を妨げる可能性があります。薄毛の原因となり得るストレスは、趣味の時間を持つなどしてできる限り解消するようにしましょう。また、リラックスして過ごせる環境を整え、日頃からストレスを蓄積させないようにしておくことも大切です。

育毛剤を使う

育毛剤の使用も薄毛対策のひとつです。ただし、購入する際には女性向けの商品を選ぶ必要があります。同じ薄毛でも男性と女性では原因が異なるためです。また、男性向けの育毛剤の中には、妊娠中の女性に影響を与える成分を含んだ商品もあります。さらに、毛の成長を妨げる頭皮トラブルを防ぐためにも、肌にやさしい商品を選ぶと安心です。

まとめ

前髪の薄毛を引き起こす原因は複数あります。原因に応じてさまざまな対策がありますが、1回で薄毛が改善する方法はありません。そのため、毎日でも手軽に安心して実践できる対策を選び、長期的に取り組むことが大切です。

マイナチュレのヘアケア商品は育毛剤も含めてすべて、頭皮に不要な物を一切使用していません。敏感肌や乾燥肌の方、妊娠中の女性でも毎日使いやすい無添加処方であるため、髪に悩みがある方はチェックしてみてください。

マイナチュレヘアケア商品はこちら