女性の薄毛に無添加育毛剤 マイナチュレ 公式サイト

マイアカウント カートを見る

公開日:2022.03.31   更新日:2022.04.05

「髪の毛が細くなった」と悩む女性向け|原因や対策・チェック方法も解説

髪の毛が細くなったと悩まれている方へ髪の毛が細くなる原因、細くなった髪への対処法、細い髪をカバーする方法をご案内します。

「髪の毛が細くなった」と悩む女性向け|原因や対策・チェック方法も解説


タイトル:「髪の毛が細くなった」と悩む女性向け|原因や対策・チェック方法も解説

髪の毛が細くなったと悩まれている方へ髪の毛が細くなる原因、細くなった髪への対処法、細い髪をカバーする方法をご案内します。

髪の毛が細くなった?日本人女性の平均とは

日本人女性の髪の毛の太さや髪の毛が細いかのチェックについてご説明いたします。

日本人女性の髪の毛の太さは約0.08mmが平均

日本人の平均的な髪の太さは0.08mmとなっており、0.05mm~0.15mm程度の太さの間といわれています。欧米人は日本人より細いことが多く、平均は0.05mmです。日本人では、一般的に髪が細いとされるのは0.06mm以下とされています。

髪の毛が細いかチェックする方法

髪の毛が細いかどうかチェックする項目をご案内します。
・ハリやコシが少ない
・髪が柔らかい
・髪の量が少なく見える
・髪がペタンとしてしまう
・髪の毛が切れやすい
また、ご自分で簡単にチェックしたい場合は、以下の方法があります。髪の毛の細さが気になる方は、ひとつの目安にしてください。
①10cmくらいの髪の毛を抜き、地面と平行になるように横に持つ
②髪の毛が細くなければ、横にピンっとなり、細いと下に垂れる
※長髪の方は髪の毛を切ってお試しください。

女性の髪の毛が細くなる原因は?

髪の毛が細くなる原因は、以下の原因が考えられます。

・遺伝
・加齢、女性ホルモンの減少
・食生活の乱れ・飲酒や喫煙
・睡眠の量・質の悪さ
・ストレス
・カラーリング、誤ったヘアケア
・紫外線
・脱毛症や疾患

遺伝

髪の太さや質は遺伝的要素が大きく影響しています。生まれつき髪が細い人は遺伝や体質によるものとなる可能性が高いです。
髪は元の太さ以上に育てることは難しく、育毛対策をおこなってもなかなか効果は実感しづらいです。
何かしらの原因によって髪が細くなった場合は改善の余地はありますが、生まれつき細い場合は、元の太さよりも細くならないよう心がけましょう。
また、遺伝によって壮年性脱毛症の可能性もあります。
壮年性脱毛症は、加齢とともに患者が増えていきますが、20代から始まるケースも少なくありません。また、男性に多いものですが、女性でも発症する場合があります。

加齢・女性ホルモンの減少

加齢も髪の毛が細くなる原因の1つです。
下記のような加齢の影響で起こる体の変化が密接に関わっています。
•毛細血管が細くなり、十分な栄養が届かなくなるため髪が細くなる
•女性ホルモンの減少によって髪が細くなる
加齢による細毛は、特に女性ホルモンの減少が大きく影響しています。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類ありますが、エストロゲンが髪の健康と大きく関わっています。
エストロゲンは40代以降から急激に減少するものなので、40代の方で髪が薄くなったと感じる方は、このエストロゲンの減少が原因かもしれません。
一方で、10~20代で髪が細くなったと感じる人は女性ホルモン以外が原因している可能性が高いです。

食生活の乱れ・飲酒や喫煙

髪の毛を作る栄養素を取り入れる食生活を見直すことで、細い髪の改善に期待できます。基本となるのは栄養バランスのよい食事です。さまざまな食品を取り入れ、脂肪分の多すぎないバランスのいい食事を心がけましょう。

そのうえで、細い髪の毛を太くするために意識して摂取したい栄養素としてたんぱく質、各種ミネラル、各種ビタミンが挙げられます。たんぱく質は髪の毛の原料となるため、欠かせない食材といえます。亜鉛などのミネラルは髪の主成分であるケラチンを合成する際に必要な栄養素で、ビタミンB2などの各種ビタミンはたんぱく質を摂取する際の助けになります。健やかな頭皮環境を維持するためにも大切な栄養素です。

過剰なダイエットや脂肪分の多い食事もは悪影響です。
また、アルコールの摂取しすぎや喫煙も悪影響を及ぼします。

睡眠の量・質の悪さ

仕事や子育てなどで眠る時間を十分に取れないという女性も多いですが、睡眠不足も髪の毛が細くなる原因となります。髪の毛を健やかに育む成長ホルモンは、眠っている間に分泌される。
パソコンやスマートフォンなどが普及している現代では、寝る直前まで画面を見ていることで睡眠の質が悪くなりがちです。きちんと寝ているつもりでも成長ホルモンが不足する場合があり、髪の毛が細くなる要因につながりやすくなります。

カラーリング・誤ったヘアケア

パーマやブリーチは、頭皮や毛髪への負担が大きく、キューティクルがはがれたり、毛髪内部の組織が流失することでハリコシのなさにつながることも。やればやるほど負担が大きくなってしまうので、その分の修復ケアをしっかりすることが大切です。

対策として、ブリーチやヘアカラーに対応したダメージケアシャンプーを使うのがおすすめ。外的要素によるダメージの場合には、乾燥対策できる保湿成分のほか、内部修復成分の入っているものを使うのが望ましいです。

カラーリングを頻繁にしているのであれば、カラーリングのペースを落とすのも手段のひとつです。
細い毛以外にも言えますが、自分の頭皮や髪質に合った、適切なヘアケアを行うことが重要です。

たとえば、皮脂が多い頭皮に油分の多いヘアケア製品を使うのは好ましくない。毛穴に詰まり頭皮環境が悪化してしまう要因になりえます。

また、ブラッシングの際に無理に力を加えて引っ張ることもNG。いずれも頭皮や髪に負担がかかり、細毛につながる可能性は十分ありえます。

紫外線

実は髪や頭皮は、顔以上に紫外線を浴びやすい部分です。
対策をせずに紫外線を浴び続けていると、頭皮が乾燥して固くなり血行不良になります。

また、一般的に頭皮の毛細血管が活発なピークは30代後半あたりまで。
40代頃からだんだん毛細血管が老化していき、血流が悪くなっていきます。
ヘアケアの見直しやマッサージを取り入れることが改善の近道です。

脱毛症や疾患

髪の毛が細くなる背景に、脱毛症や内臓疾患などが隠れていることもあります。抜け毛で悩む女性のなかで、特に多いびまん性脱毛症や甲状腺疾患、鉄欠乏性貧血などの病気が考えられます。これらの脱毛症や内臓疾患などが原因である可能性もありますので、髪の毛が細くなった場合にはセルフケアだけではなく、専門のクリニックの受診も視野に入れる事も良いかもしれません。

細くなった髪の毛への対処法

細くなった髪の毛への対処法は、以下のような対処をおすすめします。

・食生活の見直し
・睡眠環境を整える
・適度な運動を取り入れる
・シャンプーを変える、正しく使う
・頭皮マッサージ、洗う前のブラッシングをする
・育毛剤を使う
・クリニックを受診する

以上のような対応をする事で、髪の毛が細くなることを抑制いたします。

食生活を見直す

栄養バランスが取れていない食生活は、頭皮環境の悪化を招くと言われています。
例えばジャンクフードや揚げ物中心の食生活は油分の過剰摂取につながり、頭皮の皮脂分泌が促進し、毛穴に皮脂が溜まりやすくなります。また、動物性たんぱく質の摂り過ぎは、頭皮の血行不良を招く原因となります。
髪の成長に必要な「たんぱく質」「亜鉛」「ビタミン」をバランス良く摂取しましょう。健康的な髪を育てるためには、土台となる頭皮環境にも注意しなければいけません。
また、アルコール類の摂取しすぎも悪影響です。

睡眠環境を整える

睡眠をじゅうぶんに取り、髪に必要不可欠な成長ホルモンの分泌を促すことで、細毛の改善が見込めます。
ただ長時間睡眠を取ればよいというわけではなく、睡眠の質も成長ホルモンの分泌に大いに関係しています。
就寝前にスマートフォンやパソコンを使用していると睡眠の質が落ちてしまうので、就寝30分前には使用をやめましょう。

適度な運動を取り入れる

また、運動不足は血行を悪くさせ、栄養が頭皮まで行き届かなくなることにつながる可能性もあります。毎日、ウォーキングやジョギングなどが出来ればよいですが、忙しく時間が取れないという場合には、なるべく歩くようにする、階段を使うなど出来ることから生活に取り入れるようにしましょう。
女性の髪は、ホルモンバランスとも大きな関わりがあります。髪を健康的に成長させるには女性ホルモンであるエストロゲンが充分に分泌されるとよいのですが、加齢やストレス、自律神経の乱れなどで、エストロゲンの分泌が減少してしまうことがあります。ストレスや自律神経の乱れは、リラックスする時間を取ることや、運動などで改善するとよいでしょう。

シャンプーを変える、正しい方法にする

ヘアケアのひとつである、シャンプーを見直すことから始めましょう。この機会に、正しいシャンプーの方法をおさらいしましょう。

まずはシャンプーの前にブラッシングをして髪のもつれを取り、お湯で素洗いをするところから始めます。熱すぎるお湯を使うと髪や頭皮への刺激になります。素洗いで気をつけるのは「お湯で髪を濡らす」ではなく「お湯で髪を洗う」と意識することです。頭皮全体が濡れるようにしっかり素洗いをすれば、この時点で髪の汚れは半分以上落ちるといわれています。

シャンプー液を手に取ったら、直接髪や頭皮につけるのではなく、まず手のひらで泡立てましょう。原液をそのままつけると、刺激の原因となります。泡立てたシャンプーを使い、頭皮を中心に指の腹で揉み込むように洗います。洗う中心は髪の毛ではなく頭皮ということを意識しましょう。

すすぎは念入りに行い、すすぎ残しのないようにします。
シャンプー後の濡れた髪は、自然乾燥ではなくドライヤーを使ってきちんと乾かしましょう。「ドライヤーの熱が髪のダメージになるのでは?」と感じるかもしれませんが、濡れた状態の髪をそのままにしておくと、傷みやすくダメージのリスクが高いです。ドライヤーの熱によるダメージは、先にタオルドライでしっかり水気を取り、髪から離して使用することで抑えることができます。

頭皮マッサージ・洗う前のブラッシングをする

シャンプーと同じく重要な頭皮のケア。シャンプーやトリートメントをするときに指の腹を使って頭皮を軽くマッサージしてあげるだけでも髪質は変わるかも。
もっと本格的に頭皮をケアしたい!という方は、頭皮をマッサージするためのやわらかいブラシなどもあるので、うまく利用してしっかりケアできるといいですね。頭皮をケアすると血行が良くなるので、1日の終わりの良いリフレッシュにもなり、顔色もぱっと明るくなります

育毛剤を使う

育毛剤を使うメリットは、5つあります。
・抜け毛を防ぐ
・頭皮環境を整える
・髪にハリ、コシを与える
・かゆみ、フケを防ぐ
・発毛促進

というメリットがありますので、

育毛剤は6ヵ月程度の継続使用ではじめて効果を感じられるので、続けやすい価格と好みの使用感のアイテムを選ぶのがコツです
弊社のマイナチュレをご利用頂ければと思います。

クリニックを受診する

生活習慣に関連した原因が思い当たらず、また、生活を見直したにも関わらず改善が見られないときはクリニックにご相談ください。AGAなどの進行性の脱毛症の場合、適切な治療を早期におこなうことが大切です。多くの治療実績がある発毛治療専門の医療機関であれば、多様な悩みや症状にも合わせた治療が可能です。

細い髪の毛が気になる方向けにおすすめの髪型・セット方法は?

ショートヘアにする

髪が細いからヘアアレンジしにくいという方は、思い切って髪の長さを変えるのもひとつの手です。
ロングヘアの方は、髪が細いと髪自体が傷んでいなくても静電気などでもつれやすくなる事があります。髪に重さがある分全体にもボリュームが出にくいので、ショートヘアにして空気感があるとイメージが変わり印象が華やかになります。

セットするときのブローのやり方

ヘアセットをするときはドライヤーを使うことをおすすめします。
髪に馴染ませたヘアオイルなどが熱によりしっかり浸透するだけでなく、頭皮のマッサージにもなるのでヘアセットがしやすくなりますよ。トップにボリュームを持たせたいときは分け目をつける側と反対側に髪をブローして、分け目をふんわりつけましょう。

まとめ

女性の薄毛や抜け毛対策には、普段のヘアケアや生活習慣などを見直し、健やかな髪を育むよう意識することが大切です。

マイナチュレは、2020年 通販部門 敏感肌ヘアケア市場で年間売上1位を獲得した女性用育毛剤です。敏感肌や乾燥肌の方でも安心して長くケアができるよう、無添加処方にこだわっています。安心と効果を徹底的に追求し、小さいお子さんや妊娠中の方でも使用できます。この機会にぜひお使いください。
マイナチュレヘアケア商品はこちら